心理2

「こころはこんな感じやねん」の2意識と無意識の関係

こころは広い。

せやけど、意識、自分がわかっている部分は、広かったり狭かったりするねん。

自分という意味で「自我(じが)」って言ったりもする。


意識が狭いと、収まりきらへんもんが出てくる。

小さな花束しかできへんときに、花がこぼれ落ちてしまう、みたいなもんや。


そしたら、こぼれ落ちたもんは、ないことになる。

認めたくない自分のことやな。

ないことになるけど、本当はあるから、こぼれ落ちた花は、「無意識」っちゅう倉庫に入れられてしまうんや。

ずっとおとなしく倉庫にいたらええんやけど、不意に花が倉庫から出てくるときもあるんや。

ずっと腹立ってたんをがまんしてて、爆発したり。

言い間違いをしたり。

無意識の倉庫にあるもんは、コントロールできへんからな。

いつやってくるんか、どんな風にやってくるんかわからんねん。


こうせんとあかん、ていうのがきつい人は意識が狭いから、無意識の倉庫がパンパンや。

許されへんことが多いねん。

まあ、そういうこともあるわ、とか、いろんな考えがあるからな、って考えられる人は、意識が広いから、こういうことは少なくなるんや。

逆に無意識が教えてくれることもあるんや。

「気づき」っていうやろ。

あれは、無意識の倉庫にあった花が、花束の中に入ってきたってことや。

「そうやったんか」って気づいて、成長することができる。


無意識と上手に付き合うことが大事なんやな。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thank you!
1
魔法を科学する人生再生カウンセラー、いなまつゆかです。元コミュ障なりのコミュニケーション法などを講師として語ることも。まんがと本と文具と映画好き。少し不思議で、大分おばかで、こころと親しくなれる話を、エッセイや物語として書きます。http://spaceporepore.com