マガジンのカバー画像

ともみの部屋

107
伊佐知美の、世界一周の旅とエッセイ。2016年4月〜
運営しているクリエイター

記事一覧

「ただいま日常」と想うくらいには、この街に馴染み始めて【東京・世田谷】

今までの私なら、絶対に頼まないようなメニューを頼む機会を増やした。否、増やしている。 例えば今日、いまこの時に手元にあるのは、ラテとあまーいホワイトチョコがかかったドーナツ。これまでは頼むとしたらコーヒーはブラックか豆乳ラテだったし、スナックならクラシックなスコーンだった。 別にチーズのたっぷりかかったチキンカツとか(メルボルンの名物だった)、お肉たっぷりの何かを突然選ぶようになったとか、そういう話じゃない。いつもの日常を、少しだけ「いつもと違う」で彩るようになっただけ。

スキ
57

その深く鮮やかな青に、「ただいま」を【オーストラリア・バイロンベイ】

いつか、もう一度戻ろうと想っていた。人生3度目のバイロンベイ。 けれど、ただ訪れるだけじゃ泣いちゃう気がしてた。きれいな思い出が詰まりすぎていて。前回の訪問は、本当に素敵な日々だったから。 だから、今回の撮影で「バイロンベイへ行くよ」と聞いた時、うれしいような切ないような、混ぜこぜになった気持ちで私は頷く。返事をする。 揺れるキャンピングカーの大きな車体、晴れ渡る空、吹きすさぶ夏の始まりの風。奇しくも前回もこの季節だった。頰撫でるこの風、なぜなの、2年も経つのにどうして

スキ
59

音楽というのは、時にずるい。20歳、横浜・金沢八景、夕焼けの空。

音楽というのは、時にずるい。 風通り抜ける金沢八景駅、から徒歩10分ほどの小さなアパートの2階。ワンルームの1室。一人暮らしの部屋、私は20歳。 高校生時代に好きだったひとと、偶然だけど一緒の街に上京した。否、正確には上京とは言えない。新潟県から、神奈川県の横浜だったから。別れた後に、同じ駅の違う大学に進学することを知ったけれど、「会おうね」とはならなかった。 ただ一度を除いては。その一度、友達と数人で彼の部屋にちらりと上がったことがある。小さなワンルームの1室、金沢八

スキ
49

#旅と生きる美しさを 写真展、あと6日で終わっちゃうのかぁ…|Special thanks to

のっけからすごく自分勝手なことを言ってしまうのが恥ずかしいのだけれども、できたら一人でも多くのひとに見てもらえたら、嬉しい。と思っている。 私が歩いた世界の色を。美しさを、風を、その時に感じた心の揺れを。 どこかの路地や、どこかの丘の上、誰かの暮らし、追いかけられない背中、時間が経ったらきっと見失ってしまう、知らない香り。 それらを、画面で通して見る世界とは、また違った、質量を持つリアルの世界で。 私は旅をして、どこへでも行ける勇気と覚悟と、自由を手にいれた。 その

スキ
39

世界一周写真展「#旅と生きる美しさを 」 10/27(土)まで延長&トークイベントを実施します。

「世界中を旅しながら、仕事ができたらすごくいいな」と、おぼろげながら、20代の頃からずっと思っていました。 2016年4月から2018年9月まで、世界一周の旅や二周目の旅、あとはふらふら気が向くまま、海外の見知らぬ街を仕事をしながら歩いた2年半の軌跡を、この度東京渋谷の「BOOK LAB TOKYO」(渋谷駅から徒歩5分)という素敵なブックカフェさんで、写真展として展示させていただけることになりました。 ■詳細はこちらに書いています。【画像100点載せました】伊佐知

スキ
50

カラダは、旅先に心を置いて帰ってしまう。#モロッコ10days の夢の跡【カタール・ドーハ→日本・成田】

朝起きたら、一瞬ここがどこか、分からなかった。否、まだ私は、モロッコにいるのかと思った。 こういうことは、家をなくしていた時期によくあった。 旅を、続けて、つづけて。3晩と同じ屋根の下で眠ることがなかった季節。長くても、同じ宿には7晩。それ以後はずっと動いて、街を変えて、国を変えて、言語も文化も変えて。そんな時期を、約2年過ごしたことがある。2016年4月から2018年2月まで。 ごく最近のことだ。 だけどあれとは少し違う。あの頃は、最終的には「起きてすぐに、どこの国

スキ
70

旅の迷い道、砂漠の向こう、乾いた大地のまっすぐな【モロッコ・マラケシュ→カサブランカ】

モロッコでは、不思議なことが起こる。ただ道を、車で進んでゆくだけで、日本にいる時とはまるで違った光景に出会える。 雨が降れば、道は土砂でふさがれるし、それをスモールなエクスプロージョンで回避する手段を取れば渋滞は免れないし、車道を必死の形相で全力疾走する青年、民族衣装のジュラバを着ながらゆったりと3人乗りのバイクを走らせる家族、ただ、大草原でひとり、座ってわらを編む少年。 別に、取り立てて騒ぐことは、ひとつもないかもしれない。けれど私にとってそれはあまりにも目を奪う、魅力

スキ
39

オンラインコミュニティ #旅と写真と文章と #AUTUMNクルー の募集を開始します![9月末まで]

2017年の暮れに、こう呟いた時から始まった。参加者のことは「クルー」と呼ばせてもらっていて、そしてクルーが呼び始めてくれた、コミュニティの愛称・通称「旅しゃぶ」が、この9ヶ月でかなり浸透した気がしています。(旅・写真・文章の3つの頭文字を取って旅しゃぶです)(AUTUMNクルーで祝・1年経つのですね) クルーが作ってくれた、夏に公開となった「#旅と写真と文章と」公式サイト 何をしているんですか?と聞かれたら、何をしているんだろう?と私も思います(笑)。基本的には、「

スキ
43

私たちはいつも何かを「待っている」「探している」。

目的地が持てるから、都会を歩くのはやっぱり好きだな、と東京の街を見て思う。 新潟を歩いていても、私は目的地が見つけられない。 きれいな夕陽、美味しいお水、昔から知っている友だち。 「あまりにも元気すぎる投稿だから」と、「笑っているから」と。 「大丈夫?」「君はそんなに強くない、だってあの時泣いてた」と。 大切なものはここにあるけど、きっとずっとはここに居られない。分かっているから、愛しい。 この数ヶ月、いやもしかしたらもっとずっと前から、私は雑踏の中でも、静けさ

スキ
34

遅かれ早かれ降る雨ならば【日記です】

気が付けば言葉が次から次へ浮かんでくる時ってあって、それが大抵私の場合、noteの文章になっていくわけなのだけれど。 何をしても、何を見ても。どこにいても、眠りそうになっても。 そういう言葉たちを私はたまに垂れ流しそうになってしまう。けれど、「いやいやそれではいけない」とこの1ヶ月、2ヶ月、書き留めるだけ書き留めて、ただの日記のように、そっとしまっておくことが多かった。 誰かを傷つけてしまう言葉は、きっと垂れ流しにするべきでない。攻撃したい誰かが明確になってしまっている

スキ
29

離婚したけど、また旅に出ようと思う

あぁやっと、いろんなことにやる気がまた、出てきた。 大丈夫よ、大丈夫よと笑っても、やっぱり全然だいじょうぶじゃない。ひとりは寂しいし、どうやっても裏切りは悲しいし、決まっているはずと思っていた将来がすっぽりとすべて居なくなってしまうのは、何ともいえないやりきれなさがある。 荷物をまとめて、新潟の実家へ。新潟の実家から、少しの荷物を持って、東京へ。 今月末には、もう少し大きめの荷物を持って、オーストラリアへ、もう一度旅へ。 やっと出られそう。やっと、次へ。 7月の下旬

スキ
96

もっちゃんとさっちゃんと「友だち」

世の中に一人だけ、私のことを「もっちゃん」と呼ぶ友だちがいる、と昔どこかのnoteで書いた。ともみだから、もっちゃん。安易なのか、ひねっているのか、最早分からない。 正確にいうと、私が、いや私たちがまだ新潟県長岡市で高校生をしている時に、彼女が私の幼なじみのママが経営するエステサロンにフェイスパックだか何かをしに行った時に、ママが私の高校の同級生だということに気がついて、「もっちゃんと呼んでいること」を彼女にバラした、という経緯がある。 そのママの家には"ともや"、という

スキ
18

「自分以外を世界の中心に置かない」という光と呪

一喜一憂。気持ちが浮き上がったり、沈んだり。もうそういったことに飽きてしまって、自分の世界の中心は自分であろう、と決めた瞬間があった。たしかあれは、18歳の夏。 単純に言えば男女、の話だ。 「飽きて」、と言えば優位に立てるけれど、「疲れて」とか「悲しくなって」とか、「絶望して」という言葉に置き換えてみれば、あの時私がとても深く傷付いて、また1つ大きな膜を張った殻に閉じこもってしまったのは、今振り返っても容易く分かる。 そう、もう、私、傷付きたくなかった。期待をして、裏切

スキ
24

逃げるのは簡単だけど、そろそろ

そのとき私はとても心が疲れていて、どうしよう、と思った末に、周りの人に「海外でも行ってくれば」と言ってもらって、「うんそうね」と思って航空券を予約した。 あまり多くの人に告げずに。最小限の人たちだけに、私は日本を少しだけ離れます、と伝えて。何をどう考えたのかはよく分からないのだけれど、一人旅だと言っているのに、ハワイのオアフ、ホノルルへ行くことを決めた、いつだったかの冬。 青い、海が見たくて。 白い、雲が見たくて。 風の気持ちよさや、木陰が時間の経過と一緒に移動する感じ。

スキ
36