勉強家の兼松佳宏

1979年秋田生まれ。元greenz.jp編集長。 2016年にフリーランスの勉強家として独立し、京都精華大学特任講師に着任。"ワークショップができる哲学者"を目指して「スタディホール」などの手法を開発中。『ソーシャルデザイン』『beの肩書き』「空海とソーシャルデザイン」。
固定された記事

「doの肩書き」と「beの肩書き」

greenz.jp編集長を卒業し、“フリーランスの勉強家”と名乗るようになってから、僕の働き方について関心(というか疑問)を持っていただく人が増えて、とてもありがたく思…

場づくりには、"バグ"が必要だ。

今夜は、僕も理事を務めているNPOグリーンズ主催「green drinks STAY HOME!!!」というオンライン呑み会イベントの2回目。 ゲストに『場づくりという冒険 いかしあうつな…

いわゆる「かゆいところに手が届くAI」の事例5つ

この4月から、京都大学森里海連環学教育研究ユニットの一員として、森・里・海の自然のつながりを理解し、人々の暮らしの中に自然とのつながりを取り戻す研究プロジェクト…

「green drinks STAY HOME!!!」はじまります! 4/23木のゲストはナカムラケンタさん

こんにちは、勉強家/NPOグリーンズ理事の兼松佳宏です。いよいよ緊急事態宣言の発令となり、ますます不安を感じている方もいるかもしれませんね。 僕もここ数年はずっと…

「これからの○○」から「いかしあう○○」へ。2020春、グリーンズは再び生まれ変わります

できることならグリーンズは、どんなときでも時代の、社会の、そしてひとりひとりの人生のトランジション(転機)に寄り添えるメディアでありたい。2006年に創刊して今年で…

"ほしい未来"を言葉で描く「MOYAMOYA研究」をOSAKAしごとフィールドでやってみた〈スライド公開!〉

こんにちは、勉強家の兼松佳宏です。 ここ最近ずっと勉強家展の方に頭が持っていかれていたのですが(それはそれでとても幸せな時間でしたが)、2020年1月は「beの肩書き…