見出し画像

スンドコベロンチョの話

教育研究所 Piste Stories(ピストストーリーズ)

🚸学校教育でズンドコベロンチョを達成するために🚸

 教育現場における,ズンドコベロンチョ達成のためのビッグイシューは,オポチュニティを見極めオーソライズする事。KPIを明確にし,学級におけるオリエンをオーソライズすると共に,コンセンサスを得ながらのコンティンジェンシープランの立案,並びに教職員間でのシナジーを考え,スキームをブラッシュアップしつつ,常にバッファを持つようにする事。そのために,自らが及ぼすハレーションと自らのフェーズを客観的に捉えることは欠かせないだろう。現状をメイクセンスし,リスクヘッジした上でリバイズを繰り返していかなければ,ズンドコベロンチョの達成は非常に困難である。




⚜️「無知の知」(不知の自覚)⚜️

画像1

 【わからない時に「わからない」と言えること。】簡単だがそれが難しい。「わからない」をきちんと言える環境を作ることが,学級を経営していく「0歩目」ですね✨😆学級でその話を切り出す際,私はよくこの「ズンドコベロンチョ」を使わせてもらってます✨😏(♯トークです‼️)

「知ったかぶりをする=ズンドコる👍笑」

✨応援がてら,💖&フォローよろしくお願いします✨

 教育研究所Piste Stories✈️(ピストストーリーズ)では、「教育は未来への滑走路だ‼️」をモットーに、学校教育や子育てに関する記事を発信しています。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
教育研究所 Piste Stories(ピストストーリーズ)

「教育事業で,社会貢献!✈️」を目指して日々活動しています!サポートしていただいた方にまで貢献できるように,全力を尽くします⭐️

教育研究所 Piste Stories(ピストストーリーズ)
「教育は未来への滑走路だ‼️🛩」学校教育/ 現役小学校教諭(15年目&2児のpapa)【①現場で得た先生としての知識や経験から,学級経営・日々の授業に役立つピッチピチの実践】や【②子育てや教育視点で感じたこと】を発信🌟😏