見出し画像

ワギュジスカンを爆誕させた固定観念を崩す進化

堀江貴文(Takafumi Horie)

『WAGYUMAFIA』初の横丁業態『WAGYUMAFIA DISTRICT』にある和牛ジンギスカンことワギュジスカン。焼肉ともつ鍋とジンギスカンをハイブリッドさせたこの業態が、今常連さんの中で密かな人気になっている。ありそうでなかった和牛ジンギスカン。
 そもそも北海道出身の満州移民がモンゴル族に教わった不思議な鍋で羊を焼いて食べるジンギスカン。言わずと知れたモンゴルの英雄「チンギスハーン」から名付けられた。北海道は軍服の羊毛調達のため羊飼育を推奨したこともあり羊肉が手に入りやすかったのもあってか、今は主に輸入肉だが道民のソウルフードとなった。“ジンギスカン=羊肉”という固定観念は根強い、というか羊肉食の代名詞であろう。

 そんなジンギスカンは思わぬところで固定観念を崩され進化を遂げる。日本からの移民や駐在員の多いタイのバンコクに駐在員あたりがもちこんだジンギスカン鍋を見たタイ人が、バンコクでは手に入りにくい羊肉の代わりに豚肉を使い出したのは自然なことだ。
 そしてあろうことが、肉から染み出す脂を余さずキャッチするために豚骨スープを周りに張ったのである。「ムーガタ」(豚鍋)の誕生だ。私は偶然にもタイ人の間で人気のこの鍋を数年前に食すことになる。ひとしきり肉と野菜を食べた後に当たり前のように「麺をください」と店員に頼んだ。

※この続きや日々更新される記事の全文は、個別購入以外にnoteにて月額864円の『堀江貴文のブログでは言えない話』への加入でも読むことができます。
★note版『堀江貴文のブログでは言えない話』
https://note.com/takapon/m/m6f25f310b0e9

この続きをみるには

この続き: 647文字

記事を購入

300円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!