新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省や首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

📄市政報告164号 - 812市区における本市実力(住みよさランキング) -

長畑ひろのり

812市区における本市実力

東洋経済が発行している「都市データパック2022」より報告します。2022年6月時点で、全国にある792市と特別区 (東京23区)のうち、千代田区、中央区、港区の3区を除外した812市区が対象です。

・住みよさランキング

住みよさランキングは、さまざまな分野の公的統計を用いて算出した“都市力”を表したものです。住民の生活場面に応じた「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」の4つの視点から、20のデータを用いて算出しています。また、今回はコロナ禍の影響で、順位の変動が大きくなっています。

下表は本市のカテゴリー別全国順位で、4年間の比較です。

四條畷市のカテゴリー別全国順位

下表は全国における総合順位で、本市を含む北河内7市に、参考として全国上位3市と下位3市、そして、大阪府内上位2市も載せています。
本市の4年間を比べれば 「668位 → 570位 → 585位 → 590位」となります。この3年、徐々に悪くなってはいますが、4年前と比べれば良くなっています。

総合順位

妻の実家が野々市市ですが、金沢駅まで2駅で所要時間が8分。隣の白山市にはイオンやコストコがあり、住みよさランキング3位なのもわかります。
ちなみに、4位が倉吉市(鳥取県)で白山市(石川県)は5位です。

市政報告にはない内容

本市では「安心度」の順位が悪いのですが、この3年で少しずつ順位を上げています。それでも、北河内7市の中では本市が一番良い順位で、この点は、北河内7市の抱える課題です。
「安心度」の算出指標は、下記6項目となります。

「安心度」の算出指標

本市で全体の真ん中より上位だったのは「快適度」のみで、ほぼ市内全域に普及している下水⑬の影響が大きいと思われます。ちなみに、 ⑬の汚水処理人口普及率は、 99.8%です。
「快適度」の算出指標は、下記5項目となります。

「快適度」の算出指標

市政報告の画像

表面
裏面

データ

PDFのリンクです。上記画像がダウンロード出来ます。

http://nagahata.jp/pdf/Vol164.pdf

<了>

この記事が参加している募集

私の仕事

この街がすき

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
長畑ひろのり
[大阪]四條畷市議会議員(無所属・4期目)・一級建築士 広く浅い趣味の話や四條畷市政の事などを書いています。ルーツは隠岐「知夫里島」。http://nagahata.jp