SILKKI
SILKKI shop Open!
見出し画像

SILKKI shop Open!

SILKKI

こんにちは。SILKKIの作り手の川上です。
すっかり夏が近づく季節となりましたね。

随分と時間が経ってしまったのですが、今日は今年4月8日にオープンした私たちの初の実店舗 SILKKI shopについてお話したいと思います。

画像2
画像3
画像4
写真提供:早川記録


場所は桐生市巴町にある、私たち織物メーカー桐生整染商事の本社の一角です。

設計は同じく桐生市の新里町に事務所を構える一級建築士、ねぎしけんちくスタジオの根岸さん。


新築の設計から既存の建造物の改修、インテリアデザイン、家具等のデザイン、DIY講習、​展示会等の会場構成までなんでもこなされる設計士さんで
ご自身の事務所も自分で組み立てておりガーデンや畑と隣接する素敵な場所となっています。
自然との共存を意識されながらも現代建築を追求されている根岸さん。オランダのリートフェルトアカデミーを卒業されており、そのユニークな発想力で桐生市内でも様々な建築の設計や改修に携わっていらっしゃいます。

↑私たちSILKKIもお世話になっている駅中のシェアショップ、オーライの設計も根岸さんです。

今回お願いした私たちの空間は社内の一階、階段下の空間。
決して広い空間とは言えず、どちらかというと薄暗い場所でした。

改修前

狭い空間ですが試着室も含めた最大限の空間活用と、シルクの商品をシンプルにお伝えできるような内装をお願いしました。
また床下に井戸があり、昔から商売をやる会社は井戸を踏んではならないという言い伝えがあるそうで井戸の位置に人が足を踏み入れないことも条件に加わりました。

改修後

完成した空間がこちらです!
あの薄暗い空間からは信じられないほどクリーンで開放感のある、明るい店内が実現しました。
白と無垢な木のスキントーンの二配色の壁が個性的でとても気に入っています。
また、壁を有効ボードにしていただくことで壁への展示も可能となりました。
そして二段になっている長いテーブルの右側がL字になっているのは、井戸を隠すためです。根岸さん曰く、井戸の条件を発想の起点にすることでこの空間を設計することができたとか。
制限された条件から発想された空間。さすがだなぁと思いました、、!
より詳しくは下記の根岸さんのサイトよりご覧いただけます↓

そしていよいよ迎えたオープン初日。
おかげさまで沢山の地元のお客様方にお越しいただくことができました。

いただいたお花も沢山。ありがとうございました!!

オープンは基本的に毎週平日月曜〜金曜までの5日間。時間は午後のみで13:00-18:00までです。時々不定期的に休日もオープンいたします。
オープン日程に関してはSILKKIのインスタグラムにてお知らせを公開しています。気になる方はそちらを検索していただけるとありがたいです。

2020年9月の立ち上がりから約1年半。私たちはこれまでオンラインと時々ポップアップショップとして出張販売を行ってまいりました。
やってみて実感したのは、シルクのアイテムというのはやはり触っていただいたり、着ていただかないとその良さがはっきりと分かりづらいということでした。
そのため今回この小さなお店ができたことは、私たちにとって大きな大きな一歩となります。
実際にお客様にシルクを触っていただきながら、桐生や群馬のシルク文化を知っていただくようなきっかけになれる場所となるよう、楽しいお店づくりを心がけてまいります。

沢山の方々のサポートによって実現できた店舗開店。関わってくださった関係者の皆様、本当にありがとうございました。

どうぞこれからもSILKKIと、SILKKI shopを、よろしくお願いいたします!

SILKKI shop
群馬県桐生市巴町1-1123-6 1F
Tel: 0277-22-0541
Open: 月〜金 13:00-18:00

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
SILKKI
群馬県桐生市のシルクのものづくり。桐生の織物メーカーによるシルクに特化したライフスタイルブランドです。 この土地のシルクと洋服作りの文化をお伝えします。 SILKKI shop: 群馬県桐生市巴町1-1123-6 1F https://www.silkki.jp