泊まれる演劇のトラベルマガジン β版

架空のホテルへ旅するあなたへ💐 Presented by 泊まれる演劇 https://lit.link/tomareruengeki

泊まれる演劇のトラベルマガジン β版

架空のホテルへ旅するあなたへ💐 Presented by 泊まれる演劇 https://lit.link/tomareruengeki

マガジン

最近の記事

固定された記事

「泊まれる演劇のトラベルマガジン β版」をスタート。

こんばんは、泊まれる演劇の花岡です。いつも泊まれる演劇をご愛顧頂きありがとうございます。 お客様の架空のホテルへの旅がより豊かなものになるよう、これまで「泊まれる演劇 公式note」として運用してきた当アカウントを、この度リニューアルいたします。その名も、エンタメ・観光メディア「泊まれる演劇のトラベルマガジン β版」。コンセプトとともに名称を改め、再出発する運びとなりました。 今後は、泊まれる演劇の企画進捗や制作の裏側をお伝えする『特集』、イマーシブシアターの企画やマーケ

スキ
23
    • 劇場一体型ホテルをつくりたい。

      8月1日、強すぎる夏の陽射しのなか、いつもと少し違ったリリースを書いています。お久しぶりです、泊まれる演劇プロデューサーの花岡です。 これまで泊まれる演劇は、SNSや口コミなど、ゲストの皆さまの熱量に助けられながら、より多くの方に知られるようになりました。SNSにアップされた写真や感想を見た他の誰かが、さらに感想をつぶやいて、それをたまたま見た他の誰かが….という循環で、今や京都や大阪で1ヶ月以上のロングラン公演ができています。 そして調子に乗った我々は、これまで以上に皆

      スキ
      27
      • 泊まれる演劇 2023年3〜4月の新作公演|追加キャスティングオーディションのお知らせ

        この度、泊まれる演劇では2023年3〜4月にHOTEL SHE, OSAKA(大阪府)で上演予定の”新作ダーク・イマーシブシアター”『泊まれる演劇:タイトル未定』のオールキャスト対象の二次キャスティングオーディションを開催いたします。(一次キャスティングオーディションにお申し込み頂いた方も再応募可能です。) 泊まれる演劇って?泊まれる演劇はHOTEL SHE, がプロデュースする世界初の宿泊型イマーシブシアター。ホテルの中を自由に歩き回ったり、観客にも役割が与えられることで

        スキ
        7
        • HOW GENIC?|#ルージュの思い出 をキュートに残そう❤︎ 〜旅人たちの客室編〜

          Motel Anemoneのおすすめフォトスポットや構図を紹介する『HOW GENIC?』企画の後編。 本回ではモーテルを訪れた旅人&常連客の客室を紹介。 舞台美術をホテル客室に大胆に設営した空間は圧巻の一言。ぜひ素敵に写真にも残してくださいね。 なお、紹介する写真はすべてiPhoneで撮影しており、80年代のレトロフィルムカメラのような味わいを楽しめる無料カメラアプリ『Dazz カメラ』を使用しています。 【告知】 #ルージュの思い出 をつけて投稿すると、公演パンフレッ

          スキ
          12

        マガジン

        マガジンをすべて見る

        記事

        記事をすべて見る
          • HOW GENIC?|#ルージュの思い出 をキュートに残そう❤︎ 〜ロビーとお部屋編〜

            『MIDNIGHT MOTEL'22』が開演してから早一週間。 毎日満室でお客様をお迎えでき、スタッフキャスト一同幸せな気持ちでいっぱいです! 今作でも、公演終了後に客室の美術を含め、モーテル館内を自由に撮影いただける時間を設けております。ぜひお気に入りのお召し物でパーティーにご来館くださいませ。 ただ「どこでどういう構図で撮れば良いかわからない!!!」という声もどこからか聞こえてきました…。 そこでMotel Anemoneのおすすめフォトスポットや構図を紹介する『HO

            スキ
            9
            • おすすめスポット【京都編】|MIDNIGHT MOTEL 再編集記 <#箸休め>

              泊まれる演劇は1泊2日の宿泊型イマーシブシアター。遠方からお越しいただく方も多い中で、泊まれる演劇への旅をよりお楽しみいただくための「周辺おすすめスポット」を完全独断でお伝えしてゆきます。 初回・京都編の本日は、泊まれる演劇でクリエイティブディレクターを務めております、花岡が担当します。それでは、早速参りましょう! 1. ブライアン・イーノ展 『MIDNIGHT MOTEL’22 “ROUGE VELOURS”』公演初日の6月3日(金)から同時にスタートする、アンビエン

              スキ
              5
              • お土産もルージュにおめかし。|MIDNIGHT MOTEL 再編集記 <#5>

                今年はスーベニアのラインナップも充実! 物語から飛び出してきたキュートなルームキーやTシャツ💞💞💞 新商品も加わってみ〜んな可愛い😮‍💨 パーティー終了後にフロントで販売してるので、ぜひ覗いてみてね。 📕巻末広告 ▼『MIDNIGHT MOTEL’22 “ROUGE VELOURS”』、チケット一般発売中。

                • 真夜中のダイナーで語り合お。|MIDNIGHT MOTEL 再編集記 <#4>

                  「演劇」や「物語体験」だけでは『ROUGE VELOURS』は語り尽くせません。 館内に流れるジャズミュージック、空間デザイン、お部屋のアートポスター、スタッフのネイルカラーまで、そのすべてが”架空のモーテル”を演出しています。 モーテルと言えばアメリカン・ダイナーですよね。 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』やNetflixオリジナル『ストレンジャー・シングス 未知の世界』など、ミッドセンチュリーを舞台にした名作を観て「カラフルなアイスクリーム…。チーズたっぷりなホッ

                  スキ
                  3
                  • 2021年初演の感想まとめ|MIDNIGHT MOTEL 再編集記 <#箸休め>

                    みなさん、どうもこんにちは。noteでは初登場、泊まれる演劇の飯嶋です。 今年2月に入社しまして、早2ヶ月が経ちました。時が経つのはあっという間ですね。きっとあっという間に6月になってROUGE VELOURSが開幕して、あっという間に千秋楽になっちゃうんだろうな…。そんな感じで既に感慨深くなってます。何しろ僕にとっては入社後初の公演ですからね!昨年とは立場が違いますから、思い入れも気合も人一倍強くなっちゃいますよ。年末くらいまで追加公演したいもんです。 さて、この再編集記

                    スキ
                    4
                    • 香りをとじ込めた招待状。|MIDNIGHT MOTEL 再編集記 <#3>

                      そろそろゲストの皆さまのご自宅に、Motel Anemoneからの招待状が届く時期になりました。是非、ポストの中を覗いてみてください。 深紅の封筒にゴールドの封蝋のシックなデザインで、パーティーまでの高揚感を演出しています。封蝋は一つ一つ、愛を溶かすように押しています。そのため、完全に形が同じものはこの世になく、すべてが世界に一つだけの招待状になっています。 私たちの日常のコミュニケーションは、ほとんどがデジタルで完結しています。このnoteも、SNSのコトバも、WEBサ

                      スキ
                      5
                      • 内山智絵さん出演キャンセル ・ 追加オーディション開催のお知らせ(MIDNIGHT MOTEL'22)

                        いつも泊まれる演劇を応援いただきありがとうございます。 この度、2022年6月3日より上演いたします『MIDNIGHT MOTEL'22 “ROUGE VELOURS”』にご出演予定でした内山智絵さん(モーテル・アネモネ コンシェルジュ 東堂マリ役)のご出演がキャンセルとなりました。突然のアナウンス及び内山さんのご出演を楽しみにしてくださっていた皆さま誠に申し訳ございません。 キャンセル理由ですが、決してネガティブなものではなく、以下内山さんのコメントにもございます通り、

                        スキ
                        6
                        • 泊まれる演劇は二周年を迎えました。

                          泊まれる演劇は初演を迎えた2020年5月1日から、本日二周年を迎えました。いつも応援頂いているゲストの皆さま、ありがとうございます。 この一年は初年度のオンライン公演からは離れて、『MIDNIGHT MOTEL』『藍色飯店』の2タイトル・計66公演を上演、1129名ものゲストを実際のホテルにお迎えすることができました。現在は6月上演の『MIDNIGHT MOTEL’22 “ROUGE VELOURS”』の制作真っ只中です。 目の前の作品制作で精一杯だった一年目と比べると、

                          スキ
                          5
                          • ルージュ・ベロアーズって?|MIDNIGHT MOTEL 再編集記 <#2>

                            演劇作品に限らず、映画やドラマなどの映像作品をオリジナルで制作する際、まず初めにプロットと呼ばれるストーリーの骨子のようなものを考えるのが一般的です。しかし泊まれる演劇では、まず舞台となる空間コンセプトの定義をおこないます。それはイマーシブシアターのシステムゆえでもありますが、コンテンツの魅力を最大限に高めるためには、「会場(泊まれる演劇の場合はホテル)の空気感と相乗効果が生まれるコンセプト」がなにより重要だと考えるからです。 空間には、その場特有の魅力があります。それはホ

                            スキ
                            4
                            • 再演すべきでない作品を再演するために。|MIDNIGHT MOTEL 再編集記 <#1>

                              MIDNIGHT MOTELという作品は、当初泊まれる演劇の旗揚げ公演として2020年に上演予定でした。よく泊まれる演劇はコロナ禍で不況に陥ったホテルが苦肉の策として立ち上げたプロジェクトだと誤解されてるんですが、それは違って、たまたま旗揚げとコロナの煽りが被ってしまっただけ。だからコロナがなければMIDNIGHT MOTELは2020年の6月に上演予定でしたし、物語や世界観設定、「モーテル・アネモネ」という名称もまったく別のものになっていた。良くも悪くも、天災に振り回され、

                              スキ
                              6
                              • 泊まれる演劇 2023年晩冬の新作公演|キャスティングオーディションのお知らせ

                                この度、泊まれる演劇では2023年3〜4月にHOTEL SHE, OSAKA(大阪府)で上演予定の”新作ダーク・イマーシブシアター”『泊まれる演劇:タイトル未定』のオールキャスト対象の一次キャスティングオーディションを開催いたします。 泊まれる演劇って?泊まれる演劇はHOTEL SHE, がプロデュースする世界初の宿泊型イマーシブシアター。ホテルの中を自由に歩き回ったり、観客にも役割が与えられることで、客席とステージの境界を感じることなく、物語の世界に入り込んだような体験が

                                スキ
                                16
                                • 架空のホテルで働いてみませんか?(#短期アルバイト募集)

                                  ※応募多数のため締切日が28日→18日に変更となりました。 2022年6〜7月にHOTEL SHE, KYOTO(京都府・京都市)開催予定の『泊まれる演劇 初夏公演(タイトル未定)』の期間中、ホテルスタッフとして接客・カフェ・公演運営のサポートをしてくださるアルバイトさんを若干名(朝 / 夜シフトそれぞれ1名ずつ)募集いたします。 泊まれる演劇って?泊まれる演劇はHOTEL SHE, がプロデュースする世界初の宿泊型イマーシブシアター。ホテルの中を自由に歩き回ったり、観客

                                  スキ
                                  17