見出し画像

これからの仕事は人に夢を与えるもの

AIの発展が目に見えてきている。気づけば機会が仕事をしている。そんなことが来る日があるかもしれない。IT革命に続いて今度はAI革命と呼ばれる中、私たちが行うべき仕事とは?

色々言われている。AIが発展したら仕事がなくなる。まぁそうだろう。悲しい事を言うが、それが現実である。今の現実はITとAIによる進化が著しく、常に世界を変化させている。そして、もう一つ悲しい現実を言おう。人間がやるよりも、機会がやった方が安くなる上に高精度であること。

AIが発展すれば、人間がやる仕事がなくなる。この事実は正確には、機会がやった方が的確なものは、確実に機会に変わる。それだけである。

人間がやってこそが意味があるものも当然とある。そして、わざわざ人間がやらなくても良い仕事があるのも事実。

今の社会。今の世界。今の状況。これらにおいて、人間らしい。人間だからこそ。そんな仕事に就くことが意味があるとは思いませんか?

これから話すのは、そんな『AIによって仕事がなくなる』と言われている状況を私なりに言っていきたいと思います。

そもそもAIの可能性について

AIは人口知能を意味していて、言語の理解や推論、問題解決などの知的行動を人間の代わりに行うもの。

言語の理解は語学の壁をAIで変換する。未来では外人と電話していて、お互いに違う言語で話しているのにもかかわらず、なぜか通じることになるかもしれない。

推論や問題解決などの知的行動を人間の代わりに行う。何かあったときに、あなたはどうしますか?先輩や上司に頼りますよね?それでも、先輩や上司の判断が間違っていてミスが発生することはあります。それをAIが代わりに判断します。沢山の判断データから最適な対応策をあなたに教えることができます。あなたとAIで世界的に行動する未来があるかもしれないですね。人ではない、AIが新しい相棒となる時が来るかもしれない。

AI単体ではあまり意味がないです。それを使うことで意味がなせます。

ちなみにみなさんはAIに関してどうイメージをしていますか?ドラえもんや映画のようなロボットをイメージしていますか?正直言えば、それは簡単にはならないです。AIの発明は著しいです。それでも、簡単ではありません。でも、上記のような代わりになるものを作るのは、遠くない未来です。

AIはそこまで恐ろしいものではありません。みなさんのイメージが恐ろしいだけです。AIとは人間とともに過ごす相棒になるだけです。

シンギュラリティの存在

あと数十年でシンギュラリティが来ると言われてます。(2045年問題です)シンギュラリティとは技術的特異点と言われて、一言で言えば、人間の知能をロボットが完全に上回ること。言ってしまえば人間がいらない事を意味します。

私は思います。シンギュラリティはそう簡単には起きないと思っています。上記で話した通り単純に相棒となるだけ、端末からドラえもんのようになるだけです。そして、ドラえもんような存在が出ても、人間を完全に上を行くことはないです。

なぜか?人間だからです。人間は独創的な存在です。無いものから作るのではない。あるものを組み合わせて、全く違うものに作り変えることができる存在です。AIの発展でそれも可能と言われています。でも、人間だからこそ魅力や面白さがあるのです。

音楽やエンタメには完璧がありません。無駄や失敗が当然のようにあります。そして、それが合わさって人間であり、そこに魅力や面白さがあります。テレビではドッキリがあります。それを見ていて笑う人がいます。なぜ笑うのですか?人によって驚きと言った反応が様々です。凄く驚いている人、へんなリアクション、巧みな編集などがあって面白いのです。そして、そこには、無駄や失敗が当然あります。だから魅力や面白さを感じるのです。

AIならどうなのか?ドッキリに対して決まった反応を見せるのを面白いと感じますか?決まった通りの動きが楽しいと感じますか?これがAIと人間の違いです。

AIには無駄や失敗がありません。なぜなら、決まったアルゴリズムに動くからです。だからこそ正確で間違えません。そして、そこには人間だから感じる魅力や面白さは無いです。

話を変えていきます。仕事についてですね。

AIが発展してからの仕事

人間がやるべき仕事とは?上記に挙げたものです。音楽やエンタメなどです。人間に魅力や面白さを伝える仕事はAIが来てもなくならないです。AIに変わることはできないからです。他にもAIに関わる仕事も無くなりません。AIに関わっているからです。でも、AIがAIを作成する未来がありますので、一番は音楽やエンタメなどになります。

魅力や面白さを伝える仕事にどんなことがあるのか?音楽なら歌手か?エンタメならお笑い芸人?と思いますが、本当に色々とあります。今ではYouTubeやゲーム実況者になります。これからも伸びているものであり、これから伸びるものでもあります。だからこそ、そこで、魅力や面白さを伝えていけば良いのです。

どうしろと?そんな簡単にできるか!そういう人は沢山いるでしょう。でも、簡単です。単純にやるだけです。上でも言った通りです。

AIはそこまで恐ろしいものではありません。みなさんのイメージが恐ろしいだけです。AIとは人間とともに過ごす相棒になるだけです。

これと同じです。なんで簡単にできないと決めているのですか?やったことがあるのですか?自分の出せる限りを尽くしたのですか?ほかにやり残したものは本当にないのですか?人間は自分の見えているものが全てだと勘違いします。世界は当然のように広いです。あなたが知らないことなんて沢山あります。あなたが一生かけても知れないほど沢山あるのです。知って行動して知って行動を繰り返すのです。やり方は無数です。

これからの世界

絶対に人間がやるべき。人間だからこその仕事があります。それは『人に夢を与える仕事』です。
YouTubeやゲーム実況者の仕事が最近耳にするのは、その仕事が人に夢を与えているからです。与えているからこそ、与えられた人間はその仕事にやりたいと思います。そして、その道中では人間が出している魅力や面白さがあるからです。そして、当然のように無駄や失敗もあります。

無駄と失敗をどう思うか?夢を与える仕事に置いて、これらはどんな意味を持つのか?どんな意味を与えるのか?考えてみてはどうですか?

自分という存在がこれからの世界においてどう生きていくのか?それを決めるのは私ではありません。今見ているあなた自身です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
私は読者が趣味なのでそこから得たものに、自分の考えを加えたものをアウトプットしています。『人生の本質』を考えて日々過ごしています。そのお助けができれば良いなと思うばかりです。悩み解決。仕事解決。人間関係解決。そんな様々なものが解決できたら嬉しい限りです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。