見出し画像

2ヶ月間のハチミツ療法で子どもの視力が改善~バイオレゾナンスメソッドによる原因治療~

4歳の患者さん。
3歳児健診の視力検査で精密検査が必要になったため、20XX-1年10月に近くの眼科を受診したところ、視力検査で裸眼視力は右0.8 / 左0.8、矯正視力は右1.0 / 左1.0視力低下を指摘され、遠視と診断された。

視力低下の原因は不明であり、「眼鏡で対応するしかない」と言われ、以降は月1回の眼科通院をしていた。
また、保育園の歯科検診でう歯を指摘された。
原因治療を希望され、当院を20XX年6月下旬に当院を初診された。

食事アンケートでは、
パンは週3回、麺類は月2回
果物は好き(週3回)。干し柿が大好き。
・外食はほとんどしない
・間食は保育園のおやつ程度
とのことであった。

身体診察では、歯科金属は認めず、内科的な異常は認めなかった。

エネルギー検知器ゼロ・サーチで全身を観察したところ、

小腸(空腸)
炎症弱陽性、アレルギー反応陽性グルテン陽性合成界面活性剤陽性

肝臓
炎症弱陽性、アレルギー反応強陽性グルテン強陽性合成界面活性剤陽性水銀強陽性アルミニウム強陽性パラジウム強陽性

胸腺
炎症陰性、アレルギー反応陽性

両眼
炎症反応陰性、アレルギー反応陽性グルテン強陽性、合成界面活性剤陰性、水銀強陽性アルミニウム強陽性パラジウム強陽性エレクトロスモッグ(電磁波障害)強陽性

口腔内
炎症反応陽性、アレルギー反応陰性、グルテン強陽性メルカプタン(歯周病菌が出す毒素)強陽性

と推定された(下記画像参照)。

初診時ゼロ・サーチ推定所見

ゼロ・サーチ所見から、小腸・肝臓・両眼にアレルギー反応を起こしていると推定した。小腸は炎症弱陽性でリーキーガット症候群も併発していると推定した。

両眼に関しては、小麦グルテン+金属汚染+電磁波障害に伴うアレルギー反応が視力低下の原因になっていると推定した。特に水銀電磁波障害の共鳴が特に強かった。

食事・生活改善は、
小麦グルテンを減らすこと
電磁波曝露を軽減すること
合成界面活性剤を使わないこと
飲料水や食事からの金属汚染を減らすこと
をアドバイスした。

医療グレードのハチミツによる自然療法を希望されたため、
ゼロ・サーチで、「口腔内の歯周病菌を増やさずに、全身のアレルギー反応を改善させる」と推定されたシナモン(Honey in the garden社)を選択した。用量は1回大さじ1杯を1日2回摂取していただくことにした。

1ヶ月後の再診時、電磁波障害対策としてWi-Fiを夜間に切るようになってから、寝起きが良くなったとのことであった。

ゼロ・サーチでは、胸腺や両眼のアレルギー反応弱陽性、グルテン弱陽性、水銀弱陽性、パラジウム陽性、エレクトロスモッグ陽性と、複合汚染は前回より著明に軽減していた。両眼の細胞内エネルギー(ATP)は2~3(10段階)と弱かった(下記画像参照)。

持参された干し柿をゼロ・サーチで観察してみると、水銀汚染陽性と推定されたため、摂取を控えておくようアドバイスした。

第2診のゼロ・サーチ推定所見

両眼の治癒力を増加させるために、ハチミツはMarri(Honey in the garden社)をシナモンと併用することとした。両者を併用することで、ゼロ・サーチでは眼の細胞内エネルギー(ATP)が5まで増加すると推定された。

その1ヶ月後の再診時、8月下旬に眼科で視力の再検査を行ったところ、両眼とも1.2に改善したとのことであった(下記が眼科からの情報提供書)。

視力の再検査結果

ゼロ・サーチでは、
小腸や肝臓の炎症はほぼ陰性胸腺の炎症・アレルギー反応陰性両眼の金属汚染はほぼ陰性エレクトロスモッグほぼ陰性であった。
細胞内エネルギー(ATP)は10と回復していた(下記画像参照)。

第3診のゼロ・サーチ推定所見

持参された水道水、浄水器使用後の水道水、しょう油、はいずれも金属汚染陽性と推定したため、使用を控えるようアドバイスした。高性能浄水器の使用を推奨した。

歯科検診で指摘されているう歯も気になるとのことであったが、ゼロ・サーチではメルカプタン弱陽性と減少してきているため、進行は防ぐことができていると推定した。

視力は正常に改善したため、いったん終診とした。

【まとめ】
本患者さんの視力低下の原因は、化学物質+金属汚染+電磁波障害によるアレルギー症状によるものと推定されました。

眼科では原因不明ということでしたが、バイオレゾナンス医学では5つの病因に基づいた原因検索をゼロ・サーチで行うことで、このように原因を推定することが可能です。

そして、適切な食事・生活改善アドバイス医療グレードのハチミツによる原因治療を行うことで、2ヶ月間という短期間で視力を改善させることができました。

子どもは大人と比べて、精神的ストレス口腔内の異常(歯科金属・失活歯の根尖病巣など)といった「慢性病が治りにくくなる原因」を抱えていることが非常に少ないため、自然治癒を邪魔しているものを食事・生活改善で取り除き、細胞内エネルギーを増加させるハチミツを摂取させるだけで、本来の回復力を急激に取り戻すことが可能でした。

なお、ハチミツは医療グレードであっても、適切なものを選択しないと治癒力を妨げることになるため、注意が必要です。

当院はオンライン相談も行っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!