QGISとArcGISの比較してみた〜ポイント→ラスタ 変換について〜
見出し画像

QGISとArcGISの比較してみた〜ポイント→ラスタ 変換について〜

株式会社SOCO

GISソフトは無償のものから有償のものまで、たくさん種類があります。弊社ではArcGISをメインで使用していますが、無償で使えるQGISもなかなか使えそうだ!ということで、ArcGISと比較しながらQGISの可能性を探ってみたいと思います。

1. そもそもQGISとArcGISってなに?

QGSIは無償版のGISソフト、ArcGISは有償版のGISソフトとして有名です。

QGISはプラグイン(機能拡張)がたくさんあり、その全ての機能が無料で使えます。日本国内だけではなく世界中で使用されているソフトであり、世界中のプログラマーがあらゆるニーズで活用できるプラグインを開発してくれています。ArcGISで数十万円するような機能もQGISのプラグインを使えば解決することもあります。

画像2

一方、ArcGISは基本価格が390,000円で、高度な解析をしたい場合はさらに数十万円の追加ライセンスが必要です。(※これは法人向けの価格であり、教育機関や個人利用する場合はもっと安くで利用できるそうです。)ArcGISは高価なソフトだという印象がありますが、ソフトの操作性やデザインはとてもよくできていて、「使いやすい」という印象もあります。

2. 「ポイント→ラスタ」の機能について比較検証

では本題に入ります。QGISはどこまでできるのか?

今回は「ポイント→ラスタ」の処理についてArcGISとQGISの処理結果を比較してみました。結果がこちら↓です。

画像2

変換は問題なくできてますが、なにか違いますよね...?

ArcGISは、ポイントを囲むようにラスタを作成しているのに対し、QGISはポイントとポイントを結ぶようにラスタが作成されています。点と点の間は自動で補間されていました。(補間方法は選択できませんでした。)

ざっくりとした分布図を作成する場合などは、変換方法の違いによって結果が大きく異なることはないかと思いますが、解析業務など細かいデータを扱う場合は、変換方法を確認しておき、どれを採用すべきなのか?を検討しておくのがよいかと思います。

3. さいごに

比較してほしい機能やブログ記事に関するご要望、お仕事のご相談などありましたら、弊社HPのCONTACTページからご連絡ください。お待ちしています。

↓ホームページ

#エッセイ #コラム   #note初心者 #GIS #QGIS #ArcGIS #比較 #機能 #SOCO #自分らしい働き方


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
株式会社SOCO
「地図を通して全人類がもっと豊かにもっとワクワクした人生が送れるような社会を創造したい」という代表の想いで2019年に設立した会社です。