ちひろ|微生物とシンバイオシス

私たちの体の内外、地球上に微生物があふれていることを知りました。 世の中は目に見えるこ…

ちひろ|微生物とシンバイオシス

私たちの体の内外、地球上に微生物があふれていることを知りました。 世の中は目に見えることがすべてではないし、ひとりぼっちでもないということを微生物は教えてくれます。というのを伝える仕事。 シンバイオシス株式会社、微生物事業部の研究員(なりたて)。 毎週火曜10時(と金曜?)更新

マガジン

  • 私たちの一生とマイクロバイオーム

    生まれた瞬間から私たちが塵となるまで、ずっと一緒に生きていくマイクロバイオームたち。 彼らは私たちの一生に、どんなふうに寄り添っているのだろうか? マイクロバイオームは、私たちの体の成長にどんなふうに影響しているのだろう? 子どもたちのために私たちができることはあるのだろうか? 菌たちをもっと身近に感じるマガジン。

  • 腸内細菌おすすめ記事

    筆者がいいなと思った記事を追加しています。

  • 疾患とマイクロバイオーム

    感染症だけではなく、アレルギーや心疾患、精神疾患、腸の病気などさまざまな疾患に微生物たちの働きが関係しています。 え、こんな病気も細菌に関係があるの!?と驚くかもしれません。 「ここ数十年で特に増えた」そんな病気は要注意かも。

  • マイクロバイオーム最新論文を紹介するマガジン

    マイクロバイオーム、腸内細菌に関する論文は、この10年で指数関数的に増えています。 私自身すべて追えないのが現状ですが、'gut microbiome' 'FMT'などのキーワードで集めた論文を定期的に紹介します。

  • 研究員の小さなつぶやき

    夢の中でも微生物のことを考えているような毎日ですが、微生物じゃない日常もちゃんと持っています。にんげんだもの。 異分野に首をつっこむのが大好きな研究員のつぶやき。

最近の記事

  • 固定された記事

このnoteで学べること(微生物初級〜中級)

このnoteは、シンバイオシス株式会社の微生物事業部に所属する「ちひろ」(山本千尋)が運営しています。 「細菌」「ウィルス」などと聞くと、どうしても殺菌したい、消毒したいという思いに駆られる方も多いかもしれません。 細菌をはじめとした微生物がいない世界をすこし想像してみましょう。 納豆やヨーグルト、ワイン、日本酒、パンがなくなります。 地球が動植物の死骸だらけになります。 風邪をひいてお母さんが特別にぶどうを買ってきてくれることもなくなります。 うんちの量がかなり減りま

    • どの国に生まれるかでマイクロバイオームはこんなに変わる

      どの国に生まれるかで人生が変わる。 良くも悪くも、そのとおりだろう。 一方で、どの国に生まれても変わらない事実もある。 細胞の数、時間の流れ、両親の存在。 私たちと共生するマイクロバイオームは、どの国に生まれるかで変わるのだろうか? 答えは、イエスだ。 ただし、裕福で平和な国に生まれることとマイクロバイオームに恵まれることは、必ずしも一致しないかもしれない。 ここでは、国ごとに特徴的な子どものマイクロバイオームを紹介し、子どもたちのマイクロバイオームが彼らの発達にどの

      • 用語解説の記事を更新しました。「この言葉も載せて〜」というリクエストがあればお気軽に。 https://note.com/symbiosis17/n/nd4cb355a16de

        • がんとFMT(糞便微生物移植)の研究まとめ

          以前の記事で「がんと腸内細菌」をざっくりまとめたけれど(がんにもいろいろあるのはちょいと置いておいて)、 腸内細菌ががんに関わっているならば、腸内細菌をコントロールすることで治療を試みたいと思うのが人の常というものだ。 FMTという治療法についての詳しい解説は別の機会に譲るとして、この方法はまだ各疾患に対する治験が行われている段階にある。 (参考:腸内フローラ移植臨床研究会) 今回の記事では、様々ながんにFMTが役立つ可能性があるか、世界中の研究者が試している様子を届けた

        • 固定された記事

        このnoteで学べること(微生物初級〜中級)

        マガジン

        • 私たちの一生とマイクロバイオーム
          10本
        • 腸内細菌おすすめ記事
          4本
        • 疾患とマイクロバイオーム
          2本
        • マイクロバイオーム最新論文を紹介するマガジン
          7本
        • 研究員の小さなつぶやき
          6本
        • 100万分の1の微生物の世界を泳ぐコラム集
          7本

        記事

          no.7 マイクロバイオーム研究の最新論文紹介(微生物、腸内細菌の最前線)

          今回は「マイクロバイオームを浮き彫りにする」という特集がイチオシです。 さくっと読めるものでは到底ないですが、さまざまな論文が掲載されていて、本を一冊以上読むに匹敵するボリューム。 ほかに個人的に面白かったのが、FMTに関する論文。(★をつけています。) ゲノム解析技術が手軽に使えるようになり、目に見えないマイクロバイオーム、腸内細菌に関する論文は、この10年あまりで指数関数的に増えています。 ここでは、PubMedで'gut microbiome' 'FMT'などのキー

          no.7 マイクロバイオーム研究の最新論文紹介(微生物、腸内細菌の最前線)

          【2024年最新】 腸内細菌と「がん」の関係を論文に基づいてまとめてみました。

          腸内細菌とがんは、いずれもヒトの免疫システムに相互に関わっているという点などから、関連性が指摘されている。(1)(2) 腸内細菌叢のバランスの乱れががんの発生や進行につながるのではないかというところを出発点として、特定の腸内細菌が鍵を握っているかもしれないという研究もある。 腸内細菌は、がんを治療したい患者さんにとって敵なのだろうか。それとも味方なのだろうか。 腸内細菌とがんという膨大なテーマを、ひとまずこの記事に詰め込んでいますので、必要な箇所だけ読んでいただいてもO

          【2024年最新】 腸内細菌と「がん」の関係を論文に基づいてまとめてみました。

          猫は絶対に実験に使うな 〜科学の限界と芸術の創造力

          科学者には、運動好きと芸術好きが多い。 これは別に統計に基づくわけでもなんでもないことだけれど、すくなくとも消防士や弁護士、人事担当者、農家、株式仲買人なんかに比べて著しく少ないという印象はない。 彼らは個人的趣味の範囲で楽しんでいるということももちろんあるだろうけれど、運動や芸術については、本業にも活きるようなメリットが多いようなのだ。 何しろ、科学者というものは「プライベートも本業に活かせ」という人種と言えなくもないのだから。 愛読している雑誌を読んでいると、特に芸

          猫は絶対に実験に使うな 〜科学の限界と芸術の創造力

          ぜんぶ読んで選んだ、(入門〜上級)微生物・腸内細菌をもっと学ぶためのおすすめ一般書12選

          何かを学ぶとき、どんなふうに学びはじめますか? ネット検索、スクールや習い事に通う、動画を見る、本を読む。 私は、だんぜん本を読む派です。 まずはネットでおおまかなあたりをつけて、本をしっかり読みます。 ネット検索のいいところは、短時間で必要な情報を(その信頼性はともかく)さくっと得られるところ。 本は、体系的にしっかり学べます。 どういうわけか、本で学んだほうが忘れにくい気がします。 というわけで、このnoteでもできるだけ体系立てて少しずつ知識を学べるように組み立

          ぜんぶ読んで選んだ、(入門〜上級)微生物・腸内細菌をもっと学ぶためのおすすめ一般書12選

          No.6  マイクロバイオーム研究の最新論文紹介(微生物、腸内細菌の最前線)

          今回は、日本の論文で面白いものをいくつかピックアップしたものを混ぜています。 個人的に面白いなと思ったものは、☆をつけています。 ゲノム解析技術が手軽に使えるようになり、目に見えないマイクロバイオーム、腸内細菌に関する論文は、この10年あまりで指数関数的に増えています。 ここでは、PubMedで'gut microbiome' 'FMT'などのキーワードで集めた論文を定期的に紹介します。 新しい論文はまだ評価が定まっていないこともあり、鵜呑みにするのは危険な一面、研究の

          No.6  マイクロバイオーム研究の最新論文紹介(微生物、腸内細菌の最前線)

          菌の視点からみる母乳とミルク、そして離乳食の荒波

          私たちは、私たちの食べたものでできている。 大人になると、この実感はやや薄くなってくる。 けれど、毎日ぐんぐんからだが大きくなっていく赤ちゃんを見ていると、彼らの食べるものがほんとうに彼らの体を作っているのだという感覚を抱く。 それでは、彼らの食べるものはマイクロバイオームたちのからだも作るのだろうか? 答えはほぼ間違いなくYESだ。 今日は、母乳や粉ミルク、そして離乳食がどんな菌たちを育むのか、わかっていることを紹介してみたい。 ※本記事は「腸内細菌は何歳までに決

          菌の視点からみる母乳とミルク、そして離乳食の荒波

          No.5 マイクロバイオーム研究の最新論文紹介(微生物、腸内細菌の最前線)

          初期のころは細菌の顔ぶれ(種)と疾患の関連付けの論文が目立ちましたが、最近は代謝(機能)やトランスクリプトームに焦点を当てている研究が多いように思います。 ゲノム解析技術が手軽に使えるようになり、目に見えないマイクロバイオーム、腸内細菌に関する論文は、この10年あまりで指数関数的に増えています。 ここでは、PubMedで'gut microbiome' 'FMT'などのキーワードで集めた論文を定期的に紹介します。 新しい論文はまだ評価が定まっていないこともあり、鵜呑みに

          No.5 マイクロバイオーム研究の最新論文紹介(微生物、腸内細菌の最前線)

          赤ちゃんの腸内細菌が担う機能と、ダブり機能の重要性

          前回の記事では、腸内細菌の生態系が幼少期に決まることや、赤ちゃんが1歳までに獲得する腸内細菌の顔ぶれや多様性について話をした。 今日は、彼らが実際に赤ちゃんの成長にどれほど貢献してくれているか、その機能を果たすためにどれほど強固なバックアップ体制を築いているかを見ていこう。 ※本記事は「腸内細菌は何歳までに決まる? 赤ちゃんから子どもへの成長とともに歩む菌たちのこと」シリーズの一部です。 別のシリーズ「全プレママ&パパに届けたい、妊娠・出産とマイクロバイオーム全まとめ(腸

          赤ちゃんの腸内細菌が担う機能と、ダブり機能の重要性

          無肥料栽培を目指して、農業のど素人がまずやったこと

          「わたしらって、環境負荷かけすぎじゃない?」 はじまりは、夫とのそんな会話だった。 我が家は、2歳の娘を含めてみんな大食いである。特に、お米と野菜が大好物。 (食物繊維摂取量が多いので、当然ウンコの量も3人とも多い。私は月に何度かトイレを詰まらせる。節水型トイレでは流れない。) ほぼすべての人類は我々より少食だし、中にはまったく食べないブレザリアンという哲学的とさえ言える存在もいる。 「わたしらって、人類としてコスパ悪くない?」 夫と私はよくこういう会話をし、なんらか

          無肥料栽培を目指して、農業のど素人がまずやったこと

          赤ちゃんとマイクロバイオーム “First 1000 Days”(最初の1000日)の重み

          “First 1000 Days”ー最初の1000日ー、この表現はヒトとマイクロバイオームの関係を語るうえで大きな意味を持つ。 1000日とは生まれてから約3年間のことを指し、この期間に形成されたマイクロバイオームの生態系は、その後の長い人生を共に歩むことになるパートナーたちの顔ぶれを決めるベースとなる。 この数字は、どこから出てきたのだろう? ※本記事は「腸内細菌は何歳までに決まる? 赤ちゃんから子どもへの成長とともに歩む菌たちのこと」シリーズの一部です。 別のシリー

          赤ちゃんとマイクロバイオーム “First 1000 Days”(最初の1000日)の重み

          腸内細菌は何歳までに決まる? 赤ちゃんから子どもへの成長とともに歩む菌たちのこと

          私たちのからだは、生まれてから数ヶ月のあいだに数倍になる。 そしてその急激なカーブは、多少ゆるやかになっていくものの、思春期まで続く。 精神的な発達も同じくらいダイナミックだけれど、33歳の私だって、まだ精神的には成長している気がする。 ぐんぐん大きくなった身長は中高生を最後に上げ止まり、あとは横に伸びる可能性が残されているだけになる。 肌や脳、臓器などの細胞も日々入れ替わりながら、その機能はそれ以上発達することはなく、むしろだんだんと下り坂を描いていく。 腸内細菌をは

          腸内細菌は何歳までに決まる? 赤ちゃんから子どもへの成長とともに歩む菌たちのこと

          no.4 マイクロバイオーム研究の最新論文紹介(微生物、腸内細菌の最前線)

          最近、レビュー論文がめちゃくちゃ多い気がするのは私だけでしょうか… まあ、まとめてくださるのはとてもありがたいのだけれど。 あと、栄養学の方面の人がマイクロバイオームにかなり興味を持ち始めている印象。 現代栄養学の、カロリーとか「炭水化物・脂質・タンパク質」に分ける方法とか、かなり時代遅れになってきているので、アップデートされてほしい。 ゲノム解析技術が手軽に使えるようになり、目に見えないマイクロバイオーム、腸内細菌に関する論文は、この10年あまりで指数関数的に増えていま

          no.4 マイクロバイオーム研究の最新論文紹介(微生物、腸内細菌の最前線)