徳力の日々のブログ

89
記事

こんな時だからこそ、「イベント」というものにこだわってみたいので、一緒に挑戦して頂ける方お待ちしてます。

本日noteで、「あたらしい時代に対応したイベントスペース」というキャッチコピーのnote placeというイベントスペースの開設をリリースさせて頂きました。

このタイミングで?と驚かれる方は当然少なくないと思います。

実はこのプロジェクト自体は、リリースにあるように昨年後半から動いていて、現在のウイルス感染を横目に見ながら現在にいたるのが事実ではあります。

でも、社員がこう書くとあれですが

もっとみる
うお、ありがとうございます(汗)
71

今、企業や個人ができることを考える上で参考になりそうな動画系事例34選

先週のアジェンダノートのセミナーでご一緒した萩原さんが、すごい充実した事例リストを作られていたのですが、セッションで全ては紹介できなかったので、許可をいただいてこちらにメモしておきます。

萩原さんのメモには説明文章も書いてあるんですが、流石にそれをそのままコピペはまずいので、事例のポイントは動画を見て感じてください。
なお、分類は私の独断と偏見です。

外出自粛期間中の広告表現関連の事例

もっとみる
是非また読んでやって下さい(汗)
46

劇団ノーミーツの門外不出モラトリアムが、とにかく素晴らしかったので、是非見て欲しい。

いやー、凄かった。
ホント素晴らしかったです。

リモートだけで演劇を作るというZoom演劇の代表劇団の一つ、劇団ノーミーツ。
たまたま、カメ止めのリモート大作戦の延長で知って、Yahooに記事を書いたのが、Zoom演劇を知ったきっかけだったんですが。

今回の、劇団ノーミーツによるリアルタイム講演は、Zoom演劇の一つの集大成とも言える完成度だったように思います。
(さとなおラボの知り合いが出演

もっとみる
わざわざ、すいません(汗)
112

小学1年生の学習机で、オンラインイベントに挑んでみた戦いの歴史

リモートワークの日々が続いておりますが、皆さん、快適にお過ごしでしょうか。

おそらく普通の日本の家庭のお父さんの大多数には共感いただけると思うんですが、今回のリモートワークで何が辛いって、自分の部屋がないことです。
書斎ある人とかウラヤマシイですよね。

noteには、安藤さんがまとめてる「デスクをすっきりさせるマガジン」とかあるんですけど。

私には目に毒です。

だって、そもそも我が家には私

もっとみる
恐縮です(汗)
119

遅ればせながらVRのゲームをやってみたら、想像と真逆のガチ運動ツールだった件について

完全に周回遅れなんですが、このたびOculus QuestでVRヘッドセットデビューをしました。

実はちょっと前に買ってたんですが、なんとなくVR酔いが判明するのが怖くて、しばらく封を開けてなかったのが正直なところ。

いや、私本当に三半規管弱いんですよね。
揺れる飛行機とかすぐ気持ち悪くなりますし、なんなら高速道路のインターチェンジでも気持ち悪くなる気がするレベル。

修学旅行のバス旅行とか地

もっとみる
わざわざ、すいません(汗)
58

ウイルス報道が過熱する今こそ読み返したいファクトフルネスと、凄い編集者の熱意の力。

7日間ブックカバーチャレンジなる、リレー企画で江端さんから私にバトンを渡していただきました。

7日間ブックカバーチャレンジとは、読書文化の普及に貢献するためのチャレンジで、好きな本を1日1冊7日間投稿、本についての説明は必要なく、画像だけをアップ、更にその都度1人の友達を招待し、このチャレンジへの参加をお願いするというのがルールなんだそう。

個人的にはこの手のチャレンジものは苦手でして、懐かし

もっとみる
是非また読んでやって下さい(汗)
76

私たちは今、企業のブレーキとアクセルを同時に、しかも丁寧に踏み分けないといけない

先週、エステーの鹿毛さんと一緒に「いま、できることを一緒に考えてみる」という勉強会を、アジャイルメディア・ネットワーク主催で開催させて頂きました。

その時に感じた話を、Yahooニュースに寄稿してみたのですが。

Yahooニュースには細かすぎるなと思って省いたものの、個人的に一番印象に残っている話を、自分も忘れないようにここにメモしておこうと思います。

それがタイトルに書いた「私たちは今、ブ

もっとみる
何かの参考になれば幸いです(汗)
58

武田双雲さんが、元NTT社員から書道家として大成するまでの裏側にある、つづける力のヒントを聞いてみたい

今日、4月10日20時から、書道家の武田双雲さんにオンラインで公開インタビューイベントの機会をいただいたわけですが。

今回は、noteクリエイターファイルの公開インタビュー企画と言うことで、私から質問する時間はあまりないかもしれないので、先に個人的な聞きたいことを書いておきたいと思います。
(武田双雲さんのプロフィール写真がかっこいいので、それを無理矢理こうやって自分の記事のヘッダー画像にしてお

もっとみる
恐縮です(汗)
41

ライブエンタメ市場の危機を救うためにも、オンライン配信の課金に真剣に取り組む必要がありそう

先週、こんな記事が出てました。

ライブエンタメ市場が4割消失の危機って、すさまじい話ですよね・・・

飲食店も売り上げが半減以上になっている店が多いことも注目されてましたが、ライブエンタメ市場も洒落にならない減少率のようです。

この記事で紹介されてるアソビシステム×noteのプロジェクト自体には私はほとんど関わってないんですが。
アーティストやプロのクリエイターの方々の事業継続に対して、not

もっとみる
うお、ありがとうございます(汗)
57

エンタメやスポーツのような「文化」は、不要不急のものだからこそ、私たちの生活を豊かにしてくれるはず

本日、noteで「オンラインイベントおうえん制度」という取り組みを開始させていただきました。

これはnoteの文化活動の支援策強化の一環で実施したもので、アーティストやスポーツ選手など、文化活動を職業としている方々が、リアルイベント自粛の影響を大きく受けていることを踏まえ、我々にできることとして企画したものになります。
(第一弾として、本日19時半から、渋谷らくごさんの配信がありますので、お手す

もっとみる
わざわざ、すいません(汗)
119