見出し画像

面接だけで採用する時代は終わりました。働いてみてから採用する時代です

入社後のミスマッチがあった。

自分自身も幾度となく創業後このような経験をしてきました。
もちろん企業として採用する側だけでなく、採用される求職者の方から見てもミスマッチが起きます。

「こんなにハードな働き方をするとは思っていなかった」
「現場での裁量が実際には全くない」
「面接してくれた人は素敵な人だったのに、実際に一緒に働く人とは合わない」

などです。

面接は1対1なのに、仕事は1対多

そもそも面接は1対1の関係性の中で行われるものですが、実際に働く場合は、1対多の関係性です。
つまりその人がチームに入り、他のメンバーと仕事をした時にどんなアウトプットができるか?は面接ではなかなか見えてきません。

そのため採用後の確度を上げるために、様々な手段で面接される求職者の方の側もする企業の側も双方にミスマッチをなくそうと努力します。

採用される求職者の側は、人事以外の実際に働いている人の話を聞くとか、その会社を退職した知り合いに話を聞くなどをしますよね。

逆に企業も社内のメンバーからの紹介で採用する、
これまで何かしらのプロジェクトを一緒にこなしたことがある人を採用する…などをしています。

採用も結婚も同じ

ただよく考えてみると、採用も結婚と同じだと思うのです。
3人に1人が離婚している時代です。いきなり結婚するのではなく、同棲してみてから結婚するとか、一緒に色んな場所に出かけてデートしてみるとかあった上での結婚の方が、ミスマッチも減るはずです

これと同じように考えると、なぜ働く相手を選ぶときに一緒に試しに働いてみるというプロセスがなく、面接という機会だけで採用に踏み切れるのかわかりません。

一緒に働いてみる期間があると、必ずチームで仕事をした時にどうなのか?を1対多の関係性の中で確かめることができます。

また大きな会社から規模の小さな会社に入るとしても、どんな働き方をするのか?確かめることができ、一緒に働くメンバーの顔も見えます。

コデアルでは、働きながら採用を進めています

コデアルでも働いてみてから採用するということを大切にしており、トライアル期間というまず30日働いてみることができる仕組みを設けています。私はこれを「ワーキングリクルーティング」と呼んでいます。

面接ではなく、まず働いてみて、継続的に働く場所を選べるような文化がもっと根付くようになるといいなと思います。

即戦力人材のプラットフォームであるコデアルをご導入頂いている企業様にもこの「ワーキングリクルーティング」をお勧めしており、社員化を成功される事例が急増中です。

即戦力人材の受け入れでお困りの方は、ぜひとも下記からお問い合わせください。エンジニア・デザイナーを始め、マーケッター、セールス、バックオフィスなど、職種も多様化しています!

スクリーンショット 2019-11-21 19.01.10


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂いたお金は、定期的に開催している「働くを語る会」で使わせて頂きます。

ありがとうございます!働くをもっと自由にします!
75
コデアル株式会社社長。東大卒→ヒモ→起業。働くをもっと自由にする即戦力求人プラットフォーム「CODEAL( http://codeal.work )」やってます。即戦力/ワーキングリクルーティング/役割/働き方/リモートワーク/社員採用/フリーランス/複業/組織/利他

こちらでもピックアップされています

一億総「社長」「復業」時代の働き方と経営術
一億総「社長」「復業」時代の働き方と経営術
  • 2286本

アーティストもデザイナーも、科学者もエンジニアも、漫画家も著述家も音楽家も役者もゲーマーもアスリートも、そして子どももシニアも、目指せ「独立自存」。😃✨

コメント (5)
コメントありがとうございます!デートワークいいですね!私自身インターンのサービスを運営していたこともあり、それに近い部分もあるかもしれません。
ワーキングリクルーティングという概念がもっと普及すればいいなと感じました
そのお気持ち凄い分かります。
具体的にいうと、面接というフォーマットの限界を僕も感じてます。
コロナウィルスがは日本にもたらした最大のメリットは『Uber』を例に取っても【引き籠り】の若者の働く意欲を引き出したのは良い意味です。
☆Uberの魅力は『面接』が無い事です。稼ぎたい人は、もっと稼げば良いし‼そのバロメーターは直ぐに『データベース化』されます。
☆全部の企業の【面接】無くしてUber方式の働くバロメーターで正式採用すれば良いですね
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。