見出し画像

イギリス南西の港町、ブリストルってこんな街

先日家族を伴っての英国ブリストル大学留学から帰ってきました、イケダトモミです。留学に行く前は、ブリストルはおろか、イギリスにも行ったことがなかった私は、行く前はブリストルに何のイメージも持っていませんでした。
おそらく、日本の多くの方にとって、ブリストルは地名も聞いたことがない場所ではないかと思います。

2017年にはイギリスで住みたい街No1に選ばれただけあって、ブリストルはとても住みよく魅力的な街でした。
ロンドンからもバスで2時間ちょっと、安いときは片道5ポンドくらいで行けてしまいます。
次にイギリスに旅行するときは、ブリストルによってみてはいかがでしょう?

ブリストルでできる、私のお気に入りのアクティビティをいくつかご紹介したいと思います。
ちなみに、夫のアキヤが書いた小説(『オーバーライトーーブリストルのゴースト』)にもいくつかモデルにした場所が登場しています。

まず、気球に乗ってみる?

画像1

ブリストルらしい風景といえば、クリフトン吊り橋と気球。お土産ものの絵だいたいこれが定番ですね。

ブリストルは世界的に有名なバルーンフェスタの開催地でもあり、気球の街といっても過言ではないくらいです。
3月から10月の晴れた日に申し込めば、熱気球に乗ることもできます。
観光用の、紐がついた気球でちょっと上に上がって下に降りてくる、というタイプではありません。
広場から飛び立って風に揺られて1時間ほど飛行、広場に着地、という本格的な熱気球飛行を体験できます。

画像2

自分が乗らなくても、街中でふと気球を見かけることもしばしば。
見つけるとちょっと嬉しい気持ちになれます。

おいしいものを食べ歩き

イギリスのご飯ってまずいんでしょ?って定番の質問ですよね。
確かに、まずいご飯に当たると本当にどうしようもなく、たべられないほどのときもあったのですが、おいしいものもたくさんありました!

画像3

朝食のお勧めはHarboursideにあるSpoke & Stringer。
ブリストルで一番おいしい朝食に選ばれたこともあり、ハーブのブレンドが絶妙で、豪快な盛り付けと上品な味付けが特長的なお店です。

画像4

外の席からは川辺を臨むことができ、停泊する船や飛び交うカモメを見ながら食事をすることもできます。

画像14

Park streetという通りにはおいしいスイーツを楽しむことができるお店がたくさん。

画像5

Pinkmans Bakeryは、イギリスで上位25位のパン屋さんに選ばれたことがあり、遠方から足を運ぶ人も多い人気店です。
お勧めは写真にもある看板メニューのサワードーナツ。季節によって様々なフレーバーが楽しめます。

画像6

暑い日はSwoon Gelatoのアイスクリームはいかがでしょう。
新鮮な素材をふんだんに使ったこだわりのフレーバーに目移りしてしまうこと間違いなし。
そんなときは頼めば少し味見もさせてもらえます。
ちょっと多いかなと思っても2段ぺろりと食べられてしまう。
私のお気に入りはアメリカンチェリーチーズケーキ、塩キャラメル、ピスタチオです。

画像7

チョコレート屋さんのMrs. Potts Chocolate Houseもはずせません。
ブラウニーやクッキーをお店で頼むと、溶かしたチョコレートをたっぷりかけてサーブしてくれます。

画像13

画像8

お勧めしたいのはチョコレートフォンデュのプレート!
初めて注文したとき、見本の写真より出てきた実物のほうが豪華でびっくり。
隣の席の人も一緒にびっくりして「これは、本物のごちそうだね!」と声をかけてくれたほどでした。

ブルネルさんに想いを馳せてみる


画像9

明日を見つめる夫のアキヤ
なんでこんなポーズをしたか全く思い出せないそう。

イザムバード・キングダム・ブルネルさんってご存じですか?
私はよく知りませんでした。
鉄道関連の優れたデザインに授与されるブルネル賞の由来となった人で、2002年にはBBCの「100名の最も偉大な英国人」投票で第2位に選ばれました。
ちなみに同年の第1位はウィンストン・チャーチルですから、その偉大さが伺いしれます。

ブルネルさんの偉いところは、たくさんの発明で技術的な問題を解決し、イギリスの工業化に貢献したところです。
重要な鉄道や橋、トンネルなどをいくつも建設し、SS Great Britainという建設当時最も大きい船を建設しました。

画像11

画像12

SS Great Britainは現在ではブリストルのHarboursideのアイコンとして、人気の観光名所になっています。
SS Great Britainを下からも上からも中からも見られるように工夫が凝らされた展示は一見の価値ありです。

画像10

ブリストルのランドマークともいえるクリフトン吊り橋も彼の設計です。
これ、いったいどうやって作ったんだろうって感じがしませんか? 
19世紀に、ワイヤーを使わずに、こんな崖っぷちに吊り橋かけるなんて。
これは鉄板を何個も重ねてボルトで締め上げているそうです。

おいでよ、ブリストル

ブリストルの魅力はここでは書ききれないほど、まだまだたくさん。
いろんな体験をしてきたので、次回以降の記事ではブリストルならではの体験についていろいろ書いていきたいと思います。

写真:イケダトモミ

夫の小説が発売になったよ

夫がブリストル滞在中に書いた小説が本になりました!


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます💓 読んでいただけるだけでとても嬉しいです! サポートしていただけたらさらに喜びます!✨いただいたサポートを糧に、もっと良い記事が書けるように頑張ります!

ありがとうございます!
79
イギリスのブリストル大学の修士課程を経て、日本の大学で博士課程に。フリーランスの夫と一緒に一人娘を子育て中。 留学に夫と子供に同伴してもらったら、夫がブリストルを舞台に書いた小説『オーバーライトーーブリストルのゴースト』で小説家デビューすることになりました。人生は驚きの連続。

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 18207本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (6)
じゃいつかブリストルに行く時にこっそり教えて下さいませ(笑)
イギリスは友達も住んでいますし、以前付き合っていた相方が「天気がいつも悪くて人が暗すぎる!あんなところにはもう2度と戻らない。」と言っていた国なので興味があります。(笑)ヨーロッパに住む可能性があるので、イギリスに足を運んだ際には、ブリストルで気球に乗ってみたいと思います♪
コメントありがとうございます☺️
お天気は好みが分かれるみたいですね! 私は暑さにも日の光にも弱いタイプなので「ブリストルは暑さがマイルドで、寒さも厳しくないし、日の光も弱くてすごしやすい✨」と思っていたのですが、お日様大好きな友人は「いつも天気悪くて嫌になる…」と言っていました。
ブリストルにいらした際、いいお天気で気球が無事飛ぶことをお祈りしております!
何でも捉え方ですねw
私も日光アレルギーがありますが、陽に当たるのはすきです^_^
ありがとうございます♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。