Syncable(シンカブル)| 寄付集めに役立つ情報を発信中!

Syncableのご利用団体に向けて、カスタマーサクセスチームが、運用のヒント・参考事…

Syncable(シンカブル)| 寄付集めに役立つ情報を発信中!

Syncableのご利用団体に向けて、カスタマーサクセスチームが、運用のヒント・参考事例など、Syncableで「仲間を集めたい」を叶えるための学びをお届けします。 利用ご検討の方はこちら → https://service.syncable.biz/associate_top

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

Syncable 公式noteの歩き方

こんにちは!Syncable公式noteを閲覧いただきありがとうございます。 カスタマーサクセス部の武藤と申します! このnoteでは、Syncable公式noteの各マガジンの紹介や上手な活用方法―歩き方―をご紹介いたします。 ファンドレイジング(寄付集め)に役立つコンテンツをぜひ活用してください! Syncableについて知りたいあなたに色々なファンドレイジング方法を知りたいあなたにファンドレイジングの成功事例を学びたいあなたに毎月のイベントが気になるあなたにカイゼ

    • [IMPACT SHIFT2024]どこよりも早い現地レポート⑨(アカデミアxインパクト「“インパクト”という評価軸は社会に何をもたらすのか?」)

      Syncableを運営する株式会社STYZ(スタイズ)は2024年3月3日(日)に開催されるIMPACT SHIFT2024にスポンサー協賛しています。 当日参加するメンバーが気になったお話や登壇テーマを現地レポートします。 本記事は、本イベントStageBの4つ目のセッション「“インパクト”という評価軸は社会に何をもたらすのか?アカデミアの知と実践を、エコシステムとして活かすために」のレポートです。 登壇者のご紹介今回の登壇者のみなさんの共通点は「大学・アカデミア」。 研

      • [IMPACT SHIFT2024]どこよりも早い現地レポート⑧(NEXT IMPACT PITCH)

        Syncableを運営する株式会社STYZ(スタイズ)は2024年3月3日(日)に開催されるIMPACT SHIFT2024にスポンサー協賛しています。 当日参加するメンバーが気になったお話や登壇テーマを現地レポートします。 本記事は、本イベントStageAの4つ目のセッション「NEXT IMPACT PITCH」のレポートです。 登壇者起業家のご紹介amu株式会社 谷川さん海洋プラスチックごみのなかで、最も多いのが漁具。海の中に捨てられてしまっている漁具が自然分解されるま

        • [IMPACT SHIFT2024]どこよりも早い現地レポート⑦(グローバルxインパクト「アジアに広がる社会課題のポテンシャルを考える」)

          Syncableを運営する株式会社STYZ(スタイズ)は2024年3月3日(日)に開催されるIMPACT SHIFT2024にスポンサー協賛しています。 当日参加するメンバーが気になったお話や登壇テーマを現地レポートします。 本記事は、本イベントStageBの3つ目のトークセッション「アジアに広がる社会課題のポテンシャルを考える-日本が目指すべき"東洋型のインパクト"とは-」のレポートです。 登壇者のご紹介 東洋型インパクトとは?五十嵐さん:私が西洋から学んだことは3つあ

        • 固定された記事

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • What's New - お知らせ
          Syncable(シンカブル)| 寄付集めに役立つ情報を発信中!
        • Bussiness - 事業内容・サービス
          Syncable(シンカブル)| 寄付集めに役立つ情報を発信中!
        • What - プロジェクト・事例
          Syncable(シンカブル)| 寄付集めに役立つ情報を発信中!
        • 寄付集めについてよく聞かれること
          Syncable(シンカブル)| 寄付集めに役立つ情報を発信中!
        • How to - 方法論
          Syncable(シンカブル)| 寄付集めに役立つ情報を発信中!
        • Syncableイベント情報
          Syncable(シンカブル)| 寄付集めに役立つ情報を発信中!

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          [IMPACT SHIFT2024]どこよりも早い現地レポート⑥(ゼブラ企業「スタートアップ」の二項対立を乗り越える」)

          Syncableを運営する株式会社STYZ(スタイズ)は2024年3月3日(日)に開催されるIMPACT SHIFT2024にスポンサー協賛しています。 当日参加するメンバーが気になったお話や登壇テーマを現地レポートします。 本記事は、本イベントStageAの3つ目のトークセッション「「スタートアップ」の二項対立を乗り越える-ゼブラ流、パーパスドリブンなファイナンス戦略-」のレポートです。 登壇者のご紹介セッション概要登壇者メッセージスタートアップの多様性や挑戦を支援できる

          [IMPACT SHIFT2024]どこよりも早い現地レポート⑥(ゼブラ企業「スタートアップ」の二項対立を乗り越える」)

          [IMPACT SHIFT2024]どこよりも早い現地レポート⑤(クリエイティブxインパクト「デザインは社会課題の複雑性を超えられるのか」)

          Syncableを運営する株式会社STYZ(スタイズ)は2024年3月3日(日)に開催されるIMPACT SHIFT2024にスポンサー協賛しています。 当日参加するメンバーが気になったお話や登壇テーマを現地レポートします。 本記事は、本イベントStageBの2つ目のトークセッション「デザインは社会課題の複雑性を超えられるのか-共感の波を起こすイシューデザイン-」のレポートです。 登壇者のご紹介複雑性をどう超えられると思うか?近藤:図解、ビジュアルにすることを仕事にしている

          [IMPACT SHIFT2024]どこよりも早い現地レポート⑤(クリエイティブxインパクト「デザインは社会課題の複雑性を超えられるのか」)

          [IMPACT SHIFT2024]どこよりも早い現地レポート④(ソーシャル「資本主義は贈与経済と交わるのか」)

          Syncableを運営する株式会社STYZ(スタイズ)は2024年3月3日(日)に開催されるIMPACT SHIFT2024にスポンサー協賛しています。 当日参加するメンバーが気になったお話や登壇テーマを現地レポートします。 本記事は、本イベントStageAの2つ目のトークセッション「資本主義は贈与経済と交わるのか-非営利セクターを取り巻くシステムの変容-」のレポートです。 登壇者のご紹介インパクトシフトとは小沼さん:問題の普遍性が高く、難易度が低いものはビジネスで解決しや

          [IMPACT SHIFT2024]どこよりも早い現地レポート④(ソーシャル「資本主義は贈与経済と交わるのか」)

          [IMPACT SHIFT2024]どこよりも早い現地レポート①(基調セッション「Shift to Impact」)

          Syncableを運営する株式会社STYZ(スタイズ)は2024年3月3日(日)に開催されるIMPACT SHIFT2024にスポンサー協賛しています。 当日参加するメンバーが気になったお話や登壇テーマを現地レポートします。 本記事は、本イベント1つ目のトークセッション「SHIFT to IMPACT-2024年、「インパクト」の現在地を語る-」のレポートです。 登壇者のご紹介イベント概要オープニングセッションイベントの最初は、インパクトスタートアップ・起業家支援の先駆者た

          [IMPACT SHIFT2024]どこよりも早い現地レポート①(基調セッション「Shift to Impact」)

          [IMPACT SHIFT2024]どこよりも早い現地レポート③(ガバメントxインパクト「インパクトは企業と行政の共創をどう前進させるのか」)

          Syncableを運営する株式会社STYZ(スタイズ)は2024年3月3日(日)に開催されるIMPACT SHIFT2024にスポンサー協賛しています。 当日参加するメンバーが気になったお話や登壇テーマを現地レポートします。 本記事は、本イベントStageBの1つ目のトークセッション「インパクトは企業と行政の共創をどう前進させるのか-官民連携の最前線を語る-」のレポートです。 登壇者のご紹介セッション概要登壇者自己紹介・メッセージ自治体との実証実験をデザインする 伊藤 大

          [IMPACT SHIFT2024]どこよりも早い現地レポート③(ガバメントxインパクト「インパクトは企業と行政の共創をどう前進させるのか」)

          [IMPACT SHIFT2024]どこよりも早い現地レポート②(インパクトスタートアップ「経済性と社会性は両立するのか」)

          Syncableを運営する株式会社STYZ(スタイズ)は2024年3月3日(日)に開催されるIMPACT SHIFT2024にスポンサー協賛しています。 当日参加するメンバーが気になったお話や登壇テーマを現地レポートします。 本記事は、本イベントStageAの1つ目のトークセッション「経済性と社会性は両立するのか-政府、金融、スタートアップの交錯点-」のレポートです。 登壇者のご紹介 高塚(モデレーター):インパクト投資は各側面から断片的に語られることが多い。この場では整

          [IMPACT SHIFT2024]どこよりも早い現地レポート②(インパクトスタートアップ「経済性と社会性は両立するのか」)

          【Syncable導入団体様限定】原宿駅から徒歩5分の弊社オフィスでイベントを開催しませんか?

          株式会社STYZ Syncable運営事務局です。 この度、Syncableをご利用いただいている非営利団体様向けに、原宿駅から徒歩5分の場所に構える弊社オフィスのスペースをイベント/お打ち合わせ用にお貸しするサービス『Syncable LOUNGE』を開始しました。 ■『Syncable LOUNGE』サービス開始の背景私達は支援者様と団体様が繋がるサービスとしてSyncableを運営しており、寄付キャンペーンの伴走支援を通してたくさんの非営利団体様とお話しさせていただ

          【Syncable導入団体様限定】原宿駅から徒歩5分の弊社オフィスでイベントを開催しませんか?

          Syncable7周年!「施す寄付から、託す寄付へ」

          いつもSyncableをご利用頂きありがとうございます。 令和6年能登半島地震にて、犠牲になられた方々に心よりお悔やみ申し上げるとともに、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。 昨年の2023年12月26日でSyncableはサービスリリースから7周年を迎えました。Syncableをご利用いただいているお客様に心より御礼申し上げます。 Syncableは7周年を機に、新たなビジョン・ミッションをもって、さらなるデジタルファンドレイングの推進に寄与してまいります。

          Syncable7周年!「施す寄付から、託す寄付へ」

          Brand Pledgeのご利用方法をご紹介します

          Brand PledgeとはBrand PledgeはNPO・NGO等の団体へのブランド品寄付サービス。ブランド品買取サービス「ブランディア」と寄付プラットフォーム「Syncable」との共同サービスです。 「どこよりも高く売りたい / 早く現金が欲しい」に応えるサービスは多く生まれてきています。一方で、「使わなくなった洋服やブランド品を寄付して社会に役立てたい」という願いに応えるサービスは多くありません。Brand Pledgeはこういった願いを叶えられるサービスです。 洋

          【HAPIC】ITツールを活用したNGOの組織内DX

          はじめに2023年11月11日(土)に開催されたHAPIC。Syncableから6名のメンバーが参加させていただきました。ブレイクアウトセッションではSyncable事業責任者の井上が登壇させていただき、他の事業者様とNGOの組織内DXに関して意見交換を行いました。 本記事はブレイクアウトセッション6「ITツールを活用したNGOの組織内DX」のレポートとなっております。ぜひ最後までご覧ください。 HAPICとは?みんなで未来を創造する、参加型アイデアカンファレンス HA

          BEYOND2023 どこよりも早い現地レポート(トークセッション⑥)

          2023年10月7日(土)に開催されるBEYOND2023に、Syncableから2名参加しております。気になったお話や登壇テーマを現地レポートします。 本記事はトークセッション⑥「ビジネスで解決できない社会課題をどのような手段を使って解決していくべきか。明日から始めることのできるアクションを模索する」のレポートです。 登壇者のご紹介問い:ソーシャルセクター盛り上がっていない感じがあるがどうか?白井さん:やはりリソースが無い。チームを作ったりプランを作るにも、そこを作るリ

          BEYOND2023 どこよりも早い現地レポート(トークセッション⑥)

          BEYOND2023 どこよりも早い現地レポート(トークセッション⑤)

          2023年10月7日(土)に開催されるBEYOND2023に、Syncableから2名参加しております。気になったお話や登壇テーマを現地レポートします。 本記事はトークセッション⑤「IVS KYOTOに続くインパクト投資家大集合セッション」のレポートです。 登壇者のご紹介問い:断るときの理由って何が多いですか?秦さん:マーケットレイトを狙うファンドとしては、スケールできなさそう。目の前の社会問題に深く集中しているけれど対象が多くない事業には投資しないよう姿勢。 山中さん

          BEYOND2023 どこよりも早い現地レポート(トークセッション⑤)