見出し画像

100円均一のシンデレラ。

志喜屋 徹 × ARTS

「シンデレラフィット」って、ご存知ですよね。本来、それぞれ別の使われ方をされるはずのモノたちが、偶然にも、必然にも、サイズがピッタリ合い最適な収納に使えたり、利用できたりするコトで、童話「シンデレラ」でのガラスの靴が、シンデレラの足のサイズにだけピッタリ合った話に由来し、それに、トキメキを感じた女性の間で、広まっていったコトバのようです。

その「シンデレラフィット」が、私は、スキなのです。男ですが、私は。

そんな「シンデレラフィット」は「偶然的シンデレラフィット」「必然的シンデレラフィット」に分けられると思います。そんな学問ないですけど、偶然的だろうが、必然的(合わせる前に測ったり計算したりする)だろうが「ピタッ!」とくる感覚は、本当に気持ちいいし、トキメキます。男でも。

前回、初めての投稿で、キャンピング・オフィスカーのコトを書きました。

ベースは、ニッサンNV350キャラバンで、内装のシート、冷蔵庫、シンク、フリップダウンモニター等は、キャンピングカーを扱うフジカーズジャパンFOCS Siestaの装備です(ご興味ある方は検索ください)。それ以外に自分でこだわって装備したモノは、けっこう「シンデレラフィット」満載です。「必然的シンデレラフィット」「偶然的シンデレラフィット」両方あって、すごく細かい、こだわりの話ですが「女神は細部に宿る。」モノなのです。

IMG_0715のコピー

まず最初のご紹介。冷蔵庫前テーブル下スペースに「ポータブル電源」が、シンデレラ〜、フィット!(パイルダ〜、オン!とイメージしてください)ECOFLOW社製 EFDELTA。

IMG_0721のコピー

シンク下の収納に「IHクッキングヒーター」が、シンデレラ〜、フィット!

IMG_0722のコピー

シンク蓋のデザインに合わせ円形(1社だけあった!)を選択。Varcul 社製。

バックドア付近、お気づきでしょうか?

IMG_0791のコピー

IMG_1213のコピー

バックドアとシート間に「ホワイトボード」が、シンデレラ〜、フィット!

IMG_0792のコピー

引き上げると、こう。120 × 60cm。このサイズも、なかなか無いんですね。収納時に、後方視界を妨げないサイズ。けっこう探して1社だけありました。XIWODE社製。

他にも、ソーラーパネルや、折り畳みサブテーブル、クッション等、収納時の「必然的シンデレラフィット」はありますが、ある程度の価格のモノは、そうなりますね。買ったはいいが、サイズ合わないという失敗が怖いから。

それで、「偶然的シンデレラフィット」の方ですが、こちらタイトルでも、表現しているように、「100円均一」の商品が多いんです。ご紹介します。

IMG_1548のコピーのコピー2

まずは、シート下、収納ドア横の極薄デッドスペースに、

IMG_1552のコピー2

ホウキ&チリトリセット(セリア)が、シンデレラ〜。フィット! 

IMG_1558のコピー2

他社にはない、直線的で、シャープなデザインがいい!

IMG_1095のコピー

シートの背もたれ横の空きスペースに、

IMG_1093のコピー

「コロコロ」と「ブラシ」が、シンデレラ〜、フィット! 背もたれ部分に入り込むように湾曲した、わずかな隙間も見逃しません。

IMG_0783のコピー

モロ見えですが、単体で見てもシンプルでキレイなデザインなので、許す。コロコロ(リビングクリーナー)と、スタンドブラシ、共に、ダイソーの「NAF」シリーズ?デザインがいい。(しまった、コロコロは200円!)。

IMG_0747のコピー

入り口のスリッパ(セリア)は、シンデレラフィットではありませんが、

IMG_1276のコピー

助手席背面ポケットと、冷凍庫の間に「予備スリッパ(キャンドゥ)」が、シンデレラ〜、フィット! さらに、隙間の防寒用ダウンベスト、その縫い目にまで、シンデレラ〜、フィット!!

IMG_1153のコピー

冷蔵庫上、9×12cmの、ほんのわずかな収納スペースですが、ここに、

IMG_0770のコピー

「ティッシュケース」と「アルコール除菌スプレー」が、シンデレラ〜、 フィット!

IMG_0758reのコピー

スプレーのヘッドを、クルッと90度ひねるコトで、ティッシュケースの脱落防止ストッパーにも。こうしないと走行中、振動で飛び出ちゃうんです。

IMG_1538のコピー

使用時。冷蔵庫の蓋が上開きタイプなので、その脇部分(黒ラインが境目)のわずかなスペースに置ける!これも偶然。「アルコール除菌スプレー」はキャンドゥ(剥がしやすいラベルは嬉しい)。「角柱型ティッシュケース」(円柱型も「煙突と煙」みたいでオススメ)はセリア。ナイスなデザイン。

IMG_1345のコピー

シンク上の小物スペースに、シンデレラ〜、フィット! しているのは、

IMG_1386reのコピー2

昔っからある、「缶ペンケース」ですが(ブリキの質感、大スキ!)、

ラベリングx4のコピー

ラベリング(DYMOも、大スキ!!)にも書いてあるように、

IMG_1391のコピー

「スプーン」が、シンデレラ〜、フィット! 10本セット(セリア)。

IMG_1397のコピー

「フォーク」が、シンデレラ〜、フィット! 10本(セリア)。

IMG_1402のコピー

「お箸」が、シンデレラ〜、フィット! 10本(セリア)。

IMG_1407のコピー

「歯ブラシ」が、シンデレラ〜、フィット!(宿泊ホテルの未使用モノ!)

ここで用いた「缶ペンケース(キャンドゥ)」は、移動でも、揺さぶっても中身がバランバランにならない、超ナイスなフィッティングぶりなんです。ただし、他社の缶ペンケースにはサイズがやや小さいモノもあり、要注意。

他にもありますが、ご紹介した「100円均一」グッズは、デザインがいいと思って収納スペースのコトとかはまったく考えず、先に買っていたモノです。それを、スペースに合わせてみると、なんと「ピッタリ!」だったのです。

最初の方に「シンデレラフィット」には、「偶然的シンデレラフィット」と「必然的シンデレラフィット」に分けられると書きました。比較すると、「必然的」の方は、「モノとモノ」とを合わせる前に、サイズを測ったり、計算した結果「計算通り上手くいった!」という気持ちよさだと思います。「偶然的」の方は計算してないだけに「思いもよらない出会いがあった!」と、それを運命だと感じてしまって「トキメキ」は大きくなるんでしょう。当然「思いもよらない出会い」に遭遇しない確率の方が高いわけですけど。なんか「ヒトとヒト」の話にも喩えられそうですが、ここでは書きません。

「偶然的シンデレラフィット」「必然的シンデレラフィット」と分類してみましたが、他にも以下の「シンデレラフィット」があるよな気がします。

「空間越えシンデレラフィット」例えば、収納用品とかのジャンルや、そのモノが当たり前に置かれる場所の境界を越え結びつくシンデレラフィット。

「時間越えシンデレラフィット」例えば、何かに使えそうだなぁと思って、使わずウチに寝かせてたモノが、時間を越え結びつくシンデレラフィット。

「格差越えシンデレラフィット」例えば、高価格なモノと、低価格のモノ、そのモノの価格差(格差)を越えたモノが、結びつくシンデレラフィット。

もちろん、それぞれの掛け合わせや、他にも、あったりするとは思います。私が購入したキャンピングカーは高額なモノで、それに合わせる装備品は、高額なモノを揃える方が、当然、全体的にゴージャス感は出ると思います。しかし、それだと面白くない。なので「100円均一」縛りにして、その中でアイディアを発揮したり、「シンデレラフィット」のトキメキ(このコトバが女性っぽいんだな)を感じたいのと、モノの格差を越えて結びつく方が、なんだか、シンデレラストーリーっぽくないですか? 私は、男ですが。

「シンデレラフィット」とは、モノとモノとの思いがけない偶然の出会い、つまりは、モノとモノとの「セレンディピティ」でもあるのだと思います。

というわけで、他人にはどうでもよいけど、自分にはどうでもよくない、「シンデレラ(フィット)ストーリー」でした。


















この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!