見出し画像

コラム 創造 ”企業理念の目的”

砂原康治 (発明家)


株式会社ソロモン 代表取締役 砂原康治 (商品開発アドバイザー)

 何のために企業理念があるのでしょうか。それは長期的に利益を生むためです。”企業理念”と”長期的な利益”は同じ意味です。
災害や感染症、戦争など長期間営業していると、いろいろな環境変化があります。目先の損得で右往左往していては常に誰かの後ろを歩く事になります。株式投資にしても同じだと思います。自分の考えを持っているから結果的に他人と違った行動になり、そこが利益を生むのです。自社の目的に向かって進めば良いのです。企業理念が”金儲け”だと目的が無いので右往左往し気がついたら袋小路に入っていたりします。そんなときは、創業者の気持ちになって何をすべきかを考えてみる事をお勧めします。創業時と現在では置かれた環境が変化し技術が進歩しており創業者の考えを笑ってしまうかもしれませんが、創業者は何を考えてこの企業を興したのか、またそのときどんな気持ちだったのかを想像してみるのも良いのではないでしょうか。創業の目的が一貫していても事業形態は時代に合わせて変化していると思います。扱う商品も変わっているかもしれません。創業の目的を達成した場合や創業の目的が達成できないと分かったとき会社を清算すれば良いと思います。私は、1社清算したことがあります。資本金と同じ額の現金が残りました。資金が尽きて清算したのではなく目的が達成できないと分かったから清算したのです。目的を達成して清算した場合は、株主に多くの現金を渡す事がきるので素晴らしいと思います。以前、あるカレーチェン店の創業者と話をしたことがあります。その方は50代で目的を達成し会社が大きくなったので社長を引退し株もすべて手放しプロの経営者に任せました。このように社長が交代し新たな目標を設定し再出発する例もあります。その創業者は起業前に元気づけられた多くの音楽家たちへ恩返しをするため名古屋市内にコンサートホールを建て、またファンドもつくり音楽家の応援をしています。創業者も会社もそれぞれ目的に向かって進んでいます。会社は、株式会社を設立した時点で創業者個人のものではなく株主様のものです。もし、自分だけのものとして営業したいのであれば、売上に関係なく法人にせず個人事業で営業することをお勧めします。そうすれば株主間で揉めることを避けられます。また、法人と個人事業の選択方法は税額で判断せず、このように事業の目的から決めるのが正解だと思います。
 過去に当社の株主であった、ゼネコンの元専務がいました。その方は10代の頃、私の祖父に進路の相談に行き、陸軍大阪幼年学校へ進学しました。卒業前に終戦になり小さな建設会社に就職し創業社長と一緒に働き年商400億円にまで育てました。会うたびにそのときの話をたくさん聞きました。例えば、年商5千万円で負債10億円の子会社を任されたときは雇われ社長でも社長なら保証人になる必要があり緊張したとのことです。しかし、数年で無借金にしたそうです。その話などはとても参考になりました。本人はもうこの世にはいませんが、私が困ったときあの人ならたぶんこう言うだろうなと思うことがたくさんあります。そんな感じで、創業者の気持ちになって考えてみると迷いが消えるかもしれません。

2022年7月22日発行

(出典:帝国データバンク 帝国ニュース北陸版)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
砂原康治 (発明家)

ありがとうございます。起業以来、下請けと工賃仕事をせず自分で考えたものを世に出して生きてきました。その経験をノンフィクションとして書いています。