sota

FTXのsotaです。身体は女子、ココロも女子として生きてきたけれど、2019年の2月、「僕」としての自分がいることに気づきました。恋人もXで性自認はほぼ男性同士。そんな僕のただの呟きの場所です。
    • Xジェンダー関連
      Xジェンダー関連
      • 1本

君が悲しむと、僕も悲しくなる。君が怒ってると、僕は虚しくなる。僕と何か楽しい時間を過ごせて、ああやっと楽しそうに笑ったな。そう思った矢先に必ずと言っていいほど君は家族から入ってくる連絡にひどく動揺し、落ち込む。僕が君につくっているのは砂の城なのだろうか。波には勝てないんだろうか。

僕は昔から、嬉しいと雨を連れてきてしまう癖みたいなのがある。入院中の恋人を訪ね、着いた途端に激しい雨と雷…。

散歩の予定をやめて、受付付近の待合のソファで外出可能時間の1時間をフルに使った。おかげで、むしろゆっくり彼の話を聞けたから、この困った才能も役に立ったのかもしれぬ。

今日、1ヶ月ぶりに恋人を訪ねた。彼は、ココロのことに向き合うために、都会の外れの小さな病院に入院したのだ。花のゲートの先にある彼の小さな“隠れ家”を初めて訪れ、とにかく顔を見ることができたことに安心した。彼の瞳から、以前あった逞しい覇気が消えていたことは、今は考えないことにした。

僕の恋人が入院した。地球に蔓延るウイルスではなく、心を健やかにする治療のために。僕も、気持ちを健やかに保っていられる自分になるため、心理学系のYouTube見たり運動したりしている。君がいるからぼくは頑張れる。そして、きっとまた一緒に、2人のお気に入りのあのカフェに行こうね。

パイパン問題

こんにちは。 Xジェンダー・男子モードのsotaです。(女子モードのときは別名で過ごしてます〜) いきなりですが思いついたから、書いちゃおう。 タイトル付けといて一…

ちなみに僕は自分のことを「中性」であるとか中性でありたいとはあまり思いません。事実は中性ぽいのかもしれないが、僕個人の感覚に忠実になるとすれば、僕はシンプルに男子に生まれたかった。