東京2020オリンピック・パラリンピック
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

東京2020オリンピック・パラリンピック

コロナ禍のオリンピックは開催を見合わせるという話もありました。
ですが、始まってみると選手から勇気をもらえるじゃないですか。
中でも印象に残っているのは、阿部一二三、詩両選手によるゴールドラッシュです。
ご存じの方も多いと思いますが、阿部一二三選手は、柔道を始めた小学1年生の時女子に投げ飛ばされてから、奮起して、座右の銘は「努力に勝る天才無し」だそうです。
目の前で妹詩選手が金メダルを取って、プレッシャーならないのかという話に「逆に燃えた」というのは大したメンタリティーだなと思いました。
東京オリンピックは始まったばかりですが、本当にコロナ禍の中元気がもらえます。
(私も始まるまで、オリンピック開催はどりらかといえば反対だった。)
歳がばれてしまいますが、歴代オリンピックの中で、印象に残っているのは、ロサンジェルスオリンピックのカール・ルイスです。
もちろんウサインボルトとかもすごいんですが、カールルイスは足が速いだけじゃなく走り幅跳びもできます。
ベン・ジョンソンとの100m走の死闘は、今も記憶に残っています。
コロナ禍のオリンピックということで、心配はあったんですが入念に準備した上での開催は国民のメンタルに良い作用をもたらしたと思います。
(終わりまで気が抜けませんが・・・)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
渋谷区幡ヶ谷にある「ものづくり」をテーマにした就労継続支援B型事業所Tentone(テントーン)です。自分がやりたいと思う仕事を、自分で選ぼう。生み出そう。 公式web→http://tentone.tokyo/