見出し画像

なぜ、アイルランド産天然本マグロなのか?


 「鮪のシマハラ」のEC通販事業がスタートしました。キッチハイクさんが「アイラマグロ」と名付けたマグロが皆さんの自宅に届き始めています。「アイラマグロ」は確実に皆さんの食卓を笑顔にします。確信しています。

 今回お送りしている「アイラマグロ」はアイルランド産天然本マグロ赤身です。この商品選定は私が行いました。私が選定した最強のマグロをキッチハイクさんが最高のマグロにしてくだいました。

 ではなぜアイルランド産天然本マグロ赤身を選んだのか?それはもう直感です。自店でも扱っているこのマグロが、「俺をみんなに紹介してくれ。後悔させないぜ。」と主張しているかのように感じたのです。

 そんな自己主張の激しいアイルランド産天然本マグロは、北緯60度水温10℃以下極寒の荒波に揉まれ身が引き締まっています。旨いです。好みを選びません。マグロに携わって二十数年ですが、このマグロを美味しくないと評価する人に会ったことがありません。また比較的競り場でも高値で取引されることから、スーパーの鮮魚売場等で目にすることもあまりありません。

 ピッタリじゃないですか。皆さんこのマグロ知りたくないですか?日本から約10,000㎞。想像もつかない大海原から届く最高の贈り物です。そんな贈り物を届ける私たちでありたいと考えています。

 そして今回は赤身です。大トロでも中トロでもなくて赤身なのです。天然本マグロの赤身は奥が深い。解凍初日はさっぱりとした風味です。それが2日目にはしっとりに変わり、3日目にはねっとりとした豊潤な味わいに変わります。いまでも食べるたびに新しい発見があります。そんな発見を皆さまとも共有したいと考えています。

 マグロが日常にある生活始めましょう。突然の来客に振舞う料理が天然本マグロ。恋人につくる手料理の主役が天然本マグロ。そんな生活、素敵です。私たちはそんな生活を提案していきます。

 マグロをどんどん食べましょう。あなたの身体をマグロで作り上げましょう。そうするとマグロを口に運ぶだけで、そのマグロが見た大海原の光景が目に浮かぶようになります。あなたはもう大丈夫。立派なマグロ人です。早速、「鮪のシマハラ」に履歴書を送りましょう。明るい未来をお約束します。

「決してマグロを売ろうとしない。」マグロのEC通販事業。みなさん絶対買ってください。どっちやねん。爆笑


 




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアもお願いします。
19
2004年単身上海に渡り上海天家飲食管理有限公司創業。頑固マグロおやじの店「天家」を最盛期には直営11店舗FC3店舗年商20億まで成長させる。2018年中国の事業を譲渡し帰国。日本でもマグロの魅力を多くの人に伝えるため、「鮪のシマハラ」をオープンさせる。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。