9日目...72時間セレンディピティ実験

今朝8時に携帯電話のアラームが鳴った。

アラームの意味を思い出すのに、少し時間がかかった。

そうだ、これは「アラームを設定してから72時間に想定外のギフトを受け取る」という設定だった。想定外のギフト、受け取れたかな?と、思い出してみると、、、バッチリ受け取ってました。

アラーム設定した日の夜、「100分de名著」の録画を観たのがきっかけで、「モモ」を読み始めた。noteにも書いたけど、今なら

もっとみる
やったー!

消費における「セレンディピティマーケティング」〜入門編〜

awoo Japanの吉澤です。セレンディピティマーケティングを提唱しています。僕らのサービス「nununi」(ヌヌニ)では、偶発性消費(セレンディピティ消費)を誘発させるAI技術を展開している、台湾発の会社です。

この「セレンディピティマーケティング」のテーマはシリーズ化して色々記事を出していく予定ですので、ぜひフォロー&マガジン登録もよろしくお願いします!

セレンディピティって何?

セレ

もっとみる

電子書籍か書店か? 本を買う価値を考える

「お!ナニコレ!?面白そう!(パラパラ…)」

毎月の月末にやる事、それは書店での立ち読みです。私はNHKラジオの英会話を毎日コツコツ聞いてるのですが、番組専用のテキストが月単位で発売されていてそれを買いに行くのが毎月恒例の行動となっています。

実は少し前まではこのテキスト、Amazonで買ってました。定期的に購入するものは通販で買うのが便利です。欲しいタイミングで届けてくれる。

でも、それを

もっとみる
ありがとうございます!!(^^) (まだの方はフォロー宜しくです)
59

ご無沙汰しております。Pioneers'Log~7月編~

みなさんお久しぶりです。
小高パイオニアヴィレッジのコミュニティマネジャー野口福太郎です。

感染症が猛威を振るった春から少したち、未だ油断ができないものの新しい生活様式にだんだん適応し始めてきてはいる頃かと思います。

僕は福島をもっと知ろうと、先日浜通→中通り→会津といろいろ見て回っていました。
その中で移動したからこその素敵な人や風景との出会い=セレンディピティ(偶然の幸福)がたくさんあり、

もっとみる

ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門

どんな本か一言でいうと:ラテラルシンキングで考えれば、ロジカルに考えるより早いスピードで問題解決が出来るという事を、考える方法を含めて説明している本。

この本の論点:どうすれば、ラテラルシンキングが出来るか。

方法:①疑問を持つこと、②抽象的な思考をすること(俯瞰して、一段高い視座で考える事)、③セレンディピティを、見落とさない事

もっとみる

第2回:言葉の観点から、学生が「多様性」を議論してみた!

こんにちは!.4(ドットフォー)です!
読んでいただき、幸せますw

さて今回も、学生を集めてプチディスカッションをしてみました!

今回は「多様性」だけでなく
・友達
・場の雰囲気
・言葉
・感情
ていう「4つの何?」にフォーカス!

どれも曖昧な言葉ですね。
参加者たちも、かなり頭を悩ませていた印象でしたw

そんな抽象的なトピックを、学生たちはどう捉えているのでしょうか??

てわけで、今回

もっとみる
読んでいただき、幸せますw 今日も1日、頑張ってください。
9

entrenの思想。 #20-002

entrenの思想。

" 知識と人の距離を縮める、そんなサービスを作りたい。"

上記は、森さんの言葉です。

森さんとは毎日対面でコミュニケーションを取っていますが、気付いたら "未来の話" をよくしています。事業・プロダクト・会社に関しての "未来の話" や、日常での些細な気づきや世の中への問題意識から来る、理想とする "未来の話" もよくします。(そんな時間があるなら他にもっとやることある

もっとみる

偶然をポジティブに。withコロナが生み出した「余白の時間」を豊かにする考え方

2020年も半分を過ぎました。コロナウィルスの感染拡大に端を発する諸問題は4月に発令された緊急事態宣言でピークを迎えたように思えたものの、解除から約2ヶ月がたち、都市部を中心に、じわじわと感染者が増加している状況が続いています。

私達はこれまでの生活様式から大きな変更を余儀なくされました。夏でも健康でも、マスク着用が求められたり、いわゆる「三密」の回避のために人と距離をおくことが求められたり、通

もっとみる

自分自身に向き合うということ

大学3年生になって、予定調和のごとく就活が始まった。かくいう自分もなんなら人よりも少し早く動き出していた。よくわかっていないはずの就活を、実は昔から知ってましたみたいな顔をして。

まず初めに手を付けたのは、フェルミ推定とケース。今の自分からは到底理解できない行動だけど、その時、フェルミとケースに触れていなかったとしたら今の自分はないとも思えるので、一応肯定しておく。自分が進み始めた道に自分が違和

もっとみる

『え・同じ犬じゃない?!?』Facebookが繋いだ偶然の出会い

2014年9月

アメリカに移住してしばらくして、ある友人からFBメッセンジャーに連絡があった。大学時代にラクロスをやっていた時に出会った、東京に住んでいる友達から。

『え、同じ犬な気がするんだけど。。。きっと共通の知り合いじゃないかな?』

どういう事かと言うと、アメリカで同じアパートに住む子供達の幼なじみ(ダンス仲間でご主人がアメリカ人)のママが、以前日本の我が家に泊まりに来たことがあった。

もっとみる
スキありがとうございます!大きな励みになります!
8