遠野産りんご100%のハードサイダーができるまで
見出し画像

遠野産りんご100%のハードサイダーができるまで

「まだ綺麗なんだよなー。もったいねーなー。」

11月初旬。私たちは遠野市内のとあるりんご畑にお邪魔していました。ちょうど、大きな台風が通った直後の訪問でした。りんごの木の下に広げられた大きなブルーシートには、台風で落下したりんごが山のようにありました。

画像1

このりんご畑のオーナーは、80才をこえたフキさんというおばあちゃん。長年遠野でりんご栽培をされてきた、大ベテランです。「そろそろ引退したいんだよなー」と言いつつも、りんごの話を始めると目がキラキラし出します。そんなフキさんが大切に大切に育てたりんご達が、台風でたくさん落下してしまった。何とかできないものだろうか・・・。

「これはもう使い物になんねぇがら、捨てるしかない」

その言葉を聞いて、「ぜひ私たちに使わせてください!」とお伝えしました。ハードサイダー(=りんごのお酒、シードル)造りは、我々にとっては未知の世界です。我々の"小さなチャレンジ"がスタートしました。

画像2

落下したりんごをサイダー造りに使うとなると、それなりに雑菌汚染などのリスクを伴います。そのため、まずはりんごの選別からスタートしました。

画像3

寒さの中およそ2時間。ひたすらりんごを選別しながら、使えそうなりんごを拾い続けました。フキさんが大切に育てたりんご達。一つたりとも無駄にはしたくありませんでした。2時間かけておよそ100kgのりんごを救い出すことができましたが、それでは到底ハードサイダーの仕込みには足りません。

そこで市内にある松陽園さんに事情を説明したところ、りんごジュースに使えないりんご達を150kgほど販売していただけることに。多田さん、本当にありがとうございました!


画像4

画像5

こうして合計250kgのりんごを軽バンに積み込み、いつもお世話になっている宮守川上流生産組合さんのところへ。ハードサイダーの仕込みに使いやすいよう、りんごジュースに加工していただきました。(途中何度かエンストしかけました…苦笑)


画像6

左がフキさん、右が松陽園さんのりんごジュースです。フキさんのりんごジュースは未熟なりんごも多かったため、爽やかな酸味とドライな飲み口が特徴的。一方松陽園さんのりんごジュースは、しっかりした甘みが感じられ、ジュースとしてもとても美味しかったです。ふじ、ジョナゴールド、ネロ、北斗、王林、シナノゴールドの計6種類のりんごをブレンド。もちろん全て遠野産のりんごです。

画像7

特徴が異なる二つのりんごジュースをブレンドし、糖度を微調整して発酵させます。私たちは果実酒の免許を持っていないため、ごく少量の麦汁を加え、発泡酒のカテゴリーでハードサイダーを製造しました。酵母は、初となるワイン酵母を使用。さらにアクセントとして、Amarillo(アマリロ)という柑橘系の香りがするホップをドライホップし、ちょっとだけビールのニュアンスを出してみました。

こうしてたくさんの方に助けていただいて、出来あがったハードサイダーがこちら。

画像8

アルコールは5.1%。狙い通り、ドライな飲み口と爽やかな酸味の中に、しっかりとりんご感が感じられます。手前味噌ですが、すごく美味しい。苦味はゼロなので、ビールが苦手な方でもお楽しみいただけると思います。

画像9

正直今回のプロジェクトは、諦めかけたことが何度もありました。初めてのハードサイダー醸造、コストの問題、ジュースの加工問題などなど。到底我々だけでは、実現できなかったプロジェクトです。ただ「落下りんごを何とかしたい!」という想いから、多くの方々に助けていただき、一つの製品を完成させるというプロセスを経験できたことは、とても素晴らしい財産となりました。もちろん今年もチャレンジしたいと思います。(一緒にプロジェクトを進めたい!という方はご連絡ください!)

地域にある資源をビールで繋ぎ、光り輝かせる。
生産者が手塩にかけて育てた"大地の恵み"を、醸造家が醸し、消費者に美味しい酒と素晴らしい時間を提供する。

我々が遠野でやりたかったことが、一つ実現できたような気がします。地域に根ざした"コミュニティブルワリー"を目指して。これからも我々の挑戦はつづきます・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<Special Thanks>

りんご農家・フキさん

松陽園・多田さん

りんご農家・佐々木悦雄さん

カーゴカルト・高橋強さん

宮守川上流生産組合・桶田さん

Next Commons Lab遠野・事務局の皆さん

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎この記事を書いた人◎
袴田大輔
株式会社遠野醸造 代表取締役 
"クラフトビールをもっと身近に、もっと楽しく" 
ホップの産地遠野で、新たなビール文化を醸成すべく奮闘中。遠野醸造では、ブルーパブ運営、人事、総務、会計、広報など幅広く担当。何でも屋です。
Facebook : https://www.facebook.com/d.hakamada
Twitter : https://twitter.com/journey_dai 
Mail : hakamada@tonobrewing.com




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
遠野醸造 TONO BREWING COMPANY

ご支援いただいたサポートは、今後のメニュー開発に使用させていただきます!応援宜しくお願いします!BEER TOGETHER!

Let's Hopping🍻
ホップの里から、ビールの里へ 遠野に新しいビール文化が開花する 2018年5月に遠野駅近くで開業しました。 https://tonobrewing.com/