南関東の石造物㉕:大山寺宝篋印塔

南関東の石造物㉕:大山寺宝篋印塔

綾

画像1

名称:大山寺宝篋印塔

伝承など:なし

所在地:千葉県鴨川市平塚 大山寺


「大山不動尊」の通称で知られる鴨川市の大山寺は、奈良時代に良弁が開いたと伝わる古刹で、源頼朝や足利尊氏、安房里見氏など、古くから武将の尊崇を受けてきた。

現在の本堂は江戸時代のものであるが、本尊の不動明王は鎌倉時代の作と言い、また本堂裏には南北朝時代の宝篋印塔がある。

この宝篋印塔は文和二年の銘があり、同じく文和二年の造立と思しい館山市安東の千手院宝篋印塔(「南関東の石造物㉑」参照)と形式はよく類似する。

千手院塔とともに、安房地域の南北朝時代の宝篋印塔の基準塔の一つである。


#鴨川市 #大山寺 #大山不動尊 #宝篋印塔 #南北朝時代 #石塔 #歴史 #日本史


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
綾
日本国内の石塔・石造物に関する記事と、歴史ドラマ・映画のレヴューを中心に書いています。