マンダリン🍊オレンジ

    • 日々は無為に過ぎていかない
      日々は無為に過ぎていかない
      • 2本

      この投稿は2019/10/5に世田谷がやがや館で開催されたニャーナラトー師の瞑想会で配布された御施本の内容を転載しています。

    • メモ
      メモ
      • 9本

      なんか好きなメモ

    • 自由に生きる ―タイ仏経僧として― プラユキ・ナラテボー
      自由に生きる ―タイ仏経僧として― プラユキ・ナラテボー
      • 11本

      2018/10/19第一九回日蓮宗教化研究所発表大会で行われたプラユキ・ナラテボー師(タイ仏教僧侶)「自由に生きる―タイ仏教僧として―」の特別発表が日蓮宗現代教化研究所から刊行されている「教化学研究10」に掲載されます。 そこから抜粋された小冊子『教化研究所10 抜刷 ■特別発表 自由に生きる ―タイ仏教僧として― プラユキ・ナラテボー』を転載します。 https://genshu.nichiren.or.jp/publications/ 日蓮宗現代教化研究所のサイトでは現在(2019/11/24)「教化学研究10」のpdfが刊行されていないのでサイトで読めるようになるか、もしくは何かトラブルがあったらすぐ引っ込めるかもしれません。

    • 新井英樹・入江喜和 画業30周年原画展トークショー有楽町編
      新井英樹・入江喜和 画業30周年原画展トークショー有楽町編
      • 7本

      2019/10/17〜10/30丸井有楽町店8階イベントスペースで漫画家新井英樹氏と入江喜和氏夫妻の画業30周年共同原画展が開催されました。 開催記念として10/20に行われたトークショーの様子を書き起こしします。 イベントの様子は録画録音撮影可能で、これを受けて録音したものを書き起こししましたが、何かトラブルがあったらすぐ引っ込めるかもしれません。

    • 新井英樹・入江喜和 画業30周年原画展トークショー錦糸町編
      新井英樹・入江喜和 画業30周年原画展トークショー錦糸町編
      • 8本

      2019/10/2〜10/15丸井錦糸町店6階イベントスペースで漫画家新井英樹氏と入江喜和氏夫妻の画業30周年共同原画展が開催されました。 開催記念として10/6に行われたトークショーの様子を書き起こしします。 イベントの様子は録画録音撮影可能で、これを受けて録音したものを書き起こししましたが、何かトラブルがあったらすぐ引っ込めるかもしれません。

11 自由に生きる―タイ仏教僧として―

 法華経といえば、私、観音様が大好きなのです。著書の中でも公言しています。法華経では、観世音菩薩普門品で 観音様が登場してきますよね。観音様は自由に三十三変化し…

10 自由に生きる―タイ仏教僧として―

 先ほど、自由になるにしたがって「世界から受ける影響力がだんだん減ってくる」という旨のことを述べましたが、 それは、私たちの発する言葉にも如実に表れてきます。 …

9 自由に生きる―タイ仏教僧として―

 ところで最近、こうした心の良き変化を求めて瞑想やマインドフルネスを実践する人たちがどんどん増えてきていますが、効果を実感する人がいる一方で、逆に、心の調子を崩…

8 自由に生きる―タイ仏教僧として―

 このあたりの機序をもう少し詳しく説明しておきたいと思います。  例えば、「怒りは悪」という見解にとらわれていると、自分自身の心にフッと湧いてくる怒りに対しても…

7 自由に生きる―タイ仏教僧として―

 スカトー寺にも、噂を聞きつけて日本人がやってくるようになりました。最初はスタディ・ツアーの大学生を受け入れていたのですが、だんだんと口コミで広がり、様々な年代…

6 自由に生きる―タイ仏教僧として―

 そうそう、日蓮宗では「法華経」をはじめとした三部経典を所依の経典としていますよね。その一つである観普賢菩薩行法経の一節に、「衆罪は霜露の如し、慧日能く消除す」…