見出し画像

NHK Eテレ「バリバラ」に出演します。

大変だ。全国放送だよ。
タイトルの通りなのですがNHK Eテレ「バリバラ」解離性障害特集に出演します。
放送は5/21、28 20時〜。前後半になっていて、私は両日の出演となります。当事者の座談会や、専門家の解説、トーク等、大充実の内容になっている様子…!様々な人の理解の手掛かりになりますように!

スクリーンショット 2020-05-07 19.11.43



とはいえ出演を迷った話

画像3

テレビで取り上げられることに、実はだいぶ不信感があり、メールをいただいた時点では、引き受けるかどうか結構悩んでいました。
というのも、解離性障害はテレビで「びっくり人間」的に扱われる事が多いからです。多重人格の話がそうなりがちというのは解らないでもないですがそういう番組をたまたま見て「いまだにこういう取り上げられ方をするのか〜!!」とイライラしていた所だったのでした。

そこで、メールを下さったディレクターさんへ
・メディアで取り上げられる時に嫌だと思っている具体的な内容
・どのように理解が進んでほしいのか
・本を出版した経緯や理由
…などなどを、かなりの長文メールで送りました。

本音を隠して承諾する事はできないし、最初から色々言ってしまえ〜!という勢いで送ったので「めんどくさがられるだろうなあ」という気持ちはかなりありました。ところがどっこい、その週の週末、さっそくわざわざ大阪から会いに来て下さったのです。で、「ならば一肌脱ごうじゃないの」とタンカを切って出演を決めた次第です。
嘘です。タンカは切っていません。

画像4

和やかなロケのひと幕

理解する/される…ではなくて

連日、症状の話をするのは大変ですし、それにひるんでもいました。しかし「やめればよかったかな」と思うたびに、「解離性障害のちぐはぐな日々」へ頂いた感想や、イベントに来てくださった方、ツイッターの#かいちぐ への投稿…などを思い出して「でも味方もたくさんいるのだ」と奮起していました。皆様、ありがとうございます…。

私が望んでいるのは、障害を理解する/される…という関係ではなく、当事者も非当事者も同じ地平で、普通に暮らせる事です。
オカルト的だったり、詐病を疑われたりと誤解がたくさんある解離性障害ですが、当事者性に極端に偏ることなく、しかし嘘もない、平熱な温度で伝えられたらいいなあ…なんて思っています。
それはもちろん、私が一人で負うつもりもないし(出来ないし)いろんな人の力や関心が必要です。
…というわけで、書籍ともども、ぜひ応援よろしくお願いします!

また、ツイッターではこんな募集をしています。お気軽に投稿をお寄せください!アイデアをシェアしていきましょう〜🕺

かいちぐ募集


おまけ

当初、スタジオ出演の予定だったトークは、コロナ騒動によりテレワークでの出演に。全国放送にも関わらず、生活感溢れる背景になってしまったことが悔やまれてなりません。まあ、済んだ事は仕方ないですね!
だいたいこのツイートのポーズはなんなんだ?


放送情報

NHK Eテレ [バリバラ] 

5月21日(木)20:00〜
カイリの謎 前編 ~私の中のワタシたち~

今回のバリバラは「解離性障害」! 一定期間の記憶が失われたり、いくつもの人格が自分のなかで入れ替わるなど「自分が自分でなくなってしまう」のが症状だ。「多重人格」として知られてはいるが、世間の理解はほとんどなく、専門医も少ない。そのため、病気の症状だけでなく、無理解から来るさまざまな壁にぶつかってしまう。前編では、カイリはどんな症状で、どんなときに起こるのか?当事者たちが赤裸々に語り合う!

5月28日(木)20:00〜
カイリの謎 後編 ~つきあい方の流儀~

先週に引き続き「解離性障害」を考える!別の人格に入れ替わる多重人格のほか、記憶が飛んだり、後ろから自分を見ていたりと症状は様々。そんな解離性障害は短期間で治癒するものではなく、長くつきあっていかなければならない。もし身近な人が解離性障害だったら、あなたならどうする?今回は解離性障害の人とどうつきあうのか、当事者であるTokinさんの周りの人たちの接し方を通して考える。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

22
イラストレーター、漫画家。 「心理とおとぎ話」をテーマに絵や漫画を描いています。自身の障害について描いた日記フリーペーパー「ゾンビ道場」を不定期発行中。2018年冬、初の単著「解離性障害のちぐはぐな日々」が合同出版より発売されました。

この記事が入っているマガジン

イベントのお知らせ
イベントのお知らせ
  • 5本

出展・参加するイベントの情報や告知です

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。