立石慎也@ICC国際コーチング連盟資格×成人発達理論トレーナー

識育コーチング®︎開発者。パフォーマンスデザイン有限会社 代表取締役。真・善・美(靈)・無(空)の四つの基底から成る「現前」を基軸として、意識がひらいていく道のりを成人発達理論を援用して探究しています。https://epistemic-coaching.com

『リアルなコミュニティ文化の再生』と成人発達理論

 昨日、届いていたイベント案内メールから派生したプチ探究メモをnoteしておこう。  昨年からもうすぐ1年間、地域に根差したコミュニティづくりを実践されてらっしゃる…

コーチングの実存的価値

『現前とダンスしながら、心の奥深くに内在する「ごまかし」や「欺瞞」を晒し、その奥にきっと潜む「真実性」を探究する時間』 どこか、先週の娘の問いかけとも重なる。 …

集合的学習の可能性を実感する週末

 横浜では35度を超えるような真夏の週末の午前中は、WIAL JAPAN(World Institute for Action Learning Japan)2022年次カンファレンスに参加していた。  マーコード博士…

曖昧に全体性を志向しつづける日本人の意識構造

過日、「万物の歴史」ケンウィルバーの振り返りとその夜の夢を通して、ふたつのフレーズが生まれた。 と同時に、この個の内面に宿る『真実性(truthfulness)』は、顕在意…

Making Room for Everything

ケンウィルバーの新著が、2023年に出版されるかもしれない。 タイトルは、『Making Room for Everything』。門林さんは『すべてのものに居場所を与える』と訳されていた。…

第3期 今秋10月開講に向けて募集スタート!

第3期、今秋10月開講に向けて、募集スタートします! 講座の特徴 ICC国際コーチング資格取得モジュールでは、78カ国、15,000人以上の認定コーチが所属する世界規模の…