経理でスタートアップに行くならCADDiを薦める6つの理由(CFOや管理部長で転職活動中の方も必見)
見出し画像

経理でスタートアップに行くならCADDiを薦める6つの理由(CFOや管理部長で転職活動中の方も必見)

製造業の特殊加工品から最近ではプラントまで、モノづくり産業のプラットフォーム「CADDi」で経営管理を担当している伊藤です。

最近では事業の拡大に伴い仕事の幅もかなり広がってきており、益々仕事が面白くなってきました。一方で、今後の事業成長を考えると経理人材が圧倒的に不足しています。なので今日はキャディの経理の面白さについて詳細にお話しできればと思っています。

※キャディって何やってるの?どんな雰囲気?という方は以下リンク先をcheck!!

1.手触り感のある事業を行っている

ブランドムービーを見てもらうと分かる通り、ウェブ上で完結するようなサービスではなく、実際に製造品を届けることでサービスが完結する(そのためにクライアントやパートナーの業務改善まで行うこともある)非常に手触り感のある事業を行っています。

私も経営管理業務をやる中でお客様やパートナー様と関わることは多々あるのですが、ものづくりに携わる方は熱く、そして少し不器用で、人に対してとても温かい方が多いと感じる場面が多いです。言葉で表すのは難しいのですが、「あ、こういう熱い人たちが日本のモノづくりを支えてるんだな。めちゃくちゃ最高じゃん」と。そういった業界に対して手触り感を持ちながら根底から変えていくことに関われる仕事は最高に面白いなと感じます。

2.管理対象となる費用科目が多い

画像7

ここは面倒だと思う方と、ワクワクする方それぞれいそうですが(笑)。私的には面白い財務諸表だなーと思います。

一般的には、売上・人件費・広告宣伝費がチェックすべき科目になることが多いと思いますが、キャディの場合はモノを取り扱うため、仕入・運送費・人件費(各オペレーションごと)など見るべき科目の対象が多くなります。

あげていったらきりがないのですが、やること多く、僕だったらワクワクします笑

3.経営企画的なロールも担う機会が多い

画像2

2にも関係するのですが、上記にある通り管理すべき費目がこれだけあるため、しっかりとコストダウンし最適化していく必要があります。

そのためには、会計記録するだけでなくプロジェクト的にコスト最適化にも入っていただくことになるかと思います。

希望するなら社長室とともに経営企画的な動きでプロジェクトに取り組んでいただきたいです。経理だけじゃなく、経営企画的な頭の使い方をできる機会が多い会社という観点でも面白いと思います。
※4月から社長室長としてジョインした芳賀のnoteはこちら!

4.OCRやSaaSといったシステムの活用に積極的

画像3

経理では積極的に業務効率化につながるようなサービスを積極的に取り入れています。新しいやり方でどんどん効率化していくことが好きな方は楽しく取り組めるかと思います!
例)freee(会計システム), AI Inside(納品書内容のデータ化), Paild(コーポレートカードの発行),レシートポスト(経費精算)etc

経理知識がなくとも、マクロやアクセス・SQLを書ける方もチームに引き入れ、業務の最適化をどんどん図っています。

5.グローバル会計税務・連結の経験が積める

画像6

採用資料にもある通り今後は間違いなく海外取引が広がっていくかと思います。そうなった場合には会計・税務の観点でもIFRSやUSGAAP、移転価格税制といったグローバルにまつわる論点が発生してくるかと思います。

ここは完全に個人の見解ですが、グローバル展開が本格化した際には海外子会社といった形をとるのではないかと思っています(海外展開がなくとも将来的には新サービスの広がりなどで連結になる可能性は十分あると思いますが)※念を押しますが、あくまで個人の見解です

シンプルな財務諸表も楽でいいのですが、グローバル×連結といった会計論点の多い会社は、経理としてのスキルも上がりますし面白いんじゃないかと思います。

6.上場準備の経験が積める可能性

画像7

完全に未定ですが、キャディも将来的には上場の可能性は十分にあります。マーケットが大きいかつグローバルにも展開していく会社なので、大きい規模の上場になる可能性を秘めています。そういった会社のIPO準備の経験を積める場所というのはほとんどないのでは、と思います。

キャディ経理のペルソナ

画像6

キャディでは経理をまだまだ募集しています。全然足りていないです。ペルソナとしてはいくつかあるのですが代表的なものをあげさせていただきます。
①メガベンチャーや上場直後の会社で経理をやっている方
新しい事にどんどん取り組んでいくフェーズなので、ゼロイチで経理体制やオペレーションを作れる方の人数がとても重要です。出来上がった体制を正しくオペレーションを回すことよりも、オペレーションを作っていくことの方が重要です。そのため、新規事業が頻繁に立ち上がるようなメガベンチャーや上場直後の会社で経理担当または責任者としてオペレーションづくりに従事していたような方が合っているとみています。

②メーカー等で海外取引や連結などをやっていた方
上記にあげさせていただいた通り、今後海外や連結取引が拡大していく可能性があるため、海外や連結を経験していた方の経理人材もキャディにとって重要です。普通にやっていけば取引が拡大していくので、今のうちから入っていただけると大変心強いです。

補足:CFOや管理部長ロールで転職活動中の方へ

画像7

キャディは本気でUBERやAmazonといった規模の社会的インパクト・構造の変化の実現を目指しています。そのためにも、もしかしたらキャディでは管理部長・CFOといったポストにつけないかもしれないですが、他の会社では実現できないようなより規模の大きいコトを成し遂げられる可能性が十分にあります。

転職軸にもよりますが、ポストよりも社会に大きな影響を与えたいという思いが強い方は是非一度話だけも聞いていただけると幸いです。
※一応言っておくと私は管理部長でもなんでもないので、まだポストは空いてますよ笑

最後に

画像8

最後までお読みいただきありがとうございました!事業も人も、私が入社した2019年頃とは比べ物にならないスピードで拡大しています。その成長を支える&ドライブさせるためにも経理人材は重要です。

興味持っていただいた方は是非採用ページより応募をお願いします!(話を聞いてみたいだけの方も大歓迎)
https://herp.careers/ref/wlWOK1lR8RFdkJwbPYNOHvlMDKAyA1cYL6gJlv17flDK9eQYDYS733gZzezDSg4kqe8eMLIEyE233LoRs1kgZMJvAwsPJxZWAMe


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
製造業のポテンシャル解放に取り組む会計士です。ルーティンは「OK,Google 〇〇して」で終わらせたい。 GAS/Python/SQL 監査法人(EY)→弁護士ドットコム→キャディ