見出し画像

花咲くやさしい朝

熊谷珠樹フラワーアーティスト
「こどもみらい塾フラワークラス作品」

むらさき系の花は、頭の中をすっきりとさせてくれる。雑音が少しずつ消えていく様な、そんな感覚があります。

このお方たちは…子供は遊ぶのがお仕事だから、静寂とは無縁でしょうね。
ま、子供らしくて良い。

今回の花材はいたってシンプル。ドラセナとアスターと紫式部。アスターは一本に沢山の花を咲かせるので、分けて使うと立派なアレンジメントが出来上がります。

「使用花材」
「Mちゃん作品」

これは5年生のMちゃんが作ったアレンジ。紫式部をまとめ使いしているあたりが熟練ぶりをうかがわせます。

彼女はクラスの中でも最年長でとっても面倒見が良く、気が利いています。

「Mちゃんの小さなブーケ」

こうやって、残った花を余さず小さな花束を作って、みんなにプレゼントしていました。おもてなし力まで身につけているのですね。

え〜っ先生にもあるの?!・・・もう泣きそう。。

かけがえのないものを受け取った気がします。お花っていいね!と、原点を取り戻しました。

今朝見たら、花が少し開いていて、なんだか嬉しい。

やさしい朝をありがとう。


この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
熊谷珠樹フラワーアーティスト
東京・恵比寿で隠れ家サロンのフラワー教室を運営。パリのエスプリを感じながら、自分らしく花を飾り、理想のライフスタイルを実現する人たちを導いている。https://tamaki-flower.com/