見出し画像

R.E.T.R.O.=/Q

《街》にダイヴするとき、決まって全身全霊を総毛立つような感覚が駆け抜ける。

自我を除く全情報が書き換えられ、私達は指定座標に出現する。
私は耐刃レザーのボディスーツ、パートナーのエドはへんな騎士鎧の姿だ。

「なあオリー、本当にこんな場所に適合者がいると思うか?」
エドの機嫌が悪い。
「さあね、おやっさんが言うのだから確かでしょうよ」

《街》。それは無限に続く巨大な一本の通廊の形をした閉鎖系世界だ。そこに共通した上下の概念はなく、本人にとっての接地面が下となる。
四つの壁面すべてに建造物群が犇めき、その間を橋梁や階段が複雑に連結している。
私は橋の欄干から周囲を見回した。相変わらず騙し絵のような、眩暈のする光景だ。しかしここの住人にとってはありふれた日常である。

突如、目の前の空間が縦に裂け、眩いスペクトル光の中から神々しいスーツ姿の男が出現した。

「そんな……まさか……こんな所にまで……!?」
「撤退するぞ!」


【#2へ続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

🍎🍏いただいたサポートはウナーゴンの進化素材となります🍏🍎 🌝🌚感想はこちらでも受け付けています🌚🌝 https://marshmallow-qa.com/unargon2030m

woo
25
うなぎ概念の一形態。絵描き系クリエイターだがなぜか文章記事の投稿がやたらと多いので覚悟しなさい。【Instagram】 www.instagram.com/unargon 【DA】www.deviantart.com/unargon 【連絡先】 unargon@gmail.com

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
逆噴射小説大賞2018:エントリー作品収集
  • 1858本

「逆噴射小説大賞」とは、ダイハードテイルズ出版局が主催し、社会派コラムニストの逆噴射聡一郎先生が審査員に加わる、コンテンポラリーで由緒あるパルプ小説大賞です。今回の本文文字制限は400文字以内です。しかしこれは「400文字以内で物語を完結すること」という意味ではなく「小説の冒頭部400文字で応募する」という意味です。つまり「この続きを読みたいと思わせる、最もエキサイティングなパルプ小説の冒頭400文字」を表現した作品が大賞を受賞し、その応募者は大賞の栄誉とともにCORONAビール1カートン(24本入り)を獲得できます。 応募要項:https://diehardtales.com/n/nfce422e0faef

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。