鈴掛 真

57577の短歌を書く歌人(かじん)です。ワタナベエンターテインメント所属。第17回髙瀬賞受賞。著書、歌集『愛を歌え』エッセイ集『ゲイだけど質問ある?』他。好きなものは、手ぬぐい、ハロプロ(モーニング娘。箱推し)、エヴァ、昆虫食など。

鈴掛 真

57577の短歌を書く歌人(かじん)です。ワタナベエンターテインメント所属。第17回髙瀬賞受賞。著書、歌集『愛を歌え』エッセイ集『ゲイだけど質問ある?』他。好きなものは、手ぬぐい、ハロプロ(モーニング娘。箱推し)、エヴァ、昆虫食など。

    ストア

    • 商品の画像

      「シロツメクサ」大サイズ

      会いたいと 思った数と 同じだけ シロツメクサを 植える庭園 鈴掛真 第一歌集『愛を歌え』収録作品 https://amzn.to/2FJWWnv 5・7・5・7・7=31音の詩「短歌」を キャンバスに刺繍した 『刺繍短歌』シリーズです。 歌人・鈴掛真が ひと針ひと針、想いを込めて刺繍しました。 すべてハンドメイドの一点物です。 裏面に名入れをご希望の方は、備考欄にご記入ください。 送料:無料 サイズ:キャンバス SSM号 227×227×35mm 材質:綿生地、杉キャンバス枠 重さ:180g ※写真の色味が実際の商品と多少異なる場合があります。 ※ハンドメイドのため、返品はご遠慮ください。
      16,000円
      31on|刺繍短歌
    • 商品の画像

      「月がきれい」大サイズ

      東京は 今夜も月が きれいです。 今もあなたの ことが好きです。 鈴掛真 第一歌集『愛を歌え』収録作品 https://amzn.to/2FJWWnv 5・7・5・7・7=31音の詩「短歌」を キャンバスに刺繍した 『刺繍短歌』シリーズです。 歌人・鈴掛真が ひと針ひと針、想いを込めて刺繍しました。 すべてハンドメイドの一点物です。 裏面に名入れをご希望の方は、備考欄にご記入ください。 送料:無料 サイズ:キャンバス SSM号 227×227×35mm 材質:綿生地、杉キャンバス枠 重さ:180g ※写真の色味が実際の商品と多少異なる場合があります。 ※ハンドメイドのため、返品はご遠慮ください。
      15,000円
      31on|刺繍短歌

    マガジン

    • 毎日のように手紙は来るけれど #kurukeredo

      短歌、言葉、その周辺の仕事。興味のあることだけやって二十数年生活してきた歌人の、あやまちだらけの毎日を知ることで気持ちがきっと楽になります。正直さでは負ける気がしません。1日ずつのバラ売りも(たまに)しますが、まとめ売りのマガジンは毎日更新をめざしますので、30本とかで700円。更新できなかった日の翌日は、2本更新します。1日あたり24円。

    • 鈴掛真の短歌

    • 鈴掛真のエッセイ

    • 商品の画像

      「シロツメクサ」大サイズ

      会いたいと 思った数と 同じだけ シロツメクサを 植える庭園 鈴掛真 第一歌集『愛を歌え』収録作品 https://amzn.to/2FJWWnv 5・7・5・7・7=31音の詩「短歌」を キャンバスに刺繍した 『刺繍短歌』シリーズです。 歌人・鈴掛真が ひと針ひと針、想いを込めて刺繍しました。 すべてハンドメイドの一点物です。 裏面に名入れをご希望の方は、備考欄にご記入ください。 送料:無料 サイズ:キャンバス SSM号 227×227×35mm 材質:綿生地、杉キャンバス枠 重さ:180g ※写真の色味が実際の商品と多少異なる場合があります。 ※ハンドメイドのため、返品はご遠慮ください。
      16,000円
      31on|刺繍短歌
    • 商品の画像

      「月がきれい」大サイズ

      東京は 今夜も月が きれいです。 今もあなたの ことが好きです。 鈴掛真 第一歌集『愛を歌え』収録作品 https://amzn.to/2FJWWnv 5・7・5・7・7=31音の詩「短歌」を キャンバスに刺繍した 『刺繍短歌』シリーズです。 歌人・鈴掛真が ひと針ひと針、想いを込めて刺繍しました。 すべてハンドメイドの一点物です。 裏面に名入れをご希望の方は、備考欄にご記入ください。 送料:無料 サイズ:キャンバス SSM号 227×227×35mm 材質:綿生地、杉キャンバス枠 重さ:180g ※写真の色味が実際の商品と多少異なる場合があります。 ※ハンドメイドのため、返品はご遠慮ください。
      15,000円
      31on|刺繍短歌
    • もっとみる
      • 毎日のように手紙は来るけれど #kurukeredo

      • 鈴掛真の短歌

      • 鈴掛真のエッセイ

    最近の記事

    短歌 新作8首 『火星の砂』

    今どこにいる? 何してる? ときどき不安になるけれど、呼吸をおいて、一歩下がって見てみれば、僕らは繋がったひとつの大地に立っている。 そんな気分を、8つの短歌で書いてみました。 第一歌集『愛を歌え』には収録されていない新作です。 もしも気に入っていただけたら、ぜひ『愛を歌え』も読んでみてくださいね。 あの俵万智さんが帯文で「今を生きる愛の名言が、ここにある。」と太鼓判を押してくださった、295の短歌で綴った物語です。 火星の砂 肩に顎を乗せて覗けば君の目と同じ高さで夜

      • 2022年のマイベスト短歌

        気がつけば、未曾有のウイルスと人類の戦いが始まってから3年の月日が経ちました。 完全在宅ワークで1日のうち23時間を自宅で過ごす生活にも慣れ、自分らしい生活サイクルの回し方や、仕事の進め方が板についてきました。 そんな中で、今年は初めて映像作品の監督を務めたり、三越伊勢丹グループのキャッチコピーを担当したりと、街中に自分の短歌が溶け込んで存在する光景に立ち会うことができた非常に充実した1年となりました。 今回は、2022年に詠った短歌の中から、マイベスト短歌5首を選びまし

        • 短歌 新作8首 『悪い人』

          先日、朝日新聞の連載「あるきだす言葉たち」に、8首の短歌を寄稿しました。 第一歌集『愛を歌え』には収録されていない新作です。 もしも気に入っていただけたら、ぜひ『愛を歌え』も読んでみてくださいね。 あの俵万智さんが帯文で「今を生きる愛の名言が、ここにある。」と太鼓判を押してくださった、295の短歌で綴った物語です。 悪い人 下の名を間違えそうになるたびに半拍ずれてゆく二重奏 コーヒーの水面に映る俺が目を逸らしてあづま通りは小雨 もう少し早く出逢っていたのなら君を不幸

          • 短歌 新作8首 『フィットする』

            同じニンゲンに生まれたのに、僕らはみんな違う形をしている。 愛し合ったり、いがみ合ったり、憎しみ合って。 これが最後になればと願いながら、新しい扉を開く鍵を探している。 そんな気分を、8つの短歌で書いてみました。 第一歌集『愛を歌え』には収録されていない新作です。 もしも気に入っていただけたら、ぜひ『愛を歌え』も読んでみてくださいね。 あの俵万智さんが帯文で「今を生きる愛の名言が、ここにある。」と太鼓判を押してくださった、295の短歌で綴った物語です。 フィットする

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 毎日のように手紙は来るけれど #kurukeredo
            枡野浩一 Koichi MASUNO 他
            ¥700 / 月
          • 鈴掛真の短歌
            鈴掛 真
          • 鈴掛真のエッセイ
            鈴掛 真

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            短歌 新作8首 『カーディガンズを聴いていたくて』

            離れれば会いたくなって、顔を合わせれば気持ちはすれ違って。 感情は浮き沈みする。まるで1曲の音楽が生み出す抑揚のように。 そうして二人で調律しながらセッションは続く。 そんな気分を、8つの短歌で書いてみました。 第一歌集『愛を歌え』には収録されていない新作です。 もしも気に入っていただけたら、ぜひ『愛を歌え』も読んでみてくださいね。 あの俵万智さんが帯文で「今を生きる愛の名言が、ここにある。」と太鼓判を押してくださった、295の短歌で綴った物語です。 カーディガンズを聴

            短歌 新作8首 『サスティナブル』

            生きる意味。ここにいる意味。詠う意味。 探せば探すほど途方に暮れるけれど、長く続いたその先に、きっと答えは向こうからやって来る。 そんな気分を、8つの短歌で書いてみました。 第一歌集『愛を歌え』には収録されていない新作です。 もしも気に入っていただけたら、ぜひ『愛を歌え』も読んでみてくださいね。 あの俵万智さんが帯文で「今を生きる愛の名言が、ここにある。」と太鼓判を押してくださった、295の短歌で綴った物語です。 サスティナブル とこしえの愛を語ろう人類が滅びる毒を宿

            もし歌が街の景色に溶け込めばあなたの目にも届くだろうか

            三越伊勢丹グループの秋のキャンペーン「彩り祭 2022」の広告キャッチコピーを短歌で担当させていただいた。 9月21日(水)〜10月4日(火)の2週間にわたって、北海道から九州まで、全国の三越・伊勢丹・丸井今井・岩田屋の店舗で展開されている。 三越伊勢丹さんとの関わりは2017年に遡り、伊勢丹新宿店がセクシュアルマイノリティへの理解を表明するイベント「PINK FOR ALL」の、チラシキャッチコピーとショーウィンドウを担当した。 特にショーウィンドウは、待ち合わせ場所と

            短歌 新作8首 『その瞬間を』

            見せたい景色。伝えたい言葉。いっしょに行きたい場所。 移り変わる毎日の中で、ふと追い求めている面影がある。 さっきも、今も、そして明日も、何かに心が動くとき、隣にいてくれたらいいのにと思う。 そんな気分を、8つの短歌で書いてみました。 第一歌集『愛を歌え』には収録されていない新作です。 もしも気に入っていただけたら、ぜひ『愛を歌え』も読んでみてくださいね。 あの俵万智さんが帯文で「今を生きる愛の名言が、ここにある。」と太鼓判を押してくださった、295の短歌で綴った物語です

            最後のデートは、お台場にしたかった。

            「今度のデートは、お台場にしよう」なんて、久しく言わなくなっていた。 海浜公園、スポッチャ、ジョイポリス、観覧車…… お台場といえば、東京のデートスポットの、定番中の定番。 地方にお住まいの方の中には、「いつかお台場でデートしてみたい」と憧れている人も多いかもしれない。 けれど、30代にもなると、いくら都心に住んでいてもデートのためにお台場なんてほとんど行かなくなる。 スポッチャやジョイポリスで騒ぐような歳でもないし、新宿や渋谷から埼京線で30分くらいの距離ではあるのだ

            短歌 新作12首 『誰のものでもない』

            どう生きるかは自分が決めるもの。 自分という存在は、他の誰かじゃなく自分のためにある。 けれど、この世から鏡が無くなるように、孤独は自分という存在すら曖昧にさせる。 他者の存在を強烈に感じ取ったとき、そんなことをふと思った。 そんな気分を、12首の短歌で書いてみました。 第一歌集『愛を歌え』には収録されていない新作です。 もしも気に入っていただけたら、ぜひ『愛を歌え』も読んでみてくださいね。 あの俵万智さんが帯文で「今を生きる愛の名言が、ここにある。」と太鼓判を押してくだ

            短歌 新作8首 『肩を濡らして』

            終わりは突然のようでいて、静かに歩み寄っている。 過ぎてから振り返れば、本当はいくつもの予兆に気づいていた。 気づいている自分から目を背けていただけだった。 そんな気分を、8つの短歌で書いてみました。 第一歌集『愛を歌え』には収録されていない新作です。 もしも気に入っていただけたら、ぜひ『愛を歌え』も読んでみてくださいね。 あの俵万智さんが帯文で「今を生きる愛の名言が、ここにある。」と太鼓判を押してくださった、295の短歌で綴った物語です。 肩を濡らして 美しい夕日を

            短歌 新作8首 『今夜』

            人は変わるもの。 どんなに強く誓いを立てても、ずっと同じ想いでいられるとは限らない。 今日とは違う明日になる前に。 想いが形を変えてしまう前に。 今この瞬間の僕をあなたに見ていてほしい。 そんな気分を、8つの短歌で書いてみました。 第一歌集『愛を歌え』には収録されていない新作です。 もしも気に入っていただけたら、ぜひ『愛を歌え』も読んでみてくださいね。 あの俵万智さんが帯文で「今を生きる愛の名言が、ここにある。」と太鼓判を押してくださった、295の短歌で綴った物語です。

            15年前の自分のフロッピーを見つけてザワついたこの胸の鼓動。

            先日久しぶりに実家に帰ったとき、学習机がまだそのまま放置されていることに数年越しに気がつきました。 実家を出て上京したときに、必要なものは自分の部屋から東京へ持って行ったのだけど、学習机の引き出しの中身は、整理するのもめんどくさいし、どうせ今になって必要なものなんて無いだろうから、帰省したときにでも整理しようと思ったまま、10年以上もの間すっかり忘れていたのです。 学習机の引き出しの中身といえば、思春期の象徴。 比喩ではなくガチで中二の、こじらせたクリエイティビティが詰ま

            短歌 新作8首 『君という現象』

            誰か一人の存在で、目の前が昨日とは違う色に見え始める。 あざやかに輝き出したり、突然に暗くモノクロームに見えたりもする。 そうして自分の体に起こる変化を表すための、相応しい名前を探している。 そんな気分を、8つの短歌で書いてみました。 第一歌集『愛を歌え』には収録されていない新作です。 もしも気に入っていただけたら、ぜひ『愛を歌え』も読んでみてくださいね。 あの俵万智さんが帯文で「今を生きる愛の名言が、ここにある。」と太鼓判を押してくださった、295の短歌で綴った物語です

            短歌 新作8首 『トリミング』

            歌を詠む行為は、写真に似ている。 今ここにしか無い瞬間を言葉に残して、遠くに暮らす知らない誰かにも届けられるから。 そして、古いアルバムをめくるように、「あの頃はこんな気持ちでいたんだ」と、忘れていた自分を呼び起こされたりもする。 そんな気分を、8つの短歌で書いてみました。 第一歌集『愛を歌え』には収録されていない新作です。 もしも気に入っていただけたら、ぜひ『愛を歌え』も読んでみてくださいね。 あの俵万智さんが帯文で「今を生きる愛の名言が、ここにある。」と太鼓判を押して

            ノンバイナリー全員を「彼」「彼女」と呼んではダメ、という誤解。

            ニューアルバム『BADモード』や、世界最大級の音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル」への出演で、今また世界中から注目を集めている宇多田ヒカル。 先日、彼女が公表しているセクシュアリティ「ノンバイナリー」について講談社FRaUで執筆し、たくさんのみなさんに好評をいただきました。 読んでくださったみなさん、ありがとうございました。 しかし、一部の読者の方から、こんな指摘がありました。 結論から申し上げると、僕は記事を訂正しません。 その理由は簡単で、宇多田ヒカル本人が「自