甲信越地方の石造物⑯:霊光寺五輪塔群(伝・安田氏の墓)

画像1

画像2

名称:霊光寺五輪塔群

伝承など:安田氏の墓

所在地:山梨県山梨市下井尻 霊光寺


安田氏は、新羅三郎義光の孫で甲斐源氏の祖・源義清の子の義定が、甲斐国安田郷を本貫地としたことに始まり、義定は甥の武田信義(一説には義定は武田清光の子で信義の兄弟とも)らとともに源頼朝に仕えた有力御家人である。

後に安田氏は他の甲斐源氏と同様頼朝の排斥を受け、義定も謀反の疑いをかけられて処刑されている。

現在山梨市の霊光寺の入口東側には、安田氏の墓と伝承される五輪塔群があり、その中でも中央に建つ三基の大型五輪塔(一枚目)は、安田義定とその子・義資、義季の墓と伝承される。

五輪塔は三基とも鎌倉時代後期の造立であり、年代から言えば墓と言うよりも義定父子の供養塔であろう。

当初からの形ではなく、地輪・水輪と火輪・空風輪は別物かも知れないが、いづれも山梨県内では最初期に属する五輪塔(山梨県内には甲斐源氏に関係する五輪塔が多く、韮崎市願成寺の武田信義の墓、あるいは中央市大福寺の浅利氏に墓と伝承される五輪塔も同じく鎌倉時代後期の作である)で、特に向かって右側の五輪塔(二枚目)は重量感があり、あるいは他の二基よりも先行する作かも知れない。


#山梨県 #山梨市 #霊光寺 #五輪塔 #安田義定 #甲斐源氏 #安田義資 #安田義季 #鎌倉時代 #石塔 #歴史 #日本史

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

日本国内の石塔・石造物に関する記事と、歴史ドラマ・映画のレヴューを中心に書いています。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。