教来石小織/NPO法人World Theater Project

きょうらいせき・さおり/途上国の子ども達に移動映画館をしています/note有料記事は恥部を晒しているのであまり読まれたくないだけで(でも書きたかった)、何の役にも立たない記事ですすみません。。/センジュ出版『ゆめの はいたつにん』/英治出版オンライン「映画で貧困は救えるか」

幸福

夫とはたぶん仲が良いのだけれど、もちろん時には喧嘩をすることもある。 かつては喧嘩して家を飛び出して、カプセルホテルで一夜を明かしたこともある。 子どもが産まれ…

感銘

石岡瑛子さんのことは最近まで知らなかった。 通りがかりの美術館に珍しく行列ができていて、展覧会「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」が大盛況であることを…

傷跡

昨年の三月、箪笥に洋服をしまおうとした時に、引き出しで手の甲をうっかりピッと傷つけた。 何気ない時に傷ついた、その傷跡が未だに消えない。 年を取ると傷の治りが驚…

NPO代表としては致命的なのだけど、「寄付をください」「会員になってください」というのが滅法、地球がひっくり返っても得意になれないであろうレベルで苦手なわけで。 …

感想

有難いことに、高校や大学などでお話させていただく機会が増えてきました。 毎回生徒さんからうれしい感想をいただき胸がいっぱいになるのですが、最近いただいたインドネ…

人生が変わった旅があるとするならば

人生が変わった旅があるとするならば、私の場合は7年前のこの季節。 カンボジアの学校で映画を上映し、それを観ている子ども達を見た旅だ。 カンボジアに旅立つ前は、日常…