本巣市 もとまる|「もとまるの社会見学 ~みんなのよろこび みつけるも!~」

岐阜県本巣市のご当地キャラクター「もとまる」だもっ! 本巣市に関わる仕事や産業、働く人などを取材して、そのあふれる「魅力」や「よろこび」を伝えるも!

本巣市 もとまる|「もとまるの社会見学 ~みんなのよろこび みつけるも!~」

岐阜県本巣市のご当地キャラクター「もとまる」だもっ! 本巣市に関わる仕事や産業、働く人などを取材して、そのあふれる「魅力」や「よろこび」を伝えるも!

    最近の記事

    地域の温もりに触れる“鉄道マン”の仕事

    樽見鉄道で働く清水さんをもとまるが訪問 樽見鉄道は、岐阜県大垣市の大垣駅から本巣市にある樽見駅までの約35kmをつなぐローカル列車です。1956年の開業以来、地元の人たちの足として、また観光列車としても活躍しています。 南部の田園風景を抜け北へ走ると、車窓からは根尾川沿いの渓谷美が広がり、春には国天然記念物の淡墨桜、夏には青々とした柿畑、秋の紅葉、そして冬には山々を白く染める冬景色など鮮やかな四季の美しさが楽しめます。 今回は樽見鉄道の本社がある本巣駅をもとまるが訪問し

    スキ
    41
      • 天然記念物の桜を見守る"樹木医"の仕事

        国の天然記念物で日本三大桜でもある岐阜県本巣市根尾の淡墨桜。 樹齢1500年を超えてもなお、ごつごつした太い枝はたくましく、堂々とした姿を見せつけます。 その淡墨桜の“かかりつけ医”として8年間にわたって見守る樹木医の「大平猛司」さんに開花までを支える仕事について聞かせてもらいました。 地上17mから雪吊りの撤去作業 開花を目前にした3月中旬、淡墨桜は冬に備えた雪吊りを外す作業の真っ最中でした。 細かい枝の間に滑り込めるようにドラム缶を円すい型にした特製のゴンドラに乗り

        スキ
        59