サイトウリン

詩人・斉藤倫のこと 詩集に『手をふる 手をふる』(あざみ書房)など 物語に『どろぼうのどろぼん』(福音館) などがあります 近刊に『ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集』(福音館) 『はるとあき』(うきまるさんとの共作 小学館)
固定された記事

サイトウリン works

詩人・斉藤倫のこと。 詩集に 『手をふる 手をふる』(あざみ書房)、『オルペウス オルペウス』(思潮社)、『さよなら、柩』(思潮社)、『本当は記号になってしまいた…

金原瑞人✖️斉藤倫 『レディオ ワン』刊行記念対談 「飛ぶ教室」未収録お蔵出し〜後編 〈ラジオと表現のあいだで〉

みなさま、こんばんわん。 ぼく、DJジョンがお送りする、月曜夜九時、〈レディオ ワン〉。 先日、番組ゲストの翻訳家の金原瑞人さんと、詩人の斉藤倫さんに、新刊小説『…

金原瑞人✖️斉藤倫 『レディオ ワン』刊行記念対談 「飛ぶ教室」未収録お蔵出し〜前編 〈動物と言葉をめぐって〉

みなさま、こんばんわん。 ぼく、DJジョンがお送りする、月曜夜九時、〈レディオ ワン〉。 先日、番組ゲストの翻訳家の金原瑞人さんと、詩人の斉藤倫さんに、新刊小説『…

えーえんの補助線 〜 笹井宏之の歌を読む(4)

笹井宏之さんの歌を鑑賞する、パート4です。 ぼくは詩人なので、短歌の鑑賞というには詩人目線すぎるかもしれません。 序論、本論、結論というていではなく、一首評(のよ…

110

[余白計画] ライ麦畑を聞いてきた

先日、「文芸漫談・ライ麦畑でつかまえて」を観にいってきました。 文芸漫談というのは、奥泉光さんといとうせいこうさんが、さまざまな課題図書について、おもしろおかし…

詩 ・ my name is

土から生えてきたみたいに そこにいた 気がついたらね おもいだせるものはなにも なくて 実がしぼんじゃった くるみみたいに頭がカラカラ鳴った 記憶もないのに ことばだ…