岩崎輝央/編集者

81年生/出版社キノブックス勤務/ビジネス書編集者から小説編集者に脱皮中/過去の担当作や編集についてなどを書きます/好きな言葉は「差別化」/ オンラインサロン「t.i 小説編集ラボ」主催 https://camp-fire.jp/projects/view/80826

ひとつの本の書評をよみくらべてみる。

発売からひと月がたちまして、 ありがたいことにいくつかの媒体で取り上げられた 『アネモネの姉妹 リコリスの兄弟』(古内一絵 キノブックス刊) の書評をいくつか、一…

本は家のインテリアになるのか?

飲みかけのコーラのペットボトルを冷蔵庫に戻すときに、 いかに炭酸を抜かないようにするのか悩んでいます。 いまはフタを逆さにして保管していますが、 結局一度で飲み切…

編集者にしか書けない「アネリコ」裏話

小説『アネモネの姉妹 リコリスの兄弟』担当編集者が、製作裏話をしちゃいます。 さてさて。 この小説はもともと、キノブックスのwebマガジン「キノノキ」に2018年5月~2…

まだ夏なのに「2019年最大の収穫!」と言わせた小説とは?

こんにちは! キノブックスという出版社で編集者をやっている岩崎といいます。 「素晴らしい! 2019年最大の収穫といって良い作品!」 「あー、こういうのが読みたかっ…

この小説家を知らないのはマズイ!

★古内一絵さんという作家を知っていますか?★ 古内さんの作品「マカン・マラン」四部作が最近、数多くの書店でフェアが組まれ、いま、書店員の間で非常に注目されている…

小説のプロモでプラモを作った話

6月9日にキノブックス文庫から出た『ゴールデンラッキービートルの伝説』という小説の編集を担当しました。 この小説は2012年に新潮社から出版されていて、通常の流れで…