- ふるさと富田林応援団 - 富田林愛と行動力を市政運営に!
見出し画像

- ふるさと富田林応援団 - 富田林愛と行動力を市政運営に!

新家拓朗 │ 地方公務員noteクリエイター

こんにちは、地方公務員の新家です。北海道猿払村に勤務しています。
今日は、ふるさと富田林応援団について書いてみます。

私も早速加入させていただきましたが、きっかけは富田林市の納さんがこちらのツイートをリツイートされていたことからです。

納さんとは、公務員コミュニティで昨年から交流をさせていただいていて、富田林市は行ったことがないものの、既に“状況が落ち着いたら行きたいマチのランキング”上位のマチで、最も行ってみたい自治体の一つとなりました。

さて、ふるさと富田林応援団とはどういうものでしょう。

※公式サイトより引用
大阪府内をはじめ全国各地には、本市に何かしらの所縁をお持ちで、遠くで暮らしていてもふるさと富田林を何らかの形で応援したいと考える方も多く、また、観光目的での来訪やふるさと寄附金などをきっかけに、本市に興味を持たれる方も存在します。これらの方々の富田林愛と行動力を市政運営に取り入れ、その活力やノウハウを活用することが、今後の本市の持続的発展には必要であると考えることから、このような方々を「ふるさと富田林応援団」として組織化し、地域活性化への取り組みへのご協力をいただくものです。

特典

✅ふるさと富田林応援団団員証の発行
✅定期的に富田林市に関する刊行物等の送付
✅富田林市内の登録店舗で優待・特典 など

富田林市が会員として期待すること

✅自身のSNSで富田林の魅力を発信!
✅市公式SNSのフォローと情報拡散!
✅「とんだばやしふるさと寄附金」をPR!
✅市主催イベント等への参加!
✅映画やテレビのロケーションの誘致!など

ご担当者様はnoteの記事で、
「ふるさと富田林応援団は、シティセールスのひとつの事業として実施します。富田林市から就学や就職で転出した人や富田林市にご縁がある人に団員に入ってもらい、富田林市をSNSや口コミなどで語ってもらい、富田林市を盛り上げていくための一つのきっかけとして機能すれば嬉しいです。魅力たくさんの富田林市を、みなさんのお力を借りながら広げていきたいです。まずは、あなたも富田林市の応援団になりませんか?」と綴っています。

素敵な団員証は、富田林在住のグラフィックデザイナー山際さんがデザインしたものだそうで、富田林の魅力発信をテーマとしたとのこと。

せっかく会員No.20を拝命しましたので、早速noteにて応援団の存在を知ってもらうべく今回記事を書かせていただきました。

富田林市は、公式ウェブサイトの他に各種SNSにて最新情報等を発信されています。

富田林市公式ウェブサイト
富田林市役所総合Facebookページ
とっぴー@富田林市公式キャラTwitter
富田林市公式note
インターネット番組「富田林テレビ」

積極的にSNS等を活用し、市民やその他の人にも情報を届けようとする強い意思を感じる充実したラインナップです。猿払村も参考とさせていただきたいです。

先日は、せとうちファンクラブについてもご紹介しました。私は、これで3つのマチに関わりを持つこととなりました。3つのマチのファンといえるでしょう。

北海道東川町
岡山県瀬戸内市
大阪府富田林市

きっかけは、そのマチの取組みだったり、ヒトとの出会いであったり様々です。
猿払もふるさと納税や特産品の情報をSNS等で広める取組みをしていますが、一人ずつファンを増やしていくことが大切だと思っています。

そのために、継続的な関わりを持とうとする今回の富田林市さんの取組みはとても勉強になります。猿払村には、どういう形が望まれるのか考えることを続けていきます。

それでは、また。

画像1

画像2

画像3

画像4



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝いたします😄
新家拓朗 │ 地方公務員noteクリエイター
猿払村を愛する人┃ SNSを駆使した地域プロモーションがライフワーク┃drip / Pau lSmith 愛用┃ #さるふつLIFE