桑畑 健
ファミリハつくばのオープニング記念パーティーで、新しい医療のカタチを見た。
見出し画像

ファミリハつくばのオープニング記念パーティーで、新しい医療のカタチを見た。

桑畑 健

5/4の開催からだいぶ経ってしまいましたが、つくば公園前ファミリークリニック(以下、ファミリハつくば)のオープニング記念パーティーに行ってきました(関わらせていただきました)ので感想も含めて、こちらに残したいと思います。

つくば公園前ファミリークリニックのオープニング記念パーティーのフライヤー


10:00の開会スピーチ。敷地が広いところを広角レンズで撮ったので
人がまばらに見えますが(汗)、実際はスタート時から予想以上の賑わいでした。
門をくぐって一番最初は、ここで受付をしてバルーンのプレゼントをもらいます。
バルーンアーティストのBashicoBallooNさんも駆けつけてくれました。
クリニックのエントランスは、お祝いの贈り物でいっぱいでした。
一枚では収まりきらず、別の角度から。
現在準備中のファミリハつくばのコンセプト『BE PLAYFUL!!』の象徴となる写真。
一足早く、階段スペースにて展示しました。
写真左の丘はクリニックが意図的につくったもの。
子どもたちはこのように丘の上で遊ぶことによって、筋力とバランスが向上するとか。
クリニック2Fから撮った敷地内の様子。
この後、徐々に人が増えてきて、延べ500名を超える来場者数に!
2Fのリハ室。子どもも大人も楽しく運動できる仕掛けがたくさんあります。
DAMBOの代表柴田さんからいただいた段ボール素材でできたペーパクラフト。
ファミリハつくば x DAMBO で進行中の企画があるとのこと。


オオニシ体育株式会社の巧技台。ファミリハつくばのオリジナル版です。
使わない時は奥の収納に全て収まります。
院長の中川将吾先生はこの日はご挨拶で大忙し。
入口すぐのところで子どもたちをお迎えします。
わかりづらいかもしれませんがマグロの解体ショーです。
2Fの内覧が始まるときは2Fの下駄箱に来場者の靴が収まりきらずに階段まで。
2Fのリハ室の内覧も大盛況。
中央のボルダリングを登る子どもや、ランニングマシーンにトライする子どもも。
出店で買ったスイーツ。チョコミントが残念ながら売り切れ。
売り切れるくらい売れていたのです。
茨城ご当地キャラのねば〜る君も盛り上がりを見せていました。
ねば〜る君が、
伸びます。

まとめ

開業2日前に開催したオープニング記念パーティーでは、500名以上が参加し、当日の診察予約数は34名を記録しました。公共交通機関からのアクセスが厳しく、マスメディアによる宣伝も無い中で、予想以上の驚くべき成果だと思います。
地域および関係者のファミリハつくばへの期待の高さがわかります。

オープニング記念パーティーでは、ファミリハつくばの“未来の日常”を体現することを大切にしていたとのことです。
「一般的なオープニングイベントでのお披露目や日常では行わないおもてなしをメインとする“内覧会”とは明確に異なる」と、来場者からも驚きの声をいただきました。

おまけ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
桑畑 健
一般社団法人日本医療デザインセンター/代表理事、デザイナー。 Jump Start 株式会社/代表取締役、クリエイティブ・ディレクター。