特殊詐欺情報局 by トビラシステムズ

特殊詐欺情報局は、特殊詐欺・フィッシング詐欺対策の情報を発信するメディアです。 詐欺手口の最新情報、対策サービス、覚えておきたい豆知識を紹介していきます。 1400万人以上が使用する迷惑対策サービスを提供するトビラシステムズが運営しています。https://tobila.com/

特殊詐欺情報局 by トビラシステムズ

特殊詐欺情報局は、特殊詐欺・フィッシング詐欺対策の情報を発信するメディアです。 詐欺手口の最新情報、対策サービス、覚えておきたい豆知識を紹介していきます。 1400万人以上が使用する迷惑対策サービスを提供するトビラシステムズが運営しています。https://tobila.com/

マガジン

最近の記事

auやau PAYを騙るフィッシング詐欺が急増中!不正利用の被害も

よく使うサービスから「アカウントが一時停止されています」「不正ログインがありました」などと不安にさせる内容のSMSが届いたら、ドキッとしてしまいますよね。でもそれ、フィッシング詐欺かもしれません! 実は昨今、auやau PAYを騙るフィッシング詐欺が急増しています。さらに、フィッシングで入手した他人のau PAYアカウントを不正利用したとして、全国で逮捕者も相次いでいます。一体どのような手口なのか、今回はauやau PAYを騙るフィッシング詐欺についてご紹介します。 auや

スキ
3
    • 電話回線の契約変更を促す「アナログ戻し」に注意!

      「毎月の電話料金、今よりもっと抑えられますよ!」なんてサービスを勧められたら、つい「気になるかも」と興味を持ってしまいますよね。ですが、簡単に話に乗って契約してしまうのは危険!実は昨今、「電話をアナログ回線にすると安くなる」といって高額請求を伴う契約をさせる、「アナログ戻し」と呼ばれる悪質なセールスが多発しています。その手口とは一体どのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。 固定電話を狙う「アナログ戻し」とは?インターネットの光回線の契約をしている消費者に対して、「イン

      スキ
      1
      • 高価な貴重品が強引に買い取られる!「押し買い」トラブルを防ぐには?

        不要な商品を強引なセールスで売りつける「押し売り」。しつこく商品の説明をされたり、玄関先に長居されたりして、必要ないものを売り込まれるのは迷惑ですよね。ところが、近年は逆パターンの「押し買い」という悪質な行為も増えてきています。 押し買いとは、消費者が売る意思のない高価な物品を、無理やり買い取っていく行為です。押し買いでは、具体的にどのようなトラブルが起きているのでしょうか。 強引な押し買いは違法行為押し買いとは、リサイクルショップなどの業者を名乗る者が消費者の自宅に訪れ

        スキ
        5
        • 偽サイトを見分けるのは危険!知っておきたいURLの豆知識

          手軽にメッセージのやり取りができるSMSは、さまざまなサービスやブランドからのお知らせ通知としてもよく使われています。受信した時には、なんとなく気になって見ている方も多いのではないでしょうか? そんな中で急増しているのが「スミッシング」という詐欺。実在する企業を装い、SMSに添付したURLからユーザーを偽サイトへ誘導する手口が増加しています。スミッシングでよく送られるURLにはどんなものがあるのか、詳しく見ていきましょう。 スミッシングとはSMSを使ったフィッシング詐欺実

          スキ
          2

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る

        記事

        記事をすべて見る すべて見る
          • 「カードが悪用された」は嘘!警察や百貨店を装うキャッシュカード詐欺盗とは

            銀行口座があれば、誰でも持っているキャッシュカード。 実は昨今、自宅に訪問しキャッシュカードを騙し取って行く「キャッシュカード詐欺盗」が増加しています!キャッシュカード詐欺盗とは、一体どのような犯罪なのでしょうか? キャッシュカード詐欺盗の手口警察官や銀行協会職員になりすました偽の人物が電話で「犯罪の捜査中にあなたのキャッシュカードが悪用されているのが発覚した。不正利用を止める」などと言い、自宅に訪問し、キャッシュカードの手続きを装ってキャッシュカードを盗み取ります。 ま

            スキ
            1
            • 偽の警告からサポート電話に誘導する「サポート詐欺」に注意

              パソコンを触っている時、いきなり「ウイルスが検出されました」「お使いの端末が危険な状態です」などの警告が出てきたらドキっとしますよね。パソコンが壊れた!?と心配になる人が多いでしょう。でも待って!それ、詐欺かもしれません! パソコンに偽の警告を表示し、偽のサポート電話窓口に誘導する「サポート詐欺」をご存知ですか?不安を煽って高額なお金を騙し取る手口が多発しています!どのような事例があるのか、詳しく見ていきましょう。 サポート詐欺」とは?「サポート詐欺」とは、インターネット

              スキ
              1
              • フィッシング詐欺のSMSが届いたらどうする?抜き打ち調査してみた

                企業やブランドを騙る巧妙な「フィッシング詐欺」のSMS。 「自分は騙されないから大丈夫…」 なんて思っていませんか? フィッシング詐欺の報告件数は年々増加傾向にあり、いつ誰に届いてもおかしくはありません! 今回は、迷惑電話・SMS対策アプリを提供するトビラシステムズ社内でフィッシング詐欺の擬似SMSを送信し、どれくらいの人が騙されてしまうのか「抜き打ち調査」を行った結果をご紹介します。 フィッシング詐欺とは?フィッシング詐欺とは、実在する企業やブランドを装って個人に

                スキ
                2
                • 【番外編】まだまだあった!衝撃の「 #スマホヒヤリ体験 」

                  身近に潜むスマホ利用時の危険に関するエピソードを募集した「#スマホヒヤリ体験」投稿キャンペーン。 どのエピソードもヒヤリとするものばかりで、審査員を大いに悩ませてくれました。 ただ、中には「どういう状況!?」と驚くエピソードや、ヒヤリだけどちょっと笑ってしまうエピソードも多くありました。 そこで、惜しくも受賞には至らなかったものの、いろんな意味で印象に残った「#スマホヒヤリ体験」を、この【番外編】で特別にご紹介します! 😱番外編 詐欺メールはいつ届いてもおかしくない

                  スキ
                  3
                  • 【結果発表】「 #スマホヒヤリ体験 」投稿キャンペーン、気になる受賞作品は?

                    身近に潜んでいるスマホ利用の危険を改めて自分ごととして感じていただくため、10月11日〜20日の「全国地域安全運動」期間にあわせて、スマホ利用中に思わずヒヤリ!とした体験をTwitter上で大募集しました。その名も「#スマホヒヤリ体験」エピソード投稿キャンペーン! たくさんの「#スマホヒヤリ体験」をご投稿いただきありがとうございました! 参加数はおよそ470件!ヒヤリを通り越してゾッとする恐ろしい体験から、ちょっとクスッとする体験まで、さまざまなスマホ利用中の危険エピソー

                    スキ
                    4
                    • 怪しいネット広告はニセ情報の危険も!騙されないための基礎知識

                      最近ネットやSNSを見ていると、不快な広告が出てくることはありませんか?例えばよく目にするのは、肌の角栓やシミをわざとグロテスクに加工した過激な広告。急に気味の悪い画像が出てくると、嫌な気持ちになりますよね。 人の目を引き付けるためだけの極端なネット広告は、虚偽の情報を発信している場合もあります。怪しいネット広告にはどのような種類があるのか見ていきましょう。 過剰なうたい文句に注意!怪しいネット広告の種類1. 誇大広告 誇大広告とは、商品の機能やメリットを大げさに打ち出

                      スキ
                      6
                      • 海外からの電話に折り返すのは危険!国際ワン切り詐欺の巧妙なワナ

                        身に覚えのない電話番号から着信が入っていたら、何の電話か気になってしまいますよね。さらにそれが海外の電話番号だったら、余計に不思議に思えるでしょう。 ですが、気になるからといって折り返し電話をかけるのはNG。 心当たりのない海外からの電話は「国際ワン切り詐欺」の可能性が高いです!ではこの「国際ワン切り詐欺」とは、どのようなものなのでしょうか? 国際ワン切り詐欺とは?「国際ワン切り詐欺」とは、海外の電話番号を使って、“ワン切り”で相手側に着信履歴を残し、折り返しさせることで

                        スキ
                        2
                        • 詐欺で奪われたお金は取り戻せる!?「振り込め詐欺救済法」とは

                          詐欺に遭ってしまったら、お金は奪われたままで泣き寝入り…。と思われがちですが、実はお金を取り戻せる法律があるのをご存じですか?それが、「振り込め詐欺救済法」という法律です。 電話やSMSなどを使って虚偽の情報を伝え、お金を騙し盗ろうとする巧妙な振り込め詐欺。被害に遭う可能性は、誰しもゼロではありません。もし被害に遭ってしまった場合に備え、「振り込め詐欺救済法」を利用して被害の回復を行う方法をご紹介します。 振り込め詐欺とは?振り込め詐欺とは、大きく分けて次の4種類を総称す

                          • 通信事業者をかたるフィッシング詐欺急増!偽サイトや不正アプリ等の巧妙手口も

                            スマートフォンのSMS(ショートメッセージサービス)を悪用し、偽サイトなどに誘導して個人情報を盗み出すフィッシング詐欺。最近は宅配業者や金融機関をかたるフィッシングSMSが流行しており、受け取ったことがある方もいるのではないでしょうか? そんな中、新たに増加傾向にあるのが通信事業者をかたるフィッシング詐欺。今回は、トビラシステムズ社が収集する迷惑SMS情報をもとに行った調査レポートを発表します! 通信事業者をかたるフィッシング詐欺が急増トビラシステムズ社の調査では、今年5

                            スキ
                            3
                            • ただのセールス?それとも詐欺?怪しい営業電話から身を守るたった1つの方法

                              突然かかってくるセールスや勧誘の電話。もし本当に必要としているサービスや商品ならまだしも、いらないもののためにいきなり時間を取られるのは迷惑ですよね。忙しいのに一方的に話を引き延ばされたり、断っているのに食い下がってきたり。うっかり知らない電話番号の着信に出てしまってウンザリ…なんてこともあるのではないでしょうか。 迷惑だけならともかく、中には悪徳商法や詐欺まがいのケースもあります。ちなみに、迷惑情報データベースを構築するトビラシステムズ社の調査では、迷惑情報データベースの

                              スキ
                              1
                              • コロナ禍に便乗したフィッシング詐欺が急増中?行政や人気動画サービスのなりすましに要注意!

                                コロナ禍により混迷を極めている昨今。落ち着かない毎日の中、混乱に便乗してコロナのワクチンや給付金をかたるフィッシング詐欺が発生しています。 詐欺グループは世の中の流れを非常によく観察し、社会の話題に便乗した手口を使うのが得意です。近頃の行政の動きや巣ごもり需要が狙われる可能性は、今後も高いといえるでしょう。 そこで今回は実際にどのような手口があるのか、コロナ禍に注意したいフィッシング詐欺の事例を詳しくご紹介します。 1. コロナ禍の不安をあおる!行政機関を装う手口 コ

                                スキ
                                2
                                • 【診断チャート付】フィッシング詐欺防止!あなたにぴったりの迷惑SMS対策アプリは?

                                  オンラインショップで急ぎの荷物を注文している時、自分のスマホにこんなSMSが届いたら、皆さんならどう思いますか? 「お荷物のお届けに伺いましたが、不在のため持ち帰りました。https://xxx…」 「利用規約の違反により、サービスが停止されています。確認してください。https://xxx…」 必要な時までに荷物が届かないかも…。そんな不安に駆られたら、すぐにでも詳しい内容を確認したくなってしまいますよね。 だからといって、SMSに載っているURLに安易にアクセスす

                                  スキ
                                  4