見出し画像

初心者であること

ポール・グレアム(Paul Graham)が執筆したエッセー「Being a Noob」の日本語訳になります。

2020年1月

私が若かったとき、年配の人たちは何でもかんでも知っていると思っていた。今や私は年をとり、これが本当でないことを知っている。

私は常に初心者(=noob)のように感じている。これは、自分が何も知らない新しい分野に取り組んでいるスタートアップといつも話していたり、自分が十分によく理解していないトピックに関する本を読んだり、物事がどのように機能するのか自分が知らない新しい国に訪れたりすることのように思える。

初心者のように感じるのは心地良いことではない。そして、「初心者(=noob)」という言葉はたしかに褒め言葉ではない。それでも、今日、私は初心者であることについて励みになるものに気づいた。それは、あなたがローカルで初心者であるほど、あなたはグローバルであまり初心者ではないということである。

たとえば、あなたが自国に滞在している場合、すべてのものが異なるように機能するファラワヴィア(Farawavia)に移動する場合よりも、初心者感は薄れるだろう。それでも、あなたが移動すれば、あなたはより多くのことを知るだろう。したがって、初心者であると感じることは実際の無知と反比例に相関する。

しかし、初心者であるという感情が私たちに良いのであるのなら、なぜ私たちはそれを嫌うのだろうか? そのような嫌悪感はどのような進化による目的に役立つことができるのだろうか?

答えは、初心者のように感じる2つのリソースがあることだと私は思う。それは、バカであることと何か奇抜なことをすることである。初心者のように感じることに対する嫌悪は、脳が自分たちに「さぁさぁ、これを解明して」と命じることである。これは、ほとんどの人類史において考えるべき正しいことであった。狩猟採集民の生活は複雑だったが、現在の生活と同じくらいには変化しなかった。彼らは急に暗号通貨について何をすべきか解明する必要はなかったのだ。したがって、新しい問題の発見よりも既存の問題に能力が偏っていることは理にかなっている。食べ物が乏しかった世界で人間が空腹を感じるのを嫌うのが理にかなっているように、人間が初心者であることを嫌うのは理にかなっていた。

今や食べ物が多すぎることが少なすぎることよりも問題となっていて、空腹を感じることに対する私たちの嫌悪は自分たちを道に迷わせる。そして、初心者のように感じることに対する嫌悪もそうであると私は思う。

初心者であることは心地良くなく、人びとはそのことでときどきあなたをあざ笑うだろうが、あなたは初心者のように感じるほどより良くなるのだ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Jack

読んでくれて、ありがとう🙋🏻‍♂️ もしこのnoteが気に入ったら、「❤️」ボタンを押したりTwitterでシェアしたりしていただくと喜びます👍🏻 🆕 Jackを応援するパトロンになりませんか?👀 https://note.com/tokyojack/circle

人生はチョコレートの箱のようなものだ。開けてみるまでは分からない。
15
マイクロ起業家✌🏻小さな起業家が大きなビジネスができる時代に、どんなことができるのか挑戦中👊🏻 スタートアップやデザインについて書いてます✍🏻 まもなくYouTube始動