spaceporepore

魔法を科学する人生再生カウンセラー、いなまつゆかです。元コミュ障なりのコミュニケーション法などを講師として語ることも。まんがと本と文具と映画好き。少し不思議で、大分おばかで、こころと親しくなれる話を、エッセイや物語として書きます。http://spaceporepore.com

主体的に、想像力を使って、子どもと大人がともに遊ぶことの大切さ

「知的障害は治りますか?」(愛甲修子著,花風社,2020年)を読んだ。 愛甲さんは、臨床心理士・言語聴覚士で、心理カウンセラーである自分と同じフィールドに立つ人である…

援助者がみようとするもの

瀬尾まいこさんの「そして、バトンは渡された」を読んだ。 血がつながらない親たちが娘を育てていく話である。 主人公の女子高生森宮優子は、母を幼くして亡くし、実の父…

「こころはこんな感じやねん」の2意識と無意識の関係

こころは広い。 せやけど、意識、自分がわかっている部分は、広かったり狭かったりするねん。 自分という意味で「自我(じが)」って言ったりもする。 意識が狭いと、収…

「こころはこんな感じやねん」の1

こころは見えへんやんか。 せやけど、こんな感じちゃうかなあって考えた人がいてはる。 今日はフロイトっていう人が考えたやつ、話すな。 氷を水につけたら、浮くやろ? …

正しさは責任を隠す

東京へ向かう新幹線の中、つらつら思う。 昨日、なんとなくつけたテレビに画家の藤田嗣治のことが取り上げられていた。 藤田嗣治はフランスで絵を学校で習わず、独学で自…

こころが動くものを表現すればよかったんだ

昨日、今日と映画を観に行った。 昨日は、「Vision」。今日は、「羊と鋼の森」。 どちらも、映像が美しかった。 今朝の散歩のときに、家のすぐ近くの田んぼにこころが動…