キャット・キルド・ザ・キュリオシティ
見出し画像

キャット・キルド・ザ・キュリオシティ


吾輩…いや私はネコという【概念】である。
名前は無かったり…トムだったり…今はキティ

◆◆◆

私が最初に【概念】を得たのはエジプトだった。
それは私にも人にも都合が良くて結果私は【女神としての概念】を得た。
だがヤツ…未来永劫戦う定めの…は尻尾を巻いて逃げ出したのだ。

地中海を渡った私は神格こそ薄れたが、人とは上手くやっていたと思う。
だがヤツは長い時をかけその時を待っていた。
大陸に流行り病を広め、そして私に【魔女と使い魔の概念】を与えたのだ。
焼かれ、塔から投げられた…まあその結果【9つの命の概念】を得たのだけど。

◆◆◆

「にゃん!」イった。
「プレイ中に考え事とはいい身分ね」
この娘は【刀の概念】を持つタチ。私の…体の相性が良い…相棒。

「正気?ヤツ、ジェリーの頃より強い【明日の国の概念】を持ってるのよ?」
私はボンテージを着ながら答えた。
「今の私には【仕事を選ばない概念】が有るわ。仲良く喧嘩(ころしあい)するだけよ」


【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
【ブロンズトロフィーを獲得しました】
ニンジャヘッズ。 秋になると逆噴射小説大賞に参加する季節物書き。