見出し画像

落語デビューにうってつけ!大人気落語家が10日間無料生配信するってよ〜!

回し者でもなんでもなく、ただただ落語が好きなファンです。コロナの影響で次々と落語会が中止になり、寄席まで休業になってしまい、しょんぼりしている今日この頃。

そんな中なんと!チケットの取れない落語家とも呼ばれる!
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)師匠がYouTubeにて10日間連続で落語を生配信するとな!!

こんな贅沢なことありません。お金払ってでも観たい、というかチケット取りづらい、大人気の落語家さんなんです。それを10日間も...?いいの...??

この機会に、落語興味あるけどな〜って思ってた方、ぜひご覧になってほしい!
と、いち落語ファンとして世界の片隅で叫びたくて、これを書いてる次第です。

春風亭一之輔師匠ってこんな人

さてこの一之輔師匠って一体誰なんだいと申しますと。

一之輔師匠が真打ち(落語界の階級制度で、真打ちになると一人前として認められます)になった時、寄席がすっごいお祝いムードだったんです。こんなにも幸せで華やかで、落語家たちもお客さんもニコニコした、あたたかな寄席があるんだ!と驚きました。

それもそのはず。一之輔師匠は21人抜きで真打ちになった、ド級の若手落語家なんです。
これがどんだけスゴイかって言いますと…

落語協会は毎年春と秋に、5人程度を真打ちに昇進させるんです。が、2011年はひとりも!たったのひとりも!真打ちになれなかったんです。

そして2012年の春、一之輔師匠だけが真打ちに昇進となりました。
21人もの先輩を追い越して、ただ一人、真打ちになりました。異例です。

当時34歳の一之輔師匠のことを、落語協会の柳家小三治会長は

「久々の本物だと思った。芸に卑屈なところがない。しかも人をのんでかかっている。天与の才だ。」

と褒めまくりました。
昇進を決めた落語協会も、落語ファンも、ずっと一之輔師匠の真打ち昇進を待ってました。それほど、腕前も人気も高かったのです。
この展開、ちょっとマンガの主人公みたいじゃないですか。

真打ちになると、お披露目の落語会が都内の4つの寄席+国立演芸場で、50日間、開催されます。
通常だと、5人程度が一気に真打ちになるので持ち回りでトリを飾ります。
※トリっていうのは、言い換えれば主役。寄席ってたくさんの落語家が次々と出てきて話すので。トリが主役なんです。

しかし、一之輔師匠はひとりで真打ちになりました。つまり、50日間たったひとりのための、真打ち披露興行がおこなわれたんです。

一之輔師匠のために、寄席のオープニングでは、師匠はじめ先輩落語家が並んで挨拶口上を述べる。
トリの一之輔師匠のために、先輩落語家たちが寄席でリレーのように噺をする。
そんな一之輔師匠の姿を見ようと、お祝いしようと、ファンは集まる。
これが、50日間。

いわば一之輔師匠のための一大イベントだったんです。
落語業界が次世代スターのために誂えた場のようでした。

だから、寄席のお祝いムードがいつもに増してすごかったんですね。皆の期待が膨れ上がった会でした。

この期待を裏切ることなく、昇進後も人気を高めていらっしゃいます。

最近ですと、NHKの『落語ディーパー』という落語入門的な番組にレギュラー出演されてました。喋りも聴きやすく、飄々としたスタンスも親しみやすく、老若男女にウケの良い師匠です。

落語初めての方にはまず一之輔師匠を聞いて!と勧める落語ファンも多いです。落語のイメージを「おじいさんが滔々と喋ってる」「笑点の大喜利」と抱いている方は、あまりの違いにぶっ飛ぶと思います。

4/21〜30、夜8時はyoutube開いて待機!

というわけで、今日から10日間は夜8時が楽しみで仕方ありません。

「落語聞くぞ!」って気構えずに、夕飯食べながら、晩酌しながら、お皿洗いながら、ストレッチしながらでも見てみてください。

会場はこちらだそうです→https://www.youtube.com/channel/UC2ROW2uDlhb-9rXzY2tqV3Q

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やったー!ありがとうございます🕊✨
12
91年生。荒川区の風景を残したくて大家やってます。🏠おっちゃん物件トダビューハイツ⇢https://todaviewheights.com 🏠空き地から楽しい賃貸を作る想像建築⇢https://souzou-kenchiku.comフリーのデザイナー / イラストレーター
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。