見出し画像

ヒグマはなぜ、山に登るのか。 #06

前回の記事更新から、早、1ヶ月。
毎回言ってますが、あっという間ですね。汗)
さて今回は、久しぶりにクマのお話をしてみようと思います。

アンケート結果と、これからお話していきたいこと

以前皆さんにご協力をお願いしたアンケートでは、
クマの話が聞きたいぞ、という結果が出ました。
※ご協力、ありがとうございました!

ヒグマに関しては、足で少しずつ知見を積み重ねてきた、僕にとってとても大切な情報や知識たちです。
…秘密にしていたいような気もするのですが 笑)、やっぱりクマのお話をしたいし、聞いてもらいたい。
ですから今後時々は、僕の知見の中からかいつまんで、皆さんに少しずつ、クマの生活を想像してもらえるようなお話をしていきたいと思います。

ただどうしても、クマの話は生態や、フィールドでの話が中心になるため、写真のお話、というよりもより自然観察の内容に寄っていくことになると思います。もちろん「身近な自然」の話や、「撮影機材やテクニック」など、写真よりのお話も、今後もしてまいりますので、よろしくお願い致します。

※ クマの話に関しては、僕のヒグマ観察における個人的経験と推測に基づいており、科学的裏付けはありません。予めご了承ください。

■ ヒグマは山が好きなのか?

さて本題。ヒグマはなぜ山に登るのでしょうか。
クマが山の上にいるって、当たり前のことのようですけど、そこには、きっと理由があります。たぶんその理由が無ければ、クマは山に登らないんじゃないかな…。特に森林限界を超えれば、身を隠すところも少ないし、そんなに食べるものが多いという印象もありません。

僕がまだ動物を探すようになって間もない頃、山の上、森の奥へと目が向いていました。クマもシカもイノシシも、山の奥の方にいると思っていたんですね。人気が少ない山の上に登れば、動物たちに会える可能性も高まると。
…でも実際、そういうわけでもないんですよね。
人間が過ごしやすい場所(地形)は、動物たちにとっても過ごしやすい場所であることが多いんです。平地の方が歩きやすいのは動物も一緒。反対に人間にとって過酷な状況は、動物たちにとっても楽な世界ではない。それでは、なぜ街中に動物を見かけることが少ないのか…。答えは「人間がいるから」。あたりまえですね。笑)
ざっくり言うと、文明の力で良い場所を占拠したのが人間であり、そこから追い出されたのが野生動物たち…と言えるのかもしれません。
例えば、今突然、とある大きな街から人間が一人残らず消えてしまったら…その街は数年後には野生動物たちの天国になっているかもしれません。
余談ですが、これは今現在の野生動物の個体数増加や生態の変化を考えるうえで、けっこう重要な要素なのではないか、と僕は考えています。

だからヒグマたちも、皆山が好きでそこに住んでいるわけではない、って僕は思うんですよね。街中に暮らすことは難しくても、人目につかない森や茂みの中なんかが、彼等にとって過ごしやすいのではないかなって思うのです。もちろん、個性豊かなクマのこと、中には「お山大好き」なクマもいるかもしれません。ほら、人間でもいるじゃないですか。それで周りの人に「なんであんなしんどい山登り、好き好んでやるのかね?」って言われちゃうような…。笑)

だから、クマがわざわざ、しんどい山登り(といってもクマの脚力なら人間より簡単に登れてしまいますが)をする理由っていうのを考えてみるのが、クマをより理解する糸口になると思うんです。

■ クマたちにとって、最も辛い季節とは?

いきなりですが、どうです、このクマさん。
手と足が長いクマだなぁって思いませんか?
これ、手足が特別長いクマってわけじゃなくて、痩せてしまっているんですね。
この写真の撮影時期は9月。夏が終わり、遡上し始めたカラフトマス(鮭の一種)を探しに河岸に降りてきたところです。
亜成獣(親離れした大人の一歩手前)ぐらいのサイズで、小さめではありますが、決して、特別小さい個体ではありません。本州に棲む、ツキノワグマの一般的な成獣より一回り大きいくらい。ただ、食べていないだけなんですね。きっと、このコは食べ物を探すのがまだあまり上手ではないのでしょう。

同じ個体ではありませんが、ちゃんと食べていればこれくらいの体格はしていていいサイズです。クマって、びっくりするくらい痩せたり太ったりするんです。冬眠のために食いだめするっていうのもありますけど、それにつけても驚かされます…。もし役者さんだったら、めっちゃ役作りしやすそう…。笑)

じゃあ、なぜこのクマはこんなに痩せてしまうほど、食べることができなかったのでしょうか?ひとつに「食べ物を見つけるのが下手」という理由が挙げられます。
クマって何でも食べる動物なんです。草、木の新芽、昆虫、果物、どんぐり、シカ、サケ…。自らの巨体を養うために、その中で状況に合わせて一番手に入り易いものをたくさん食べるっていう場合がほとんどだと思います。この痩せたクマはまだ若い。経験不足から、上手に、効率的に食べられるものを見つけることができていなかったんですね。

それからもう一つ。季節的要因が考えられます。この痩せたクマはこれからきっとカラフトマスを食べて太っていったと思いますが、この写真を撮るまでは、彼の周りに食べ物があまりなかった…。それは夏だから。

そう、クマにとって最も厳しい季節は夏なのです。
一番厳しい季節は?と訊かれると、北国北海道のこと、皆さんは真っ先に「冬」と答えるでしょう。でも冬眠をするクマには、冬に食べ物は必要ありません。
ざっくり言うと、春先に、芽吹いた柔らかい草や新芽を食べ、秋には実った果物やどんぐり類、それから遡上してきたサケをたらふく食べる。
では、夏は…?
『新芽は成長して硬くなり、秋の恵みにはまだ早い』
森に暮らすクマにとって夏は暑さだけではなく、食べ物が少なくなってしまう、最も過酷な季節なのです。

■ クマは、季節のズレを求めて旅をする

食べものが無い、そう感じたクマは食べ物を求めて旅に出ます。例えば、これはツキノワグマの例ですが、ドングリが凶作の年は、クマの行動範囲が広がるという研究結果も出ています。
豊凶に関わらず、季節的な要因でクマが食べ物を求めて移動するということも十分にありえることです。もちろん、少ないとはいえ夏の海にも森にも探せばクマの食べものはあるでしょう。しかしその中で身近に食べ物を見つけられずに「山に登る」という選択をするクマもいるはずです。

クマは多くの場合、やっぱり食べ物を求めて山に登るんですね。そして、それをより深く考察するうえで重要なのは「季節のズレ」だと僕は考えています。
山の上に登ると寒いですよね。標高が上がると気候が変わります。平地は暑い夏の盛りでも、稜線には雪渓が残っていたりする。単純にその上に寝そべって涼しそうにしているヒグマを観察することもあるのですが(その姿めっちゃカワイイです)、そういった気温が低い所や氷が溶けだす所には、柔らかい草がたくさん生えているのかもしれない。
季節にズレがあれば、植生にもズレがある。結果、食べ物があるということ、だと僕は思うのです。

まだクマを撮ろうと思い立って間もない頃、稜線でこの小さなクマに出会いました。毛並みもあまり良くなくて、愛らしいけど、みすぼらしい。必死に草を食べていた姿がとても印象深いクマでした。

このコとの出会いから、僕は山とヒグマを意識するようになります。
有難い出会いでした。このクマも、無事に大きくなってくれているといいなぁと思います。

「季節のズレ」。これはクマたちの行動を観察するうえで非常に重要な要素だと気づいたのは、それからしばらく経ってからのことでした。
今では、それを中心にクマの観察地点を決めていることがかなり多くなってきています。これは実は、山に限ったことではありません。

ヒグマは、地域に差はありますが、非常に広い行動範囲を持つ動物です。だからこういう考えに辿り着いたともいえるのですが、ひょっとすると、あなたの身近な他の動物にもこの視点は応用できるかもしれません。是非頭の片隅において、フィールドを歩いてみてください。
楽しい想像や新たな発見との出会いが、いつものフィールドを、もっと楽しくしてくれると思います。

そうそう。
クマが山のぼる理由、実はもうひとつあるんです。
ヒントは親子グマ。…何だと思います?
ぜひ理由を想像してみてください。楽しいですよ。
…またいつかそんなお話もしたいと思います。

さて、今回はこれくらいで。
最後まで読んでいただき、有難うございました。


更新情報はツイッターで随時配信しています。
フォローしていただけると嬉しいです。
■ twitter @sinh11  ■ facebook
■ マガジン 自然写真家のnote
▼ 前記事 ▼
街中で見る、川を上る魚の大群や野鳥の子育て。身近な命の営みの見つけ方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、旅費や機材など新しい撮影活動の資金とさせていただき、そこで得た経験を、またこちらで皆様にシェアしていきたいと思います。

励みになります!
69
二神慎之介 / 東京/道東。写真撮り。映画『草原の椅子』から写真の途に。 現在は『森のヒグマ』を中心とする野生動物を被写体に活動中。 http://www.sinh11.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。