宇都宮徹壱
【メイレビュー】6/13(Mon) 「時計の針は巻き戻せない! ハーフウェイクラブがJリーグに行く前に考えてほしいこと」えとみほ(南葛SCマーケティング部部長)〜 #ハフコミ 隔週報 vol.31
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【メイレビュー】6/13(Mon) 「時計の針は巻き戻せない! ハーフウェイクラブがJリーグに行く前に考えてほしいこと」えとみほ(南葛SCマーケティング部部長)〜 #ハフコミ 隔週報 vol.31

宇都宮徹壱

 みなさん、こんにちは! ハフコミウェビナーの「メイレビュー」を担当している五十嵐メイです。今回の特別講師には南葛SCから江藤美帆(えとみほ)さんをお迎えしました。

 えとみほさんは4年前、IT業界からJリーグクラブ(栃木SC)に転職しました。ITを活用した業務の効率化、SNSによる発信など、クラブのみならずサッカー界に大きな影響を与えてきた方です。そしてなんと、今年から関東リーグ1部の南葛SCへ!  

 ハーフウェイカテゴリーのクラブでの、えとみほさんの活躍に期待が高まる中、まさかハフコミでお目にかかれる機会がくるなんて! 私は緊張気味に当日を迎えました。

 実は私、Twitterのような瞬発力が求められるツールは、どちらかというと苦手(noteのように、時間をかけて文章を書くツールは好きですが) 。えとみほさんは、140文字以内でサッカー界の問題点などをわかりやすく伝えてくれるので、発信を見るたびに「すごいなあ」と思っていました。

 そんなえとみほさんに、今回お話いただくテーマは「時計の針は巻き戻せない! ハーフウェイクラブがJリーグに行く前に考えてほしいこと」。どんな内容になるのか、タイトルからはまったく想像できませんでした。 

■クラブが苦しくても手放してはいけない権利がある

 今回、私が特に印象に残ったのは、クラブの権利関係の話です。ハーフウェイカテゴリーのクラブが、Jリーグを目指す上で気をつけなければならないことを、ご自身の経験を踏まえて、赤裸々にお話してくださいました。

 今シーズンは、徐々に収容人数の制限が解除されたり、声出し応援の解禁に向けて実験実証が繰り返されたり、コロナ禍以前に戻していくための試みが行われています。それでもコロナ禍で受けたダメージで、今も苦しい経営を強いられているクラブは少なくないでしょう。

 コロナ禍に限った話ではありませんが、経営が苦しい時に甘い囁きに負けてしまい、クラブが持っていたさまざまな権利を手放してしまうケースは少なくないようです。でも、のちのちクラブが大きくなった時に、今よりも苦しい状況を強いられかねない。それが、今回のウェビナーのテーマでした。

 たとえばマーチャンダイジングの権利。これを手放してしまった状態で、クラブが大きくなってしまったら、グッズ収益で莫大な損失を被ってしまいます。今の収益には、そこまで大きな影響を与えていない場合でも、クラブの将来を見越して判断しなければ大変なことになってしまう。まさに「時計の針は巻き戻せない!」という、今回のタイトル通りです。

 それから「経営危機に陥っても、安易に増資をするのは危険」という話も。具体的にはどういうことでしょう。気になる方がぜひ、ハフコミの仲間になってみませんか? 会員になれば、過去のアーカイブで視聴することも可能。えとみほさんのお話以外でも、スポーツビジネスの現場で役立つ情報が盛りだくさんです。

■スポーツ出身の人材だけが活躍できるわけではない

 ちょうどこのウェビナーが開催された日、えとみほさんはTwitterのスペース機能を使用して、サッカー業界で働きたいと思っている学生の進路相談的なお話をされていました。

 サッカー業界で働きたいと考える学生さんは、意外と多いようですね。かくいう私も、大学生の頃はサッカークラブに就職したいと考えていました。けれども、学生のうちにやっておくべきことだったり、就職活動の仕方だったりがよくわからず、挫折した苦い記憶があります。結局、まったく別の業界に就職しましたが、営業職の経験が今に役立っていると思うことが多々あります。

 前回のハフコミウェビナーにご登場いただいた、福山シティFC代表の岡本佳大さんもそうですが、えとみほさんはもともとスポーツビジネスの世界で働いていたわけではありません。むしろIT業界で培ってきたものを、サッカー界に還元することで、ご自身の強みを発揮されてきました。

 えとみほさんのお話を聞いて「社会人のスタートがサッカー業界でなくても、まったく悲観する必要はないんだ」ということに気付かされました。現在、サッカーとは関係のない仕事をしているけれど、本当はサッカー業界に興味あるという方には、ハフコミのウェビナーはお勧めです。毎月、さまざまなジャンルの特別講師をお招きしていますので、新たな可能性が見つかるかもしれませんよ!

■次回のハフコミウェビナーは7月11日。特別講師は?

 今回も限定コミュニティだからこそ、密度の濃い内容の情報が盛りだくさんの2時間でした。えとみほさん、ありがとうございました!

 次回のハフコミウェビナーは7月11日の20時に開催。えとみほさんに続き、またしてもビッグな方を特別講師にお招きします(ヒントは「Bリーグ」)。なお次回は会員外向けのチケット販売はございません。気になる方はぜひ、この機会にハフコミへの入会をご検討くださいね!

 それでは来月のメイレビューを、どうぞお楽しみに! 

<この稿、了>

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
宇都宮徹壱

よろしければ、サポートをよろしくお願いします。いただいたサポートは、今後の取材に活用させていただきます。

宇都宮徹壱
写真家・ノンフィクションライター。ワールドカップから地域リーグまで、国内外のフットボールを幅広く取材。新著に『フットボール風土記 Jクラブが「ある土地」と「ない土地」の物語』。宇都宮徹壱ウェブマガジン主催。https://www.targma.jp/tetsumaga/