ビニールハウスカフェPleng Chan Norodom(ノマドワーカーのカフェ巡り)
見出し画像

ビニールハウスカフェPleng Chan Norodom(ノマドワーカーのカフェ巡り)

こんにちは。
ノマドワーカーのヒデホマです。
オフィスはないことはないのに、日々出社せず、カフェを彷徨さまよい仕事をしています。

プノンペンのいいことは、魅力的なカフェが多いこと。長時間滞在しても店員から冷たい視線も受けないし、コンセントも使い放題、もちろんwifi完備。

しかし、残念なところは意外と緑が少ないことだ。

ビルはニョキニョキと生えてくるのだが、木々あふれる公園などは少なかったりする。

そんなプノンペンで『緑にえて仕事がままならない!!!』という時は、どうすれば良いのでしょうか?

答えは、ビニールハウスに行けば良いのだ!!

画像1

プノンペンのど真ん中に、ビニールハウスがあるだけでも異彩。

とはいえ、ここはプノンペン。それじゃなくても暑いのに、中は灼熱しゃくねつのビニール地獄になっているような気も。。。

中に入るのに躊躇ちゅうちょする。

画像3

しかし、逆だ。

寒いくらいだ。

入ると優雅な音楽が流れ、バンバンのクーラーが効いている。

ここは、Pleng Chan Norodom

今プノンペンで話題のオシャレカフェだ。そして「これでもか!」というくらい、酸素を吸って二酸化炭素を吐き出せそうな緑あふれるカフェだ。

画像13

このカフェの注文スタイルは、カンボジアでは珍しく自分でキャッシャーのところまで行って注文して、カウンターで受け取るタイプ。

いくら緑が気持ち良いからと、座席で待っていても誰も来ない。恥をかくだけだ。

画像6

画像4

画像5

ちなみに、メニューはこちら。

カフェラテ$3.15

カンボジアのカフェ。そんなに安くない。。。そう思った方も多いのではないだろうか。そうなのだ。日本のドトールとそんなに変わらない。

しかし、コーヒー一杯でコンセントも、wifiも使えて、丸い日居座ることができる(雰囲気)があるのだから、文句を言うな!!!!。。。。だ。

そして、クメール料理もオーダーできる。なんだか、異様に豪華な写真。クメール料理は意外に美味しい。

とはいえ、私もカンボジア歴9年。
クメール料理にはもう飽きた。

画像7

だから、オーダーしたのはカルボナーラ。お値段$4.35。おおよそ、ワンコインパスタだ。

画像11

画像9

階段を上がると、二階もある。

こちらは、少しシックな木製の作り。

このカフェの特徴は、たくさんの本を揃えているところだ。

英語、フランス語、ロシア語、クメール語の本が約3,500冊(1号店、2号店合わせてか?)取り揃えているらしい。日本語の本もちらほら。

読書週間のないカンボジアにとって、意識の高い教育的なカフェなのだ。

画像3

それにしても、寒い。

クーラーばんばんに効かすのが、カンボジア流のおもてなし精神。

長時間作業していると、寒くなってくる。

トイレも近くなる。

画像13

画像12

しかし、安心して欲しい。

このカフェにはもちろんトイレもあるし、半野外スペースもあるのだ。

こちらは寒くない。

画像10

Pleng Chan Norodomは、いかがだっただろうか?

残念なところは、机の形が足を伸ばせないスタイルだったところだ。
ノマドワーカーとしては、椅子机周りは快適であって欲しい。(←図々しのもいいところ)

ノマ度は★★★★☆

かなりおすすめカフェ!ぜひ、プノンペン起こしの際は、仕事をしに行ってみて欲しい。

Pleng Chan
住所:Street 370, Sangkat Beong Keng Kang I, Khan Beong Keng Kang Phnom Penh, 12302
営業時間:  6時30分~21時00分(定休日なし)
電話番号:093 802 525
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
中村 英誉@アート・デザインで世界を変える!

いつも読んでくれてありがとうございます!! サポートして頂いた金額は、一般社団法人ソーシャルコンパスの活動に使わせて頂きます!もしくは、いっしょに何か面白いことをやりましょう!! 連絡待ってます!

スルパイキ!!
一般社団法人ソーシャルコンパス代表・SDGsアーティスト カンボジア在住9年 #NFT #SDGs #失敗談 #旅育 #ソーシャルビジネス #ワッティー #ノマド #アジアのアート http://socialcompass.jp http://whitecanvas.pro/