見出し画像

#003 時間をかけたのに評価されない理由

ファームノートでUXデザイナー1年生をやってるアキヤマ ウテです。
先輩からこの本を勧めてもらって、学びがあったので書いていきます。


時間をかけて作ったのになんで評価されない?

頼まれた仕事は高いクオリティで出したいものですよね。気合が入ります。時間をかけて練りに練って依頼主にもっていくと、酷評、酷評の嵐、なんてことも…

「こんないいものを作ったのに、あいつはわかってない!」
どんなにいいアドバイスも素通り。そう、素直になれていない状態です。なんでこんなことになっちゃうんでしょうか。

それは保有効果の仕業かも

これは、保有効果が原因の一つかもしれません。

保有効果とはざっくりいうと、一度自分ボールになると、時間とともに愛着が湧いて自己評価が高くなることをいいます。

よくあるのが、愛着が湧きすぎちゃって素直さが下がっている状態です。いいアドバイスにもファイティングポーズを構えちゃいがちになります。

こんな場面でも出てくる保有効果

保有効果は普段の生活にも見て取れます。例えば…

・いつか着られるかもと思って放置してる洋服 → 捨てられない
・長く勤めている会社 → 辞められない
・「あばたもえくぼ」 → ちょっと違う?

愛着が湧きすぎる前に即フィードバックをもらおう

デザイナーなどのクリエイターは、保有効果を意識しないといけないと感じました。
依頼をもらったら、愛着が湧きすぎる前に、60点くらいのを即作って、即フィードバックをもらう。
こうすれば、保有効果を上手にデザインできるはず。

これをファームノートでは、Figmaというデザインツールで実践しています。すごくいいツールなのですが、ググっても使いこなし術をなかなか見つけられなかったです…(泣)
なので、使い方を実例踏まえて紹介していく予定なので、お楽しみに!

では!

このnoteを気に入っていただけたら、
「♡スキ」を押していただけると非常に嬉しいです。
リクエストもお待ちしているので、お気軽にコメントくださーい!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
どうも!ぜひ「ご感想」+「#ファームノート」でツイートを♪
50
プロダクトオーナーの秋山ウテ(本名)です。現在は、新規サービスを開発中です。前職では立ち上げ期からいろいろやってました。SDGsについても勉強中です。 https://www.wantedly.com/users/299064

こちらでもピックアップされています

身近な行動経済学
身近な行動経済学
  • 4本

世の中を行動経済学で切り取れば、いろんなことが納得できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。