見出し画像

lost

人のぬくもりがうるさく響く夜が来て
君が遠く遠く、離れたと知った

認められたい暖められたいと思っては
星を数えて
心が欲しい 感情が欲しいと思っては
涙が乾いて落ちた

知らない人の優しさに触れて
欲しくない心をぶつけられたとき
君を本当に失ったと知った


#詩 #ポエム #恋愛 #失恋 #写真 #エッセイ #小説 #片想い #夜景 #イルミネーション #東京

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
人生の小さい切なさを大げさな散文にしたり、現実感がふわっとしたエッセイを書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。