見出し画像

短歌十選 2021.12.04

末宗凌

もういっそこのままずっと永遠に雨の降る夜が続いてほしい

生きてきたすべてに耐えて生きてきただから今年も見られた桜

夏の日に積乱雲と共に立つもう届かないもう叶わない

過ぎ去りし日々から遠く影法師真っ赤で会いたい秋の夕暮れ

年の暮れいろいろあったと振り返る来年こそは変わるだろうか

今年また君と過ごした季節来てこの胸がまだ痛むのを知る

伸びた爪切る音でふと思い出すもう触れられない君との事

二度と会うことなき人の暮らす街ニュースで映り堪えれず変えた

もう無理だもう耐えれないそんな夜綺麗な月にまた救われる

恐くても怖がらないで進もうぜたった百年の絶望の旅

この記事が参加している募集

私の作品紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!