木全俊吾

田舎には田舎の 都会には都会の 平凡な街には平凡な 苦行のような、青春のような 誰もの…

木全俊吾

田舎には田舎の 都会には都会の 平凡な街には平凡な 苦行のような、青春のような 誰もの「生活」 そんな「生活」と寄り添いながら見つけたヒントから生まれてくる喜びが 少しでも届けば どんなに素敵だろう http://www.soso-so.com

マガジン

  • sosoの素

    楽しくも苦しくも嬉しくも悲しくもおいしくもほろ苦くも 散らかることも汚れることもある、綺麗だけじゃ収まらない、 田舎には田舎の、 都会には都会の、 平凡な街には平凡な 苦行のような、青春のような 誰もの「生活」 そんな「生活」と寄り添いながら僕らなりの見つけたヒントから生まれてくる喜びを 時に「もの」に 時に「ことば」に 時に「体験」と共に 少しでも届けば どんなに素敵なんだろう

  • SOSOっとラジオ

最近の記事

  • 固定された記事

僕はどこにいくのだろう

愛知県一宮市でsosoというお店をしています。そこでは僕の作ったものを中心に販売しながらぼくらの暮らしをみてもらっています。 Instagramで日々の情報は更新をしていますがnoteでは言葉で僕なりの考え方を発信していければと考えています。素直な言葉で誤字脱字があばたもえくぼのように楽しんでもらえればうれしいです。 僕のことを知らない人の方がもちろん多いと思うので自己紹介を兼ねてどんな経緯で今の生活に至ってきてるのか僕自身振り返りながら自伝のようなものから始めていこうと思い

    • sosoの素(113)

      ちょうどいいがわからない 後編 いつのまにか僕らは面倒をみてもらったり心配してもらう立場から世話をしたり心配をする立場に変わってた。 子供に呪文のように寒さ暑さを気にして着せる服の心配をしたり、明日の準備ができてるか気にしたり、自分のことを後回しにしてまでも世話を焼いている。 色々と先回りをしながら心配して手取り足取り準備したり教えたり与えたりしながら困らないように、転ばぬ先の杖のように石橋を叩いて渡れることを確認してから渡らせるようなそんな状況にもしてしまうこともあって

      • sosoの素(112)

        ちょうどいいがわからない 前編 先日、息子のサッカーの試合があった。 前にも書いたけど、夏休みに様々な要素が絡み合って息子のサッカーに熱が入り過ぎた僕はそれ以降ほどほどで楽しみながら一緒にやったりやらなかったりの日々だった。 2年生になってから息子のいるチームはまだ勝ったことない。 7人制のチームでそのうち4人が息子と同じく夕方に週3,4くらいのペースで練習にも通ってるからそろそろ勝ってもいいんじゃないない?と他の保護者と冗談交じりでこんなに親もがんばってるんだからねと話

        • sosoの素(111)

          わんわんわん 111回目なので犬の話でも書こうと思う。 僕らは20代前半に犬を飼い出した。その名も「ここたろう」。 ここたろうの一生の間に僕らは結婚をし、出産で家族が増えたりsosoを始めたりと人生の大きな山場を一緒に過ごしてくれた。 僕は茶トラの猫のたびちゃんを飼うまで犬しか飼ったことがなく、ずっと犬派だった。 主人に従順で愛想がよく散歩や走るのが楽しくてたまらないあの感じが可愛くて仕方がなかった。 子供の頃、飼っていた犬を散歩に連れて行くのが面倒くさくてトイレをしたら

        • 固定された記事

        僕はどこにいくのだろう

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • sosoの素
          木全俊吾
        • SOSOっとラジオ
          木全俊吾

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          sosoの素(110)

          言葉だけでは伝わらない 話せばわかる。 よく聞くセリフ。 なんとなくの印象や思い込みで決め付けてる時に話してみると意外と話が通じる!て時に出てくる。 僕らは自分の考えや気持ちを言葉に乗せて周りに伝える。 それが当たり前だし、何かあった時の最初の選択になる。 夏休み、子供と過ごす時間が多かった。小さい時はプールでもしとけばそれで結構満足してくれてたけど、年齢とともにそれでは満たされなくなってきてるのとコロナで自由に遊んどいでとも言い難いかったのも要因ではあった。大人も僕らは

          sosoの素(110)

          sosoの素(109)

          2022夏休み4 そこはいつもサッカースクールで使用しているグラウンド。そのスクールがない時は誰も使ってないことが多く自由に使える。 少し強く蹴るようになってきた息子は思い切りシュートをしたり僕と1対1をしたりして楽しく練習をしていた。 30分ほどやっているとなぜか息子の学年担当のサッカースクールのコーチふらふらっとやってきた。グラウンド全体を歩いてそのあとに戻って来た。大人として今日はオフだから何かしてもらうのはと遠慮してたけど、息子に話しておいでよとけしかけて話してると

          sosoの素(109)

          sosoの素(108)

          2022夏休み3 どうすればこの状態を脱却できるのだろうかとても悩んだ。 無責任に投げ出してすねてしまいたい気持ちもかなり強い。そのくらい僕の負担が大きかった。そんなことを言ってもすねて投げ出しても何にもいいことはない。かと言ってゆきちゃんに話したところでゆきちゃんも余裕がないから受け止めれないだろうから難しい。 その日の午後、たまたま子供達を実家に預ける話になっていて僕が連れて行く前にマクドナルドに行く約束をしていた。 そこで子供達二人に今の状況と悩みを話すことにした。

          sosoの素(108)

          sosoの素(107)

          2022夏休み2 草刈りの翌日からまた涼しい午前中に3日をかけて薪を運んだ。 薪棚もバラして再度組み立てれる作りにしていたのでそれは不幸中の幸いだった。それに制作を早め早めに進めていたのがここで生きてきた。 本当なら薪棚をすぐに組み立てて薪を積んでいきたいけどそこまでの時間の余裕はなかったし薪を運んだ以降、猛暑で外で作業をするのは危険な状態だったのも原因だった。 早めに進めていたアドバンテージを急な話で潰され、そこそこギリギリの状態になってしまった。 僕の作業が進まないと梱

          sosoの素(107)

          sosoの素(106)

          2022年夏休み1 子供には短く大人には長い夏休み。 お盆が過ぎ今年も終わりが見えてきた。 夏休みが始まる前、今年は感染者の数が過去最多を更新していたし積極的に出かけたり、友達の家に遊びに行ったり来てもらったりするのは控えておこうと思うとどう過ごしていこうかと悩ましい気持ちだった。 僕はお盆に展示の予定が入っていて、これまでにないくらい早め早めの準備を進めていてもしも早く準備が終われば少しお待たせしているオーダーのものかアートワークを製作できればと考えていた。 展示用の制作

          sosoの素(106)

          sosoの素(105)

          いいことと悪いこと半分ずつならラッキーだと思うようにしている。 悪いことがばかり続くのも気が滅入るけど、いいことばかりが続くのも浮き足だってしまうので用心。 悪いことやモヤモヤすることが続く時に僕は「いつかなんとかなるか」と無理に解決しないように静かに程よい距離で付き合っている。 昔はモヤモヤすることが近くにあると苦しいから早く解決したくて助けてーと叫ぶような気持ちで自分の価値観をアピールしたりわかって欲しくて自分の理論を語ってなんとかしようとしていた。 だがそれらは痛いの

          sosoの素(105)

          sosoの素(104)

          成長するということ 自分の中で停滞していることやなんでこんなことになるの?とか上手くいかなかったり誰かに貶められているような自分だけが多くの不都合を背負ってしまってるような気分になる時がある。 そんな時、決まって周りは穏やかで楽しそうに見えて孤独な気持ちにもなるから不思議。 新学期になって少ししたころから高学年のお姉ちゃんの様子がおかしかった。 月曜日になると必ず熱が出た。土日に楽しいことがあってたくさん遊ぶと必ず。月曜日に行けても火曜日には熱が出るようなことが2ヶ月ほど

          sosoの素(104)

          sosoの素(103)

          どこからどの風景をみるか 「そうは問屋が卸さない」て言葉が昔からなぜか好き。 自分なりに考えて仮説を立て、実験しながら実証し反省をしてまた考える。 そんな繰り返しの日々をじっくり味わいながら進んでいくのが僕の性分には合ってて一番楽しく早く進む。 そんな風に思えるまでには色々あって、社会に出てから一人前の顔だけできるようになって身勝手な視点で何かあれば揚げ足を取るために重箱の隅を突くような否定的な意見ばかり持っていた。 その世間知らずの行く末はもしかしたら過激な意見ばかりで

          sosoの素(103)

          sosoの素(102)

          損して得とる 現在絶賛展示準備中。 僕の仕事で多くを占めてるのはオーダー制作と定番制作。とりわけ展示前は通常の定制作以上の数を作らないといけないので同じことの繰り返しに飽きやすい性格の僕には結構大変。 ちょっと前まではギリギリまで1つでも多く作って売り切れがないようにしなきゃと力んでいて発送の時間に間に合うかどうか焦りながらやっていた。 なんでもギリギリのやり方はその場しのぎで心身ともに疲弊するから長続きしないし、現実問題僕もゆきちゃんも発送3日前くらいからヘロヘロになって

          sosoの素(102)

          sosoの素(101)

          とりあえず適当に 1年半ほど草まみれの空き地を管理する代わりに好きなように使わせてもらってる。それまでは毎年2m以上の高さの草で反対側が見えなく物騒だとも思っていたし、花をたくさん植えたいと思ったこと、持ち主が同じタイミングで防草対策のための処理を見積もりを取ったら考えていたよりも1桁金額が違ってたこともあって。 それからちょこちょことゆきちゃんが花を植えたり草を抜いたりで、利益を生むために活用というよりは気持ちの良い場所になるようにと考えてやってるので、たまに散歩してる方

          sosoの素(101)

          sosoの素(100)

          日々の積み重ね sosoの素100回目。毎週欠かさず更新してきて自分でもえらいと思う。 ものすごく忙しくて時間がないなと思いつつもここでやめてしまうとこれまでの積み重ねがもったいないなって気持ちが勝って自分に言い訳せずにやって来た達成感はやっぱりあるよね。 100回目なのでこれまで書いて来た内容の総括みたいな感じで書いてみようと思う。 僕はもともとずぼらで横着でいい加減。その性格が災ってたくさんの後悔をしてきた。それを周りのせいにしたり運の問題だと思ったりして来たけど結局

          sosoの素(100)

          sosoの素(99)

          ゆっくりゆっくり成長 頑張ってるかどうかはなんとなく実感できる。疲れとか充実感とかで。 成長してるかどうかってのはなかなか実感出来ない。 成長を実感できる時って成長している時よりも結構後で、何気無いタイミングで「あ、成長してるかも」と気づくような感じなんじゃないかな。 数年前からソウルの中国喫茶のお店で展示している。 コロナの前までは毎年行ったりソウルの方が日本に来てくれたりと行き来していて交流を深めていた。最後に会ったのは初めての展示の2019年の11月だからギリギリ韓

          sosoの素(99)